腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

718. 海老丸×八咫烏コラボ2021

あけましておめでとうございます。

約10日ぶりの投稿ということで、

新年から体調を崩していたこともあり、

長めの冬休みを頂きました。

 

今回は、海老丸さんにて昨年末に行われた、

海老丸×八咫烏コラボ限定を紹介したいと思う。

 

なお、去年も参加しており、

その時の様子はこちら。

kenshinkk.hatenablog.com

 

昨年は、事前に海老丸さんと八咫烏さんの特定回に

参加することが前提条件であったが、

今回はその必要は無く、

朝9時からの整理券が参加条件。

ということで、

朝8時半頃から並びに行ったのであった。

 

到着すると、ものすごい列

でも、50人には届いてなさそうだなーという印象。

 

9時になって列が進んでいき、

自分の番になって与えられた番号は35

集合時間は12:55ということで、

ちょうどお昼時に食べられそうで良かった。

 

家に戻って、再度時間通りに来てみると、

なんだか人が少ない。

どうも秋葉原で人身事故があった影響で、

予約した人が来れていないようだ。

かわいそうに。

 

ただその人たちも、

後の時間で食べられたようなので良かった。

 

そんなわけで、

いつもより人がガラガラな店内で、

限定メニューを頂けることに。

 

MASAさんと居山さんに挨拶して席に着くと、

丁度店内看板の前に。

今回のメニューがこちら。

f:id:kenshinkk:20211229142422j:image

いやー、凄く豪華。

値段もすごいけど(笑)

 

ということで、

まずは八咫烏さんおなじみの、

いつもの食前茶から。

紅茶と白茶と緑茶の三位一体

f:id:kenshinkk:20211229142403j:image

3つのお茶がブレンドされた特製の食前茶。

量は少なめだったが、

味はかなり濃厚で飲みごたえのある一杯

豪華コラボの幕開けにふさわしいお茶であった。

 

前菜~Appetizer

f:id:kenshinkk:20211229142445j:image

手前左⇒マサさん作、真鯛昆布〆、フランボワーズソース

右⇒マサさん作、フォアグラムース、エスプレッソゼリー、カシスメルバトースト

奥⇒居山さん作、フォアグラ大根、とうもろこし・シャンピニオンバルサミコソース

という超豪華なプレートである。

一品ずつ見ていこう。

 

真鯛昆布〆、フランボワーズソース

f:id:kenshinkk:20211229142419j:image

食感シットリな昆布締めの真鯛

表面がほんのり香ばしい

真鯛のクオリティが非常に高いのもあるが、

甘酸っぱいフランボワーズソースとの相性が抜群で、

いつも真鯛といえば醤油なので、

斬新な組み合わせであった。

 

フォアグラムース、エスプレッソゼリー、カシスメルバトースト

f:id:kenshinkk:20211229142439j:image

まず、フォアグラムースは、かなり甘めの一品。

そこにエスプレッソゼリーの苦みがちょうどよい印象。

デザート風なのかな。

カシスメルバトーストカシューナッツシナモンコーティング

ということで、こちらもやや甘め。

なお、メルバトーストとは、

薄くしてカリカリに焼かれたトーストのことだそうで、

そのネーミングでは初めて食べたかもしれない。

サクサクの食感が非常に美味しかった。

 

フォアグラ大根、とうもろこし・シャンピニオンバルサミコソース

f:id:kenshinkk:20211229142430j:image

このフォアグラ大根が凄い。

正直、前菜の中では、ずばぬけて美味しかった

真っ赤な大根が乗っているだけではなく、

中にホロホロに味の染みた大根もあって、

そっちもまた馬鹿みたいに美味しい

フォアグラの濃厚な旨味と脂感

そこに若干の塩気のある旨味たっぷりソースが、

本当によく合っている。

 

↓食べかけの図

f:id:kenshinkk:20211229142442j:image

なんでこんなに美味いんだろう。

シャンピニオン(マッシュルームソース)

トウモロコシの甘味がちょうどよいのである。

甘じょっぱい感じで、

これが丼の上にかかっていたら、

絶対にご飯が止まらないやつである。

 

ということで前菜の3品を終えて、

いよいよ本編のラーメンである。

 

Ramen:山形産さくらんぼ鶏醤油ラーメン青のりオイル

f:id:kenshinkk:20211229142406j:image

マサさん作の

さくらんぼ鷄のコンソメ

青海苔オイル

 

居山さん作の

・赤ワインと生醤油のカエシ

 

そして合わせる麺は、

・全粒粉平打ち麺中太麺

 

というかなりの異色作だったが、

とんでもなく美味しかった。

 

まずはスープの重厚さ。

見た目からすると薄いのかなーという感じだが、

鶏でとっているコンソメの重厚な旨味と、

青のりオイルによるサッパリ感

そしてカエシの生醤油の程よい塩気

そのすべてのバランスが素晴らしい

 

また、鶏清湯系に太めの麺というのは意外なのだが、

ここまでスープに重厚な旨味があると、

このくらいの中太麺でも非常に合うのである。

 

なかなか両者の限定麺では出てこないタイプのラーメンで、

コラボレーションならではの新しさを感じた。

 

トッピングは、

鶏団子・鶏胸レアチャーシュー・鶏モモロースト

 

鶏胸レアチャーシュー

f:id:kenshinkk:20211229142425j:image

鶏モモロースト

f:id:kenshinkk:20211229142433j:image

鶏団子

f:id:kenshinkk:20211229142417j:image

いずれも非常に素晴らしく、

さくらんぼ鶏の旨味を存分に味わえる品々であった。

値段が値段ということもあり、

ひとくちひとくち噛みしめるように、

鶏の旨味を逃さないように味わったのだが、

そのひとくちでも旨味がかなり強く、

さすがブランド鶏だなーと思ったのを覚えている。

 

そして〆はいつものリゾット。

 

さくらんぼ鶏そぼろリゾット

f:id:kenshinkk:20211229142436j:image
f:id:kenshinkk:20211229142448j:image
f:id:kenshinkk:20211229142411j:image

甘辛系の味付けの鶏そぼろのリゾットというのは斬新。

あまりこれまでに登場していない、

和洋折衷な感じのリゾットになった。

これだけ鶏のコンソメの旨味が強烈だと、

リゾットにした時にどうなるか、興味はあったが、

チーズとも意外とよく合っていた

 

 

ということで、

個人的に昨年最も多く行ったラーメン屋2店のコラボで、

2021年のラーメン納めをすることができた。

最高以外の言葉が出てこない。

 

リゾットまで含めると5100円ということで、

いつもに増して高額だったのは否めないが、

1年間それぞれのお店で限定ラーメンを楽しませて頂いた御礼

も含めての価格と思えば、全然安いと感じた。

2022年もこの2店にはお世話になる予定なので、

これからも通い続けたいと思う。

今からどんなメニューが出てくるのか非常に楽しみである。

 

なお、この日、海老丸さんが近年実施している、

年末年始限定の持ち帰りメニューとして、

牛肉の赤ワイン煮込みを購入して、

年末に自宅で頂いたので、そちらもレビューしてみる。

f:id:kenshinkk:20211229142414j:image

完全予約注文制で、

受け取りは12/28-31まで。

冷蔵では1/3まで、

冷凍では1/15までということで、結構持つ。

 

↓湯煎して盛りつけたのがこちら

f:id:kenshinkk:20220108174739j:image

分量は2人前(400g)とのことであったが、

結構ボリュームがあって、

おつまみとして食べるなら、

4人で食べてもちょうど良いくらい。

 

実際食べてみると、

とにかく牛肉のクオリティが凄まじく、

蕩ける食感なのはもちろんのこと、

味が肉の奥深くまで染みこんでいて、

感動的な美味しさだった。

ハーブも良く効いていて、大人の味かもしれない

 

以前、海老丸さんの赤ワイン煮込みまぜそば(※)を食べたことがあるが、

赤ワイン煮込みだけでたくさん食べたいなー

と思い描いていた夢が叶ったので個人的に大満足であった。

 

※赤ワインまぜそばの記事

kenshinkk.hatenablog.com

 

年末に家族で美味しいものを食べながら過ごしたい、

といった時には、豪華だし感動できるし、

最適なメニューだと思うので、ぜひおすすめしたい。

 

ということで、昨年末の食べたものについて、

かなり時間が空いての投稿になってしまった。

 

ようやく体調が戻ってきたので、

これからは定期的に投稿できるように、

頑張っていきたい。

 

今年もよろしくお願いします。