腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

773. 背脂生姜醤油つけ麺@小麦と肉 桃の木(新宿御苑前):背脂なのになぜか上品な絶品生姜醤油つけ麺!

念願の初訪問シリーズ

今回は、新宿御苑前駅が最寄りの

小麦と肉 桃の木 さんに行ってきた。

 

背脂生姜醤油つけ麺がメインの店で、

いままでありそうでなかった一杯。

 

自分は新宿三丁目から歩いたが、

ちょっと距離があるので、

新宿御苑前駅からの方が行きやすいかも。

 

標題の

・背脂生姜醤油

のほかにも

・こってり醤油

・こくまろ塩

・旨辛ゆず醤油

など、様々なメニューがあったが、

今回は基本の背脂生姜醤油つけ麺を選択した。

サイドは、口コミでも良い評価が多かった

生姜カレーテール丼を選択することに。

 

 

背脂生姜醤油つけ麺

f:id:kenshinkk:20220312153136j:image

f:id:kenshinkk:20220312153138j:image

国産小麦100%の超幅広でもちもちな平打ち麺

ここまで幅広な平打ち麺も珍しいが、

スープとしっかり絡みつき

なおかつもちもちの食感が素晴らしい。

麺の上にサラダが乗っていて、

若干のヘルシーさを装っているが、

後述のスープが油まみれなので、

プラマイゼロな気がする。

ただ、少しでも健康になるために、

サラダを先に食べてから麺に進んだ。

 

スープ

f:id:kenshinkk:20220312153144j:image

なんといっても背脂の量が凄い。

しかし中のスープがアッサリ系なので、

しっかり混ぜてからいただくと、

全体としては上品な仕上がりになっているのが驚き。

豚テールや鶏、魚介など、出汁の旨味が効いたスープであり、

それらの旨味に背脂の甘味生姜の辛味

醤油の塩味も合わさって、

バランスの良いコクのある味わいになっている。

 

前述の幅広の平打ち麺によって、

一口すする度に背脂がずるずると上がってくるので、

終盤に脂が残りすぎるようなこともなく、

バランスよく食べられた気がする。

 

つけ汁の中には・・・

f:id:kenshinkk:20220312153158j:image

こちらのように大きな豚バラが6~7枚入っており、

さすがは、小麦と肉という店名なだけある。

豚バラがこんなに入っているのは嬉しい。

他は、2種類のネギと生姜という薬味系だが、

すりおろし生姜が大量に入っていて、

背脂だらけのスープを爽やかに浄化してくれていた。

 

スープ割

f:id:kenshinkk:20220312153141j:image

f:id:kenshinkk:20220312153149j:image

ゆで汁がスープ割とのことで、

完全に蕎麦屋スタイルである。

多少背脂も残っているが、

ここまでくるとかなりあっさりな印象。

塩気はそこまでなかったんだなと改めて思った。

 

生姜テールカレー丼

f:id:kenshinkk:20220312153155j:image

個人的にこのサイドメニューは当たりだった。

生姜の入ったカレーってあまり見ない気がする。

とろとろ脂身たっぷりなテール肉に、

カレールーがかけられているので、

メチャクチャ美味いのだが、

いかんせん濃い。

そこを生姜でうまく浄化しているのが、

このカレーの素晴らしいところであった。

 

ということで、

なかなか珍しい背脂推しのつけ麺であったが、

生姜でうまく浄化されていて上品なイメージが残る

という不思議なつけ麺であった。

 

なお、女性店員さんが多く、

訪れているお客さんもカップルや女性の方が多い、

という背脂系にしては珍しい客層であった。

 

どうやら限定メニューもたまにやっていて、

塩生姜背脂つけ麺なんかもやってたので、

次は限定メニューに挑戦したいと思う。