腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

688.じゅんさいの冷やしモリンガつけ麺@焼きあご塩らーめんたかはし(上野):夏の冷やし麺シリーズ第4弾!モリンガ麺とじゅんさいでとろみまみれの一杯!

前回(※)に引き続き、

焼きあご塩らーめんたかはしさんの

夏の冷やし麺シリーズ第4弾である。

 

※前回記事

kenshinkk.hatenablog.com

 

全5種類のスタンプラリーを急いで集めなければということで、

銀座店が続いていたが、今回は、上野店に戻ってきた。

 

今回の限定は、

じゅんさいの冷やしモリンガつけ麺

 

モリンガについては、前回記事にて紹介の通り、

栄養素が豊富な、奇跡の木

ということであったが、

そのスーパーフード・モリンガの練り込み麺が、

今回はつけ麺で味わえるとのこと。

楽しみに食券のボタンを押したのであった。

 

じゅんさいの冷やしモリンガつけ麺

f:id:kenshinkk:20210916070730j:image

 

f:id:kenshinkk:20210916070725j:image

グリーンのモリンガ麺昆布水が貼られており、

前回のトマトの時の麺より若干太いかな?という印象。

それに、麺量も見た目300g弱くらいありそうで、

個々のお店の並盛にしてはボリュームが多い気がする。

栄養満点のモリンガなので、なんだか健康になれそうである。

 

まずはひとくちすすると、

前々回のしじみつけ麺の回ほどではないが、

昆布水のヌルっと感がありつつ、

麺の味がしっかり楽しめる印象。

藻塩トッピングが欲しかったなあ。

とは思いつつ、つけ汁があるのでそれをつけて頂く。

 

つけ汁

f:id:kenshinkk:20210916070727j:image

こちらが、注目のじゅんさい入りのつけ汁

表面に香味油なのか、じゅんさいのとろみなのか、

固まったような不透明な部分があったが、

まあ、気にせず頂くことに。

 

まず麺をつけていくと、

じゅんさいのとろみと、昆布水のとろみで、

麺とつけ汁の絡み方がとんでもないレベル

スープ自体はサラサラ気味なのに、

ひとつけで、かなりの量持ってかれる。

 

そして、すすってみると、

キレのある醤油がかなり強烈な印象で、

めちゃくちゃうまい。

ただ、これはつけすぎると、しょっぱくなるかもと思った。

 

らぁ麺「やまぐち」さんの鶏スープに、

低温で火入れした生醤油ブレンドしているとのことで、

有名店のスープがもとになっているだけあって、味は最高。

どうしても冷やしなので、

鶏の油が固まり気味なのが、ちょっと気になったものの、

総じて、じゅんさいのとろみ感と、

モリンガ麺+昆布水のWとろみで、

麺とスープの一体感はレベルが高かったと思う。

 

トッピングは、

鶏チャーシュー3枚だけ、ということで、

他のメニューに比較すると若干さみしいものがあった。

じゅんさいやモリンガが高額なのかもしれないが、

もう一品トッピングがあるか、

もしくは何かしらの味変要素などがあると良かったかもしれない。

 

なお、麺量が多かったので、

終盤にはかなりお腹いっぱいになり、

前述の味変が無かったことにより、

若干飽き気味になってしまったことは否めない。

つけ汁も中々よかっただけに、

後半伸び悩んだのが、少し勿体なかったかな~という一杯であった。

 

なお、スープ割時点では、

底が見えるほど、つけ汁が少なくなってしまったので、

つけ汁の残り量には注意して食べ進めて頂きたい。

f:id:kenshinkk:20210916070732j:image

 

ということで、

たかはし夏の冷やし麺シリーズ第4弾は、

モリンガ麺+昆布水じゅんさいというWとろみ要素により、

とろみ好きにはたまらない一杯であった。

 

なお、9月末までは上野店恵比寿店で提供されているので、

ご興味ある方はぜひ!