腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

727. 銀だら西京味噌つけ麺@五ノ神水産(淡路町):銀鱈の西京焼きとつけ麺がまさかのコラボを果たした絶品つけ麺!

本ブログでも何度か登場している、

五ノ神水さん。

代名詞的メニューがこちらの

らーめん・銀だら搾り

である。

kenshinkk.hatenablog.com

 

他にも、貝潮ラーメンや、

不定期の限定として、

様々な鮮魚系ラーメンを味わうことができる名店である。

 

そんな五ノ神水さんのレギュラーメニューで、

唯一食べていなかったのが、

銀だら西京味噌つけ麺

である。

 

まとめると、

・銀鱈の西京焼きを再現した濃厚スープ

西京味噌の甘さと銀ダラの旨味が好相性

・付け合わせの生姜が良いアクセント

となる。

 

初期のメニューでは、

西京味噌の文字は無く、

単に銀だらだけだった気がして、

ラーメンと同じスープかなーという予想があり、

今に至るまで食べていなかったのだ。

 

ただ今回久しぶりに訪ねてみると、

西京味噌が加わったということもあり、

食べてみることにしたのである。

 

 

銀鱈西京味噌つけ麺

f:id:kenshinkk:20220123203110j:image

 

つけ汁

f:id:kenshinkk:20220123203058j:image

まずはつけ汁だが、

ラーメンよりもはるかに濃厚なつけ汁となっている。

一口飲んでみると、

西京味噌の甘味がガツンとやってきたあとに、

銀ダラの濃厚な旨味が口の中一杯に広がる。

これは美味しい。

銀ダラの味だけだと蛋白で飽きてしまいかねないが、

味噌の甘味が本当に丁度良く

このバランスの良さはさすがだなと思った。

七味による若干の辛味も程よく、

食欲をそそる良いアクセントになっている。

 

またつけ汁の中には、

鶏チャーシューと、三角形の極太メンマも入っており、

食べ応えも満点であった

 

f:id:kenshinkk:20220123203101j:image

ラーメンとは打って変わって極太麺

これがかなりのモチモチ感であり、

濃厚スープともバランスが取れていて非常に美味しい

 

麺の上には、

・生姜の甘酢漬け

・大根の千枚漬

・お麩

三つ葉

ということで、

世界観を崩さない、和風なトッピングである。

この統一感は素晴らしい。

 

注目は生姜の甘酢漬け

味噌系に生姜なので、合わないわけが無いのだが、

生姜の程よい辛みが、味噌の甘味と相まって、

素晴らしいアクセントとなっていた。

これはおかわりor生姜マシしたかったなー。

 

大根の千枚漬も、

かなりサッパリしていて、

つけ汁の濃厚さを中和させる意味でも、

口直し的な役割を果たしており、

素晴らしかった。

 

また、三つ葉も和風な世界観を崩さずに、

サッパリする要素として良いし、

お麩は、つけ汁を吸わせると美味しかった。

 

スープ割

f:id:kenshinkk:20220123203056j:image

ということで、スープ割りもしっかり行い、

少し薄まって出汁感が強くなったスープで、

銀ダラの出汁を最後まで味わったのであった。

 

鶏モモ肉のTKG

f:id:kenshinkk:20220123203105j:image
なお、この日はサブメニューとして、

鶏もも肉のTKGを注文。

そういえばこれまで注文したことなかった。

 

鶏モモ表面がしっかり炙られて香ばしく

肉汁もたっぷりで非常に良質な肉であった。

 

今回は、つけ麺の方で肉を増さなかったので、

全体的なボリュームとしても大満足であった。

 

ということで、

銀ダラの西京焼きが好きな人は、

箸が止まらないであろう絶品つけ麺であった。

 

ラーメンとは好みが分かれるかもしれないが、

個人的にはつけ麺が好みであった。

 

また、相変わらず不定期のようであるが、

限定メニューも引き続きあるようなので、

気になる限定が登場した時は食べに行きたい。