腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

723. JAMマルゲリータ@八咫烏(九段下):脳天をぶち抜かれるウマさの淡麗系マルゲリータラーメン!

前回に引き続き、

八咫烏さんの限定ラーメンである。

 

今年早くも2回目の訪問となった。

 

※前回

kenshinkk.hatenablog.com

 

このイワシの限定を食べたばかりだったのだが、

店長さんのtwitterにて

「今年のハイライトです」

という予告があったため、

食べに行くことが決定した。

 

テーマは、

マルゲリータ

 

マルゲリータ×ラーメンというと、

海老丸さんのマルゲリータまぜそば

kenshinkk.hatenablog.com

が思い浮かんだが、

今回は完全に新機軸のマルゲリータラーメンであった。

 

まとめると、

・淡麗系なのにマルゲリータなラーメン

・3種類のチーズとトマトの相性が最高

・自家製ハムの極上淡麗スープが美味

となる。

 

なお、上述の店長さんの予告もあって、

18:30の時点で30人近い行列

なんとか19:20くらいには入れたが、

その時点で並ぶのを締め切るくらいの大盛況だった。

 

そんなこともあって、

サイドメニューは頼めないかなーと予想してたが、

なんとかギリギリ提供してくださり、

注文することができた。

 

なお、タイトルはイエモンの名曲からだそうで、

BGMはイエモンメドレーであった。

 

まずはいつもの食前茶から。

f:id:kenshinkk:20220126215124j:image

エルダーフラワーダージリン

というお茶らしい。

花の香りが爽やかな紅茶であり、

ジャスミン茶と紅茶を混ぜたような印象

なんだかいつもと器が違い、

量が多く感じた。

 

続いて、オードブル。

大山鶏 バジルとトリュフのカルパッチョ仕立て

f:id:kenshinkk:20220126215138j:image

ビジュアル見た瞬間に、美味いことが確定。

大山鶏レアチャーシューが美味しいのは勿論のこと、

バジルソースが尋常ではない。

トリュフガーリックが効いていて、

一枚食べたら美味すぎて止まらない

許されるならば、皿を舐めつくして帰りたいくらいだったが、

さすがに自重した。

 

あんこうのから揚げtoオリーブの炊き込みご飯

f:id:kenshinkk:20220126215130j:image

アンコウとは珍しいなーと思いながら、

揚げたての唐揚げはやっぱり美味しい。

アンコウをあまり食べないので、善し悪しは分からないが、

身はフワフワで、不思議な食感。

身自体は余り派手な味はしないけれど、

緑色がかったタルタルソースと非常によく合っていた。

そこにややピンク掛かったオリーブ炊き込みご飯

珍しすぎる組み合わせだったけど、

全部が合わさるととんでもなく美味い。

そんな丼であった。

残っていてよかった。

 

そしていよいよ、メインの登場。

 

JAMマルゲリータ

f:id:kenshinkk:20220126215140j:image

まずカラーに驚愕。

マルゲリータ=トマト×バジル×チーズ

というイメージであり、

海老丸さんはスープ(ソース)がトマト系だったので、

ドロドロ系かなーという予想をしていたが、

着丼してびっくり、まさかの淡麗系

 

一口飲んでみると、

程よい塩気とともに、とんでもない量の旨味が来る。

色んな旨味が複雑に絡みあっており、

どこまで続くのかわからないくらい長く残るのである。

そしてそこに、バジルとハーブの爽やかな香り

これは尋常じゃなくウマい。

 

店長さんのtwitterの解説によると、

豚肉を干して作った自家製ハムに、

セロリ、玉ねぎなどの香味野菜でとったスープ

バジルとほうれん草をベースに数種類のハーブを効かせたオイル

白ワインと塩に少しだけ白醤油を加えたシンプルなカエシ

とのことである。

 

この塩気は自家製ハムだったのか、と納得するとともに、

白ワインハーブなど、複雑な旨味にも納得。

驚くほどイタリアンなスープである。

 

そしてそこに合わさる麺は、

特注の真っ白で艶やかな細麺

冷やしラーメンで出てくるみたいな、

くっきりした麺線を描いていて、

正直このスープにぴったりすぎて感動であった。

 

そしてトッピングも、凄い。

f:id:kenshinkk:20220126215135j:image

まずは、チャーシュー

解説によると、

豚肉をスパイス漬けにし一夜干しして

桜チップとダージリン茶葉でスモークし低温調理をかけた三元豚

ということなのだが、

スモークレアチャーシューが両立するのがまず驚き。

香りだけでも凄まじいのに、

食べてみるといつもよりも柔らかい食感

こんなん美味いに決まってるじゃないですか。

もしチャーシュー増しがあったら、してみたかった。

 

続いて、ガーリックオイルで焼いたローストトマト

フルーツトマトの赤ワインソースのダブルトマト構成

これが、凄まじかった。

トマトの甘酸っぱさが何倍にも増幅されている感じで、

単独で食べても美味しいのだが、

徐々に崩しながら食べていき、

スープに合えて溶かしていくのも良い

ハムの旨味がベースとなっているスープなので、

トマトとハムのスープになって美味いのである。

 

極めつけは、マルゲリータに欠かせないチーズ

モッツァレラとカマンベールとパルミジャーノ

の3種類が使われている。

トマトの上にはパルミジャーノ

そして残り2種は、

f:id:kenshinkk:20220126215127j:image

f:id:kenshinkk:20220126215132j:image

ということで、

熟成マッシュルームのフレンチトーストの上に、

モッツァレラとカマンベールが乗っているのである。

いやー、たまんないですわ、これ。

トーストがとにかく美味すぎる

単独でも美味いのに、チーズトーストに変貌し、

しかもモッツァレラは伸びまくり

カマンベールは超濃厚

それぞれのチーズを、

トマトチャーシューバジルオイルが絡んだ麺を絡めて、

口いっぱいに頬張れば、もう完全にマルゲリータ

 

店長さんが、

脳天ぶち抜く最高のラーメンになったと思ってます!

と宣言されていただけあり、

本当に衝撃的な一杯であった。

 

しかもこのラーメン、

八咫烏さんのお正月休み中から仕込みを開始されたらしく、

提供までに約1か月近くかかっているのである。

いや・・・ほんと、感謝しかないです。

これは3000円でも納得だし、

それでも安すぎるくらいの感動的な一杯であった。

 

本日1/28の夜営業が最終日の為、

ご興味ある方はぜひ食べ逃がしの無いよう。

 

また次回の限定も、非常に楽しみである。