腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

618. シーフードヴィスクつけ麺~素敵な春の訪れ@海老丸(水道橋):海老丸さんのつけ麺がバージョンアップして復刻!海老だけでなく様々な魚介の出汁が満載!

今回の海老丸さんの最新の限定は、

超久々の「つけ麺」

無類のつけ麺好きである自分にとっては

たまらないメニューなわけだが、

思い返してみると、つけ麺は約1年半ぶり!


kenshinkk.hatenablog.com

 

つけ麺博にも登場するくらい、海老丸さんのつけ麺は、

濃厚なスープ自体は絶品なので、久しぶりに期待大であった。

 

今回は、

シーフードヴィスク

ということで、

海老をベースに色んな具材を入れているらしく

正月のブイヤベース※みたいな感じだろうと予想。

 

※正月のブイヤベース

kenshinkk.hatenablog.com

 

値段の2000円という強気設定からも、

今回のつけ麺への店長さんの気合が感じられた。

 

ということで、

今回は同行者と共に久々にワインも注文することにし、

定番のウフマヨからスタート。

 

ウフマヨ(カレーマヨネーズソース)

f:id:kenshinkk:20210321233053j:image

相変わらず最高。

卵全体にまとわりつく燻製の香ばしさ

カレーマヨネーズソースのコク

卵の黄身の半熟具合

どれをとっても一級品であり、お酒が進む進む。

お酒飲むときはこれマストですよ。

 

シーフードヴィスクつけ麺~素敵な春の訪れ

f:id:kenshinkk:20210321233042j:image

そして本編つけ麺がきました。

 

 

f:id:kenshinkk:20210321233034j:image

やってきました、モチモチの極太麺

海老丸さんでこの太さの麺を食べられるのは

つけ麺の時くらいしかないので、毎回すごく楽しみである。

魚介スープが凄すぎるので、それに負けない太さである。

 

スープ

f:id:kenshinkk:20210321233056j:image

今回もまた、着丼時から香りが素晴らしい

色はいつもの海老のヴィスクなわけだが、

麺をくぐらせてみると、

予想していたよりも若干シャバシャバ感があった。

でも、味はしっかりと麺に絡みついてきて、

ひとすすりするたびに海老と魚介の風味で口が満たされる

単に魚介と書いたが、

なかでもアサリが強いかなーという印象。

とにかく力強い出汁が効いたスープであり、

海老が中心だった去年のものより個人的には好み。

さすがにバージョンアップしてきてますね。

 

同行者とシェアしていたこともあるが、

あっという間に麺がなくなってしまうくらい、

夢中になって食べてしまう美味しさであった。

 

そして、豪華だったのは付け合わせの一皿。

f:id:kenshinkk:20210321233031j:image

これがつけ麺のトッピングですよ。

普通に、フレンチのオードブルとして、

これだけで2000円取られそうにしか見えない。

 

左から

・大山鶏チャーシュー

・帆立

・鯛

酢橘

・岩中豚ロースチャーシュー

・ソフトシェルシュリンプ

 

何度見ても豪華すぎるラインナップ。

特に印象に残ったものを挙げるのが難しいくらい、

どれも最高に美味しかったわけで。

大山鶏チャーシューしっとり感

帆立のソテー肉厚甘味がすごい

ふっくらしてホロホロ

岩中豚ロースチャーシューは生ハムかと錯覚するほどの

強烈な旨味と程よいレア感

ソフトシェルシュリンプは、

殻の香ばしさと海老本来の旨味と相まって最高。

今回はワインを頼んでおいて正解であった。

 

そして、麺の後半には酢橘を絞って最後まで頂き、

いつもの〆のリゾットに突入である。

(なお、スープ割は無い模様)

 

〆のリゾット

f:id:kenshinkk:20210321233039j:image
f:id:kenshinkk:20210321233049j:image
f:id:kenshinkk:20210321233045j:image
いつもながら最高のリゾットである。

今回は貝出汁が効いていることもあって、

後に長く残る旨味が凄かった。

リゾットにしても、全然チーズに負けない旨味があって、

むしろ相乗効果でより美味しくなっていた気がする。

 

いろんなお店でラーメン後のリゾットが流行っているが、

石鍋×削りたてチーズでリゾットを作る海老丸さんには、

どこもかなわないのではなかろうか。

それくらい思えてしまう程、

今回のリゾットも最高の〆になりました。

 

ということで、

およそ1年半ぶりの海老丸さんのつけ麺は、

バージョンアップを経て極上のブイヤベースつけ麺になってました。

 

いつになるのかはわからないけれども、

次回の海老丸さんのつけ麺にも期待したい。