腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

689. 焼きあごの冷やしとろみそば@焼きあご塩らーめんたかはし(上野):夏の冷やし麺シリーズ第5弾!夏バテ時もスルスル食べられる極上焼きあご出汁冷やし麺!

前回(※)に引き続き、

焼きあご塩らーめんたかはしさんの

夏の冷やし麺シリーズ第5弾である。

 

5回目ということで、今回が最終回。

ついに夏の冷やし麺スタンプラリーも完結である。

この一杯でプレミアムパスもゲットすることができ、

①得製らーめんへ無料グレードアップ

②白めし小注文で和風チャーシュー丼か塩だれロース丼へ無料アップグレード

③お連れのグループ会員 トッピング無料

というスーパーなボーナスが1年間受けられることになった。

いやー素晴らしい。

 

そして5回目の今回は、

最後に取っておいた、

どの店でも食べることのできるメニュー

焼きあごの冷やしとろみそば

である。

 

このお店ならではの焼きあご出汁の美味しさが

存分に味わえそうな一杯だろうなと予想し、

最後まで取っておいた。

 

しかし、実をいうと、

この一品を食べる数日前より、

胃に異変をきたしていた。

原因は弱った胃への過負荷である。

 

経緯としては、

まず、コロナワクチンの副反応39.5℃の発熱をしたため、

ロキソニン3夜連続で服用した。

その間はゼリーヨーグルトだけだったのだが、

熱が下がった途端に、

急に普通の食事(ラーメンやカレーなどを含む)

に戻してしまった。

おそらくそれにより、胃を痛めてしまい、

少し食べただけで満腹になったり、

食事の時間になってもお腹が空かない

という日々が続いていたのである。

 

よって、その期間中は、

ふたたびゼリーやヨーグルト生活に戻り、

質素な食生活を送っていた。

 

なお、豊富にあるストック記事のおかげで、

ブログ更新は継続出来てはいたのだが、

実はラーメンは1週間以上食べていなかった

こんなに長い期間ラーメンを食べないのは久々である。

 

幸いにして、優秀な胃薬のおかげで、

胃が回復してきて、普通の食事に戻すことができたのだが、

いよいよラーメンを解禁しよう、

という復活の一杯に選んだのが、

今回紹介する、

焼きあごの冷やしとろみそば

だったのである。

 

という長い前置きになったが、

さっそくこの一杯を紹介していく。

 

焼きあごの冷やしとろみそば

f:id:kenshinkk:20210914222442j:image

大葉や薬味類が何とも爽やかなビジュアル

丼までしっかり冷やされているのは素晴らしい。

 

まず、スープからひとくちいただく。

焼きあご出汁の豊潤な旨味が口の中にぶわっと広がり、

醤油というよりは白だし系の程よい塩味がありつつ、

後味はスッキリ爽やかにスッと消えてなくなる。

キンキンに冷えていて、若干とろみがついているので、

暑い日にこそ飲みたくなる、極上冷やしスープである。

 

お店の解説を読んでみると、

出汁には、このお店ならではの焼きあご出汁だけではなく、

2年熟成本枯鰹節も合わせているらしく、

タレに愛知県産非加熱の有機白だしを使用しているとのこと。

 

また、納豆昆布でトロミをつけているそうだが、

つけ麺の昆布水ほどトロミが強いわけではなく、

サラサラ食べられる範疇であり良い塩梅である。

 

そこに合わせる細麺がまた最高で、

”らぁ麺やまぐち”プロデュースの細麺「麦の香」を使用しているそう。

やや加水率は高めで、喉越しも抜群で、小麦感もあって、

非常に美味しい麺であった。

 

トッピングは、

・豚レアチャーシュー×2枚

・大葉ペースト(チャーシューの上)

・大葉

・ネギ

スプラウト

と比較的シンプル。

 

だが、病み上がりのこの日には、

このくらいでちょうど良かった。

 

まず豚レアチャーシューは、

那須高原豚のロース肉を使用したものらしいが、

しっとりして柔らかく、旨味もしっかりあって美味しい。

臭みもなく、ここまで冷やしで硬くならないのは凄い。

 

また、チャーシューの上に乗っている大葉ペーストが、

味変としてすごく良い仕事をしている。

見た目は緑色だが、梅シソっぽい味をしていて、

混ぜるとよりサッパリ感が増して最高である。

そうめんに練り梅を入れたときの感覚に近い。

また、生の大葉も1枚乗っているので、

大葉のアクセントを2通りで味わえるのも素晴らしい。

 

この日は病み上がりだったので、白飯は注文しなかったが、

今回の冷やし麺シリーズの中でも、

出汁茶漬けにしたら一番美味しい味かもしれない。

 

それくらい、しっかり出汁が効いている飽きが来ない味であり、

食欲がなくなっているときにもスルスル食べられる爽やかさであった。

「うだるような猛暑の日に食べたい一杯は?」

と聞かれたら間違いなくこれを挙げるかな。

 

自分としてもこの一杯のおかげで、

普段の食生活にスムーズに戻れたような気がして、

非常に助かった一杯である。

 

逆に、ガッツリ系が食べたいなーと思った時には、

物足りないと感じそうなので、

ぜひ背脂系のメニューを選んで頂きたい。

 

なお、今回でめでたく5種類コンプリートしたので、

振り返ってみる。

 

どれも美味しい冷やし麺であったが、

個人的ランキングとしては、

1位:焼きあごの冷やしとろみそば

2位:渡り蟹の濃厚冷やし麺

3位:しじみ貝の冷やし昆布水つけ麺

4位:彩りトマトの冷やしモリンガ麺

5位:じゅんさいの冷やしモリンガつけ麺

 

という感じだろうか。

決してモリンガ麺が嫌いというわけではないが、

たまたま味付けとか、個人の好みによって、

このような順位となった。

 

ただ、いずれもレベルが高い限定冷やし麺であり、

来年も参加するのが楽しみである。

 

ということで、

夏バテ時もスルスル食べられる極上焼きあご出汁冷やし麺

であった。

 

9月末までは、

焼きあご塩らーめんたかはしさんの全店舗で提供しているので、

暑い日にぜひ食べてみてはいかがだろうか。