腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

668. 濃厚鰻つけ麺@らーめん改(蔵前):土用の丑の日にちなんだ限定は超濃厚ウナギスープを存分に楽しめる一杯!

先日、土用の丑の日ということで、

本当にいろいろなラーメン屋さんが、

ウナギにちなんだ限定ラーメンを提供していた。

 

それこそ、シンプルにチャーシューの代わりに

ウナギのかば焼きが乗っているタイプもあれば、

ウナギのタレっぽいスープに山椒を効かせたラーメン

といった変化球のものまで、お店によってさまざま。

 

しかしながら、ウナギといえば値段が高い

ということもあり、

土用の丑の日まさにその当日のみの限定メニュー、

というお店が多かった。

 

そういえばウナギ×ラーメンの組み合わせは、

まだ食べたことのない自分にとっては、

食べてみたいなーと以前より思ってはいたのだが、

なかなか機会がなく、今日まで来てしまった。

 

そんな中、

ウナギ限定を土用の丑の日が過ぎても、

提供しているお店を発見したので、

行ってみることにしたのである。

 

それが、

久々に訪れた蔵前ラーメン改さん。

であった。

 

※前回訪問時 

kenshinkk.hatenablog.com

 

こちらのお店も、

不定期で様々な限定メニューが出されているので、

もしかしたらと思ってtwitterを調べてみたら、大正解。

さっそく訪問したわけである。

 

濃厚鰻つけ麺 (味玉入り)

f:id:kenshinkk:20210731143315j:image

 

スープ

f:id:kenshinkk:20210731143332j:image

完全に初めましてのウナギまるごとスープ

まるごとという言葉がぴったりなくらい

かば焼きがそのまますりつぶされて入っているかような、

そのくらい濃厚なスープ

山椒も振りかかっているので、

味としては完全にウナギのかば焼き

麺にスープをつけすぎると、

あっという間にスープがなくなってしまいそうな濃度である。

 

何かの出汁と合わせているのか、

全く分からなかったが、

これだけ濃厚だと、飽きがきてしまいそうにも思えるが、

まったくそんなことはなく、

最後まで全く飽きの来ないスープであった。

 

麺+トッピング

f:id:kenshinkk:20210731143319j:image

麺はモチモチの太麺でこれまたうまい、

今回の限定に合わせたものだと思う。

濃厚な鰻のスープに負けない逸品であり、美味しすぎた。

 

かば焼き

f:id:kenshinkk:20210731143311j:image

うなぎといえば、何といってもかば焼きですよ。

麺の上にかば焼きが乗っているという光景自体、

今まで思い描いたこともなかった。

それが不思議と、麺と一緒に食べても、凄く良く合う。

かば焼き自体のクオリティもそれなりに高く、

しっかりタレにも絡まっていて単体でも美味しかった。

(もちろん専門店には負けるが)

 

長芋

f:id:kenshinkk:20210731143323j:image

トッピングで嬉しかったのは、奥に見える長芋である。

ほどよく麺にも絡むし、ウナギとの相性も抜群。

トロみがつきながらも、サッパリする感じがたまらない。

なお、三つ葉もサッパリ感を演出する要素として重要で、

和風という全体コンセプトを壊さずに、

素晴らしいアクセントとなっていた。

 

スープ割

f:id:kenshinkk:20210731143327j:image

スープ割は、レギュラーの煮干しつけ麺を割るときと、

同じスープではないかと思われるが、

ただ薄まるだけではなくて旨味も加わって美味しかった。

残りスープの量が少なかったので、

あっという間に飲み終わってしまった。

 

しかし、ここでひとつ後悔したのが、

ご飯の存在。

隣に座っていたお客さんが追加でライスを注文して、

美味そうに書き込み始めたのである。

 

今思えば、この濃度のウナギなら、

スープ割り時にご飯と共に食べたら絶対美味しかった。

雑炊にしても、かば焼きを少し残しておいてうな丼にしても、

どれも正解確実だったのに。。。

 

ということで、

来年も絶対食べに来て、

今度はライスを確実に注文しようと心に誓ったのであった。

 

これからもらーめん改さんの限定には注目していきたい。