腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

705. 特製にぼたん@志奈そば田なか(秋葉原):煮干し好きにも担々麺好きにも刺さる一杯!

さて、3回連続となった禁断の担々麺シリーズ。

 

今回紹介するのは、再び秋葉原

志奈そば田なかさん。

 

結論としては、

・煮干し×担々麺という斬新なコラボ

・すすりたくなるモチモチ麺

・追い飯が激ウマ

である。

 

なおこちらのお店。

秋葉原で何度か店名が変わっており、

前回訪れたときは、

九十九里煮干しつけ麺志奈田さんであった。

kenshinkk.hatenablog.com

この時の純濃煮干しつけ麺もおいしかったが、

今回は担々麺煮干しを合わせた一杯ということで、

非常に楽しみであった。

それがこちら

 

特製にぼたん

f:id:kenshinkk:20210214230938j:image

茶色となかなか鮮やかな見た目。

にぼたんというネーミングが独特であるが、

煮干し×担々麺という初めての組み合わせであった。

 

メニューには汁なし担々麺とあったものの、

実際よく見ると、意外と汁がある

ただ、汁=スープというよりはタレに近く、

それをたっぷり麺に絡ませて食べるというスタイル。

 

その麺は極太で非常にモチモチ感が強く

表面はなめらかでつるつる。

イタリアンで修行されていたこともあるという店長さん、

パスタに近い麺ということで、

前の店舗でも美味しい麺であったが、

今回もまた美味しい麺であった。


f:id:kenshinkk:20210214230944j:image

お店の中のチラシに、

何かのラーメングランプリ2020で、

「これでもかと絡めたくなる部門」

にて優勝されたと書いてあったが、

まさにその通りで、

とにかく絡めたくなる美味しい麺であり、

濃厚な煮干しの風味濃厚な胡麻と辛味が合わさった、

秀逸な逸品であった。

 

また、トッピングは、

まず肉味噌がジューシーで美味しく、

数種類のスパイスがまざった辛さ痺れも特徴的。

辛さと痺れは段階が選べるのだが、

自分は一番低いものにしてみた。

それでも結構辛かったので、

初心者は両方とも1をお勧めする。

 

鮮やかな赤色の鴨チャーシューも、

しっかり煮込んだタイプの豚ロースチャーシューも、

なかなかクオリティが高い。

きざみにんにく&玉ねぎや、小松菜も良い味を出している。

またそこに刻みアーモンドも混ざり、

独特の食感香ばしい風味が時折混ざって良い塩梅となっている。

 

そして余ったタレを使った〆がこちら。

 

ひとくちごはん

f:id:kenshinkk:20210214231108j:image
f:id:kenshinkk:20210214230953j:image

汁がちょうど一口ご飯分だけ余るように残っており、

まさにジャストサイズであった。

この一口ご飯、なんと20円という安さなのである。

ラーメンやにぼたんが、○80円という設定価格なので、

思わず頼んでしまう値段設定だなと思った。

 

ということで、

煮干し好きにも担々麺好きにも刺さりそうな一杯であった。

カップ麺にもなっていて、

コンビニ等でも売られているらしいので、

お店に行けない方は、そちらでぜひ。