腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

756. 純濃煮干しつけ麺@煮干しつけ麺宮元(蒲田):煮干し好きは箸を止めることができない超濃厚煮干しつけ麺!

念願の初訪問シリーズ

蒲田の名店である

煮干しつけ麺宮元さん

ついに行くことができた。

 

感想をまとめると

・ド濃厚ながらキツすぎない煮干しスープ

・スープに負けないもっちりな極太麺

・高クオリティな低温調理チャーシュー

 

開店直後の17時過ぎに行ったので、

ほとんど並ぶことなく入ることができた。

外に来ていたお客さんのほとんどは、

限定の二郎インスパイア系を食べていたが、

自分は初回訪問と言う事だったので、

やはり基本の煮干しつけ麺を食べるべき

と考えて注文することに。

 

純濃煮干しつけ麺

f:id:kenshinkk:20220312152951j:image

今回は特製にはしなかったので、

具を含めてシンプルな見た目。

でもとにかくうまそう。

 

つけ汁
f:id:kenshinkk:20220312152948j:image

この黒さですよ。

もう見るからに超濃厚そうな、

ニボニボ系のつけ汁。

これがひいき目なしに最高だった。

表面に膜が張るくらいの高粘度なスープ。

少しでも麺をくぐらせようものなら、

全部持っていくんじゃないかくらいの粘度なので、

麺につけるときは全部どぶづけではなく、

半分くらいに留めることをお勧めする。

ただ、そんな高濃度の煮干しなので、

苦みやエグみが強いのかも?

という不安もあったのだが、

実際食べてみると、圧倒的な旨味だけ。

清湯系の煮干しに比べたら多少はあるけれど、

エグみが驚くほど少ない

これはすごい。

独特のクリーミーさは、

動物系も入っているからだろうか?

とにかく飽きが来ないのである。

 


f:id:kenshinkk:20220312153006j:image

麺がまた美味い。

六厘舎やとみ田などで出てくるものに近い、

モチモチの極太麺であり、

スープの濃厚さに全く負けていない。

ただ、前述の通り、スープのつけすぎに注意

並盛なので、そこまで量は多くないはずだが、

スープがガンガン持って行かれてしまった。

つけ麺は、美味しい時こそ、

スープマネジメントが肝心である。

 

チャーシュー
f:id:kenshinkk:20220312153000j:image

これがまた絶品。

部位ごとに2種類、

1枚が吊るし焼きでスモーキーな感じ。

もう1枚がレアチャーシュー

この組み合わせ、最高である。

いずれも柔らかくて旨味も抜群。

特製にすればよかったなと少し後悔した。

 

スープ割

f:id:kenshinkk:20220312152954j:image

残り少なかったスープをギリギリ残して割ってもらった。

ここまで煮干しが濃いのにまろやかさもあって、

身体に悪いとわかっていながらも、

最後の一滴まで美味しく飲んでしまった。

 

ということで、

ここまで濃度が高い煮干しつけ麺で、

インパクもありながら、飲みやすさもあるスープは、

他に類を見ないと思う。

 

たまたまこの日は並盛にしたが、

大盛りでもよかったなと思った。

それぐらいクオリティの高い、

くせになるつけ麺であった。

これはきっと限定も美味しいんだろうなあ。

 

あまり蒲田には来ることがないが、

そんなに遠くもないのでまた来たいと思う。