腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

671. サマートリュフと濃厚鴨つけめん+フォアグラ丼@Nii(大塚):いまさらですが2周年おめでとうございます!超豪華食材が織りなす絶品つけ麺!

前回まで、

八咫烏5周年をお祝いする記事を書いていて思い出した。

 

Niiさんの2周年限定の記事をまだ書いていないことを!

 

ということで、

2021年6月に開催され、大変印象に残った、

大塚のラーメン屋:Niiさんの2周年限定メニュー

今更ながら紹介することにする。

(遅くなり大変申し訳ありません)

 

この日は、6月の暑くなり始めたころであった。

天気が雨予報だったので、

さすがにそんなに並ばないのではなかろうか、

という大甘な予想の元、

開店時間10分前に行ってみると、

実は30人弱の大行列だったのである。

いやー、油断してました。

 

メインの限定、

サマートリュフと鴨の濃厚つけ麺については、

相当な杯数が用意されているとのことで心配なかった。

 

ただ、限定ご飯フォアグラ丼については、

たしか限定20食とかいう告知がされたおり、

行列に並びながら、

フォアグラ丼残っててくれー

と祈り続けていた。

 

満を持して、食券前まで行くと、

いつもいつもの丁寧な接客と共に、

フォアグラ丼の紹介が!

よっしゃー!残ってたー!!

ということで、

フォアグラ丼も注文して席に着いたのだった。

 

 

サマートリュフと鴨の濃厚つけ麺

f:id:kenshinkk:20210613212616j:image

 

麺(トリュフ)

f:id:kenshinkk:20210613212601j:image

・・・というかもはやサマートリュフがメインである。

そのくらい山盛りのトリュフ

正直こんな光景見たことない。

 

海老丸さんの限定でもここまでの量は無かったし、

これだけの量のトリュフが乗っているのに

1500円という超お得価格だったのは素晴らしすぎた。

 

もちろん、着丼時から香りが凄まじく

このトリュフだけを食べても、

美味い、と思えるほどであった。

 

なお、今回のトリュフの産地は、

イタリア マルケ州とのことで、

トスカーナに並ぶトリュフの名産地らしい。

 

 

つけ汁

f:id:kenshinkk:20210613212558j:image

濃厚な鴨出汁が特徴的なつけ汁。

粘度はそこまで高くないが、

鴨白湯の出汁の味としては非常に濃厚で、

トリュフと麺をこのつけ汁にくぐらせてすすったときの、

思わず叫びたくなる感動的な美味しさは、

今でも忘れられない。

 

口の中が、トリュフの香りと、

鴨出汁の旨味と、程よい塩気で満たされて、

しばらく余韻に浸りたいくらい幸せだったのを覚えている。

 

トッピング

f:id:kenshinkk:20210613212605j:image

こちらもデフォルトながら豪華なトッピング陣。

鴨ローストは、ミディアムレアで旨味十分

もちろん臭みはゼロであった。

鴨団子大葉入りで、臭み無くて美味しい

メンマもちょいピリ辛で美味しく、

これらのトッピングを鴨出汁にくぐらせながら、

トリュフと麺と共にすするのは幸せ過ぎた。

 

限定・スペシャルフォアグラ丼

f:id:kenshinkk:20210613212613j:image

そして、ギリギリありつけたと思われるフォアグラ丼

これが最高に美味しかった。

 

↓断面図

f:id:kenshinkk:20210613212608j:image

このフォアグラミディアムレア感

そして、スープが染みた大根

さらには、上にかかるガリバタ醤油ベースと思われるソース

どれもが完璧な塩梅であり、

あまりの美味さにあっという間に半分を平らげてしまった。

(↑上の写真は、その時に慌てて撮った写真である)

 

そんなフォアグラ丼とトリュフつけ麺を交互に食べつつ、

最後は、ほうじ茶によるスープ割を決め、

あっという間に食べ終わってしまった。

 

 

ということで、

山盛りのトリュフフォアグラを楽しむという、

とてもラーメン屋とは思えない非日常体験を、

たった1500円という衝撃のコスパで味わうことができたのだった。

 

いやー、いくら2周年記念とはいえ、

原価割れ大丈夫だったのだろうか?

そう心配になるくらい、

満足度の高い、限定ラーメンであった。

(紹介が遅くなったことは重ね重ね申し訳ありません)

 

感染者急増もあり、

この回以降なかなか行くことができていないが、

Niiさんの次なる限定ラーメンを楽しみに待ちたいと思う。