腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

602. 飛騨牛とフォアグラ ポルチーニらーめん@海老丸(水道橋):八咫烏居山シェフの御子息誕生を祝う超絶豪華な一杯!おめでとうございます!

毎週のように通っている海老丸さんにて、

本日1/31限りの限定ラーメンが提供された。

年末のコラボも記憶に新しい八咫烏居山シェフに、

待望の御子息が誕生されたということで、

それをお祝いする限定メニューとのこと。

両店のファンである私としては、

そのお祝いに参加しないわけにはいかない。

 

ということで、休日の昼過ぎに参戦することに。

 

今回は杯数限定ではないということで、

やや遅めに行ったのだが、それが正解であった。

並びは10人くらいで、30分も待たずに店に入ることができた。

 

メニューは、

飛騨牛×フォアグラ×ポルチーニ

ということで、

今年の正月に食べ損ねた飛騨牛をこのタイミングで食べれるとは、

何ともラッキーである。

 

飛騨牛とフォアグラ ポルチーニラーメン

f:id:kenshinkk:20210131165631j:image

いつものとおり、着丼の瞬間に勝ち確というやつである。

 

まずスープは、牛の出汁にポルチーニの香りが合わさり、

そこに飛騨牛の脂をもとにした香味油のコク

さらにはガーリックチップが旨味と香りが食欲をそそる。

 昨年末の担々麺のスープに少し似ており、

そこから辛みを抜いてポルチーニ感を足したようなイメージ。

濃厚なんだけど、脂っこくなくて、

旨味の量が凄いけどまったくしつこくない。

いつまでも飲んでいたくなるスープであった。

 

トッピングは、

まず存在感のある飛騨牛のローストが3枚

部位までは分からなかったが、おそらく赤身の最高級部位だろう。

柔らかさといい、噛んだ時の旨味の吹き出しが異常であった。

脂はほとんどなくて、非常にヘルシー

腸にやさしいお肉であった。

添えられている芽ネギとの相性も抜群。

 

ふつうなら、このお肉が1枚付いて、

このお値段(1800円)でも普通に納得できるのだが、

なんと3枚もついているというのだから、凄すぎる。

今回は居山シェフのお祝いということで、

原価度外視の大サービスらしく、感謝しかない。

 

さらには、トロけるような絶妙な焼き加減のフォアグラ

ソテーされてほんのり塩気の乗ったフォアグラは、

もう完全に高級フレンチの逸品。

まさか、ラーメン屋でこんなに頻繁に食べるようになるとは、

数年前までは予想もつかなかった。

 

今回の味変フルーツはリンゴ

甘めのスープに甘めのリンゴということで、

あえて系統を合わせての味変。

合間に食べると、サッパリ爽やかになって美味い。

 

あっという間に麺を食べ終わり、

リゾットの時間となってしまった。

 

 

飛騨牛の佃煮リゾット

f:id:kenshinkk:20210131165637j:image
f:id:kenshinkk:20210131165624j:image
f:id:kenshinkk:20210131165618j:image

いつもより若干割高な600円のリゾット。

それもそのはず、

特製の佃煮だけではなくて、

飛騨牛の切り落としがゴロゴロ入っているではないか。

そりゃ高くもなるよ。

とはいえ、元々のラーメンが安いので、値段は気にならず、

その分、味も申し分ないほどの美味しさでありました。

 

最後の最後まで飛騨牛ポルチーニの旨味に包まれて、

食べ終わることができる最高の一杯でした。

 

おまけ:お祝いのクッキー

f:id:kenshinkk:20210131165643j:image

八咫烏の居山シェフの御子息「傳(テン)」くんの

名前の入ったクッキーが会計時に配られていたので、

ありがたく一枚頂きました。

また、色紙にお祝いのメッセージも書かせていただき、

なんか、幸せを分けて頂いたような温かい気持ちになりました。

 

これからも、八咫烏さん、そして、海老丸さんには、

通い続けたいなと、改めて感じた一日になりました。

 

本当におめでとうございました!