腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

565. 貝出汁味噌つけ麺@改(蔵前):超贅沢な貝出汁味噌スープに心が安らぐ超絶優しい絶品つけ麺!

蔵前貝出汁ラーメン店であるさんに久々の訪問。

前回記事(※)を書いたのは、なんと2年以上前であった。

 

※前回記事 

kenshinkk.hatenablog.com

 

上質な貝出汁の塩ラーメンが味わえるお店であり、

濃厚系が多い昨今では貴重な存在。

 

濃い味に飽きたときに行くにはもってこいのお店で、

定期的に行ってはいたのだが、実はまだ限定メニューにはありつけていなかった。

 

今回、twitterの告知で限定をやっていることを知り、

行ってみたところ、なんと待望の貝出汁つけ麺であった。

 

レギュラーメニューのつけ麺はなぜか煮干し系であり、

ここの美味しい貝出汁でのつけ麺が食べてみたいなあと

ずっと思っていたのだった。

 

そんな待望の貝出汁つけ麺がこちら。

 

貝出汁味噌つけ麺 1000円 

f:id:kenshinkk:20200927193318j:image

スープ

f:id:kenshinkk:20200927193326j:image

まずはスープから。

見た目は、表面に油も浮かんでおり、

ラーメンとは一線を画した濃厚そうな印象。

その印象の通り、口に入れた瞬間は貝出汁の強烈な旨味が印象的だが、

だんだんと味噌のまろやかさ若干の酸味が広がってきて、

最終的な後味はすっきりしており、しつこさは全く無い。

ラーメンのスープ同様に優しさに満ち溢れていたスープである。

また、ゴロゴロ入っているアサリやハマグリの身も抜群に美味しく、

これだけ贅沢に入っていて1000円でいいの?と思ってしまった。

 

イメージとしては、

アサリのお味噌汁のアサリ成分を超濃厚にしたうえで、

中華麺に合うように若干の酸味や旨味を加えた、

という感じ。

若干の酸味は、券売機に貼られた解説からすると、

スープに加えられたドライトマトではないかと思う。

 

また、味噌汁にイメージが近いということで、

当然ながら、中央に鎮座する三つ葉との相性も抜群で、

見た目としても、緑と茶色のコントラストが非常に綺麗。

 

やはり、貝と味噌という組み合わせにはハズレが無い。

 

麺・トッピング

f:id:kenshinkk:20200927193333j:image

 

この麺がまたスープにめちゃくちゃ合っている。

手もみ多加水麺ということなのだが、

もっちりした食感に加え、表面のつるつる感も最高。

それに、手もみによる程よいウェーブがかかった平打ち麺は、

アサリの剥き身やスープがよく絡みつくのである。

 

チャーシューは、レアでないながらも、しっとり柔らかタイプ。

 

そのチャーシューの上にはクリームチーズが乗っており、

これによる味変がまた素晴らしかった。

よく、クリームチーズ味噌漬けがつまみで出てくるが、

今回はその逆で、味噌にクリームチーズを入れたわけだが、

相性としては最高。

濃厚なチーズの旨味がスープにプラスされるとまさに鬼に金棒である。

 

スープ割

f:id:kenshinkk:20200927193330j:image
最後のスープ割も抜群であった。

薄まるとはいえ、貝出汁成分がさらに増強されるわけなので、

余計に美味しくなって帰ってきたスープは、

まさに完飲必須であった。

 

ということで、

今回はなかなかレアな貝出汁つけ麺を味わうことができた。

心が安らぐほどの優しさあふれるスープは疲れた身体に染み渡り、

翌日からの激務を乗り越えるための活力となったのであった。

 

このつけ麺の他にも、定期的に限定メニューを出し始めたようなので、

しっかりフォローして今後はチェックしていこうと思う。