腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

704. 坦々麺@創作麺工房鳴龍(大塚):清湯スープと醤油の効いたスープがたまらない都内担々麺の最高峰!

前回に引き続き、

禁断の担々麺シリーズである。

 

今回は汁ありバージョン

 

一度当ブログでも紹介している、

最寄り駅が大塚

創作麺工房鳴龍さんの担々麺である。

 

※前回の醤油拉麺の紹介記事

kenshinkk.hatenablog.com

 

余りに美味い醤油拉麺だったので、

おのずと担々麺への期待も高かったわけだが、

そのハードルをあっさり超えていく担々麺であった。

 

先に結論を書くと

・清湯×醤油系の絶品担々スープ

・香ばしい胡麻の風味

・シルキーな麺が最高

である。

 

担々麺

f:id:kenshinkk:20210411225245j:image

相変わらず見た目から美しい一杯である。

まずスープから一口飲むと、

香ばしい胡麻の香りがやってきた後に、

軽めの辛味と、キレの良い醤油の塩気

そして、複雑なスープの旨味の余韻が残る後味。

これは美味い。

 

ゴマ入りの自家製芝麻醤

数種類の醤油ブレンドしたタレが、

丸鶏ベース牛骨、生ガキ、野菜、節、など、

色々な食材が使われているスープブレンドされているそう。

そりゃうまいわけである。

 

そして何より、

醤油拉麺の回でも紹介した、

シルキーでコシのある麺が、

スープに合い過ぎていてヤバイ。

これはほんといつまでも食べれちゃうやつである。

 

なお、トッピングは、

肉味噌九条ネギというシンプルな構成である。

肉はそんなに自己主張の強くない味付けで、

スープと麺が主役なので、あえて抑えめなのかと推測。

 

全体の完成度としてはすさまじいものがあり、

ミシュランに選ばれるのも納得である。

 

ということで、

都内でも随一の担々麺だと思うので、

お好きな方はぜひ行ってみてはいかがだろうか。