腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

672. 盛り@巌哲(早稲田):巌哲の夏の風物詩を初注文!暑い日にこそ食べたい最高の冷やし麺!

5月に食べた白甘鯛つけ麺が印象的だった巌哲さん。

kenshinkk.hatenablog.com

 

あれ以来、仕事の忙しさなどもあり、

金曜や土曜のつけ麺のある日に並びに行くことができず、

悔しい日々を過ごしていた。

 

ただ、そういえば巌哲さんのレギュラーメニューで、

まだ食べていないメニューがあることに気付いた。

そう。

夏(6月~9月頃)の間はレギュラーとして提供されている、

盛り

である。

 

これなら、金曜、土曜でなくても食べられる!

ということで、

ノー残業デーの水曜に、

巌哲さんに行ってみることにした。

 

普段ならんでいる巌哲さんも、

さすがに限定でない日は並ばずに入ることができたが、

常に半分以上の席が埋まっている状態であり、

さすが人気店といったところ。

 

レギュラーの鮪塩肉醤油を頼んでいる人が多い中、

自分は季節限定の盛り一択である。 

 

盛り(300g)+肉増し+海老天

f:id:kenshinkk:20210721200856j:image

f:id:kenshinkk:20210721200900j:image

盛りは、なんといってもこのである。

キンキンに冷やされている麺こそが主役であり、

そのために他の要素が構成されているといっても過言ではない。

そのくらい、麺が主役のメニューである。

 

なお、つけ麺用の麺とは異なり、

比べるとこちらの方が若干細めという印象。

しっかり氷で締められており

食感にいつもよりコシがあって美味しい

つけ麺同様、表面はなめらか加水率高め

提供直前に、何か透明な液体を振りかけられて提供されるのだが、

どうやら胡麻であるらしい。

胡麻油は匂いがなく、あまり麺の味を邪魔しないのだろう。

 

まずは、ひとくちそのままたべてみると、

しっかり小麦の風味がする美味しい麺で、

そのまま食べてもいいくらいの美味しさなのだが、

出汁を付けて頂くのが美味しすぎた。

 

つけ出汁

f:id:kenshinkk:20210721200850j:image

一見するとそばつゆのようにもみえるのだが、

中華麺に合うつけ出汁になっていて、めちゃくちゃうまい。

鰹出汁がしっかりと効いていて、鰹の風味が凄い。

みりんが多めに入っているのか、やや甘めに感じたが、

中華麺にはピッタリだったと思う。

また、さきほど麺に振りかけていた胡麻油の風味も、

少し出汁にも溶け出していて、コクが出て美味しい。

まさに盛りそばのラーメンバージョンという感じで、

とんでもなく美味しいメニューであった。

 

なお、付け合わせのネギと柚子胡椒も最高の相性。

とくに、柚子胡椒を入れるというのは、

日本蕎麦ではあまり見られない組み合わせかもしれないが、

甘めのつけ出汁にはベストマッチの薬味であった。

 

f:id:kenshinkk:20210721200842j:image

そしてラーメンには欠かせないチャーシューがまた絶品。

直前にフライパンで焼かれて提供されるのだが、

ブラックペッパーで程よく味付けもされており、

巌哲さん特有のやや固めでジューシーすぎないながらも、

しっかりと肉の味を楽しめるチャーシュー

 

デフォルトでは3枚のところであるが、

今回は、肉増しにしたこともあって、大量6枚も乗っていた。

まさに壮観。

 

以前レギュラーを食べたときから、

このチャーシューを腹いっぱい食べたいなーという夢があった。

ずっと限定ばかり食べてきたこともあって叶っていなかったが、

それが思わぬ形で叶うこととなり嬉しかった。

 

海老天

f:id:kenshinkk:20210721200847j:image

そして、ここ数年で登場したという、

盛り専用のオプショントッピングの海老天。 

 

このトッピングにより、一気に日本蕎麦感がでてくるが、

海老好きの方は、注文するのがマストである。

なにより、注文の度に毎回揚げてくださるので、

揚げたてほやほやを食べることができるのである。

普段からあまり天ぷら屋に行かないということもあるが、

揚げたてほやほやの天ぷらってこんなに美味しかったっけ?

と美味しさを再確認することができた。

 

スープ割

f:id:kenshinkk:20210721200839j:image

最後は蕎麦湯でなくて、スープ割なのが、ラーメン屋らしくて良い。

蕎麦のように節系の旨味だけでなく、

地鶏の分厚い旨味が加わってきて、

もう最高としか言いようがない。

最後の締めまでおいしく頂いたのであった。

 

なお、今回は麺量をデフォルトの200gから100gだけ増やして、

300gにしてみた(100円増し)。

普段、限定つけ麺では200gご飯ものをつけてちょうどよいので、

300gあれば丁度良いだろうと思っていたのだが、

実際食べてみたら、あまりに美味しすぎて、

もう100gあっても食べれたなーと思う程であった。

ただ、スープ割までしっかり味わうことができたことを踏まえると、

300gで丁度良かったのかなーとは思う。

 

 

ということで、

まさにもりそばのラーメンバージョン

という巌哲さんの夏の風物詩メニューであったが、

暑い日にこそ食べたい最高の冷やし麺であった。

ずっと気になっていたので今回食べることができて良かった。

 

夏限定なので、これからの残暑が厳しい日にぜひ!