腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

772. MIXED NUTS@八咫烏(水道橋):ヒゲダンの名曲をイメージしたという究極タンタン麺!

水道橋に移転してから、

早くも3回目の訪問となる八咫烏さん。

今回の限定は、

official髭男dismに捧げる

ミックスナッツ

ということで、

何とメンバーのひとりが良くお店に来るらしく、

店長さんがいろいろ聞いてイメージして作ったラーメンとのこと。

 

ミックスナッツはもちろんだが、

コンフィデンスマンJPロマンス編Pretenderを聴いて以来、

ヒゲダンさんの曲は普段から良く聞くので、

このコラボは行かなきゃと思って、

不安だらけ成り行き任せの仕事を片付け、

お店へと向かったのであった。

 

着いたときには20人ほどの行列。

階段が埋め尽くされており、

さすがの人気の高さを感じた。

 

それでも待ち時間はそこまで長くなく、

30分程度待ったらすんなり入ることができた。

 

そしていつもの通りお茶からスタート。

甘夏烏龍茶

f:id:kenshinkk:20221020072210j:image

今回は甘夏烏龍茶ということで、

柑橘系の爽やかなお味となっていた。

烏龍茶にしては色が薄い。

担々麺の濃厚さとバランスが取れていてよかった。

 

中華風とろたく丼

f:id:kenshinkk:20221020072231j:image

次に来たのがこちら

このネギトロのソースが絶品すぎるわけで。

若干マヨネーズっぽい酸味のあるピリ辛タレと、

大根やたくあんのシャキシャキ感と、

ネギトロの旨味を一気に混ぜて、

白飯と一緒に頂く。

いやー素晴らしかった。

危うく全部食べそうだったが、

後でスープを入れるために残しておくことに。

 

山椒ワンタン

f:id:kenshinkk:20221020072217j:image
f:id:kenshinkk:20221020072224j:image

またすごいボリュームのサイドメニュー。

プルプルのワンタンの中に、

山椒の効いた肉ぎっしりと詰まっている。

たったの300円でこんな極上ワンタン4つも食べられるなんて、

サービス良すぎて最高である。

 

そしてここからが本編。

MIXED NUTS タンタン麺

f:id:kenshinkk:20221020072221j:image

白い濃厚そうなスープの上に、

鮮やかな2色のオイルが映える印象的なビジュアル。

スープは鶏ガラ香味野菜和出汁のミックスに大量の落花生胡麻

カエシは白醤油ベースにバルサミコ酢

とのこと。

そして、

赤いオイルは、和歌山みかんマーマーレードラー油

緑のオイルは、パセリ仁淀川山椒のオイル

だそうである。

 

まず緑からいくと、

パセリと山椒の独特な爽やかな香りが鼻に抜け、

それがナッツたっぷりな濃厚スープのまろやかさと混ざり、

これだけでも十分美味しい。

だがここに、赤オイルの甘酸っぱさ辛みが加わり、

完全体になるのである。

混ぜていくとこのような形に。

f:id:kenshinkk:20221020072235j:image

この完全版になったときのスープと麺に、

肉味噌を絡めていったときの美味しさが半端ではなかった。

なお、肉味噌は、

イベリコ豚和牛の粗挽き肉が使われており、

それを紹興酒と黒味醂 数種類の醤油で炒めた特製肉醬

だそうで、

噛めば噛むほど旨味が染み出してくる最高の肉味噌だった。

 

そしてタイトルのナッツも、たっぷり。

しかも、しっかり炒られていて、

焦げ目がついて香ばしくて美味しかった。

f:id:kenshinkk:20221020072213j:image

 

そして最後に出てきたのが、

牡蠣のオイルコンフィのせバケット

f:id:kenshinkk:20221020072201j:image

〆でバケットが出てくるとはさすがである。

牡蠣のオイルコンフィが半端ではなく、

プリプリ食感といい、クリーミーさといい、

非の打ちどころが無かった。

またこれをスープに浸してからいただくのも最高で、

担々麺と牡蠣の意外な相性の良さを知った。

 

〆のごはん(オリジナル)

f:id:kenshinkk:20221020072227j:image

とろたく丼を少しだけ残しておいたのが最後に役に立った。

やっぱり担々麺といえばごはんである。

スープが少なくて、雑炊というより追い飯状態だが。

とろたく丼のタレが染みたご飯がまた味変要素となり、

その真実だけでもう胃がもたれることなく

スープの最後の一滴まで楽しませていただいたのであった。

 

ということで、

これまで食べた担々麺の中でも、

群を抜いて完成度の高い一杯であった。

以前食べた、シン-タァンタァンメン激情版:||(※)といい勝負、

いや、超えたかもしれない。

仕事帰りにこんなに美味しい限定ラーメンを食べに行けるという

この一掴みの奇跡を噛み締めて生きていこうと、

そう思ったのであった。

 

※シン-タァンタァンメン激情版:||

kenshinkk.hatenablog.com