腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

728. 特製濃厚海老つけ麺@五ノ神製作所(新宿三丁目):濃厚海老スープと極太麺を腹いっぱいになるまで食べ尽くせる一杯!

前回久しぶりに登場した

五ノ神水さん。

kenshinkk.hatenablog.com

今回はその姉妹店である五ノ神製作所さんを紹介する。

個人的には、てっきりこちらの五ノ神製作所さん

一号店なのかと思っていたが、

実は青梅にあるらーめんいつ樹さんが総本店とのこと。

遠いけど、そちらにもいつか行ってみたい。

 

場所としては、新宿の南口から徒歩数分。

やや新宿御苑寄りの場所にあり、

いつも行列を作っている。

 

門構え

f:id:kenshinkk:20210822184633j:image

この看板から海老に特化しているのが丸わかりだが、

初回だったので、

看板メニューの濃厚海老つけ麺を頂くことに。

 

感想をまとめると、

・濃厚過ぎる海老魚介つけ汁

・モチモチすぎる胚芽系極太麺

・並盛なのに大満足のボリューム

というところだろうか。

 

特製濃厚海老つけ麺

f:id:kenshinkk:20210822184637j:image

つけ汁
f:id:kenshinkk:20210822184630j:image

海老の濃厚な旨味と、

ネギなどの薬味や様々な調味料がうまく絡まって、

何のエビかはわからないが、

つけ汁は海老の風味が前面に出ており、非常に濃厚。

海老の旨みやコク、香ばしさをしっかりと感じた。

おそらく海老だけでなく動物系のスープと合わせたものと思われ、

かなり粘度は高くてドロドロである。

汁が麺によく絡むので、どんどんつけ汁が減っていく。

麺のボリュームも多いので、後半足りなくならないように、

汁をつけすぎないようにしながらいただいた。

 

麺+トッピング

f:id:kenshinkk:20210822184643j:image

麺はほどよい太さの太麺で独特の色をしているが、

みずみずしさもあって食べやすく、美味しい麺だった。

かなりボリュームがあり、並盛でも520gあるそうだ。

茶褐色というのか外見からも小麦が感じられる色であり、

おそらく胚芽も配合されているのだと思う。

 

その上に乗るトッピングは

・豚バラチャーシュー

・鶏モモチャーチュー

・三角形の極太メンマ

・焼き海苔3枚

・キャベツ

という少し風変わりなラインナップ。

 

豚バラチャーシューは、

味の染みたしっかり煮込んだタイプであり、

鶏モモチャーシューは、

こちらも日がしっかり通っていて非常にジューシー。

 

極太メンマについては、

三角形の珍しい形のものが、

某三兄弟のように串に刺さってやってくる(懐)

歯ごたえもすごいが、しっかり味も染みており、

酒のつまみにもなりそうなメンマである。

 

焼き海苔3枚は、

なかなかつけ麺屋では多い枚数だと思う。

ただ、スープが海産物系なので、

動物系のスープよりは合っている気がする。

 

キャベツが入ってくるのも非常に珍しいが、

歯応えがあり、食感を残す程度に蒸したものであり、

ほんのり甘みがあってつけ汁との相性も良かった。

 

スープ割り

f:id:kenshinkk:20210822184640j:image
スープ割のためにギリギリ少しだけ残すことができた。

ギリギリなので、スープ割の量も少しだったのだが、

粘度は少し薄まったものの、

海老の風味はしっかり残っていて非常に美味しかった。

つけ汁増しができるならしたいくらいであった。

 

ということで、

麺のボリュームもあってかなり満腹になったが、

最後まで美味しく頂けて大満足の海老つけ麺であった。

 

普段良く行く海老丸さんではつけ麺は無いので、

都内で海老系のつけ麺が食べたいとなったら、

まず名前が挙がるのはこの店だろう。

海老好きな人はぜひ試してみる価値があると思う。

 

ただし、並盛でもかなりの麺の量なので、

初回の方や小食の方は少なめで良いかもしれない。

 

なお、他のメニューもいくつかあったが、

海老トマトつけ麺はすごく気になったので、

次回は挑戦したいと思う。