腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

555. 冷やし煮干しそば+塩トマトご飯@黒須(神保町):やさしさに包まれるようなまろやか冷製煮干しスープはリピート確定!

前回(※)に引き続き、神保町黒須さん。

※ 

kenshinkk.hatenablog.com

 

土曜日に研修が入る率が少なくなってきたこともあり、

またもや黒須さんに行けるチャンスが来た。

というのも、

8月が終わってしまう=冷やし麺も終わってしまう

ことを意味するため、

冷やし麺で食べ残しているメニューは食べなければ、

と思っていたのである。

 

黒須さんでは冷やし麺にありつけていなかったので、

当然、行きたかったのだが、

ようやくチャンスが巡ってきたということで、

2週連続なことはお構いなしに行ってみることにした。

 

冷やし担々麺もあったのだが、

さすがに腸のことを考えて、辛い物はやめて、

煮干しにすることにした。

 

冷やし煮干しそば

f:id:kenshinkk:20200830112126j:image

びっくりしたのは、トマトの存在感。

煮干しにトマトというのは意外な組み合わせである。

 

ひとまずはスープから。

口に入った瞬間のインパクトはひかえめ。

でもそこから、じわじわと優しい上品な旨味が広がっていく。

冷製スープで、こういう優しい旨味を醸し出すのは難しそうだが、これは凄い。

煮干しの濃度も、ビターまでギリギリいかない程度にちょうどよく抑えられており、

それでも物足りなさは全く感じないという、秀逸なバランス感覚。

仄かに甘みがあり、塩分濃度もちょうどよく、ゴクゴク飲めてしまう。

また、キンキンに冷やされていないところも、個人的には高ポイント。

 

麺は、レギュラーのラーメンに使われている全粒粉入りの中細ストレート麺。

水でしっかり〆られているので、やや固めの食感でこれがまた良い。

 

トッピングのトマトの甘味も酸味も、この冷製スープと相性抜群。

たぶん煮干しがもっと強かったらときっと合わなかったと思う。

玉ねぎも少し苦みがあって、シャキシャキした食感とともに抜群の相性。

 

追加薬味(青ネギ&みょうが)
f:id:kenshinkk:20200830112120j:image

これがすごく良い塩梅。

そういえば青ネギが入っていなかったなーと思ったが、

ミョウガとともに、スープに入ると、一気に和の清涼感が増した感じ。

今シーズンは、家でそうめんとかも食べていなかったので、

ミョウガも久しぶりであり、なんだか懐かしい感じもした。

 

塩トマトご飯
f:id:kenshinkk:20200830112117j:image

そして、秀逸なサブメニューのこちら。

黒須さんと言えば、肉飯がいつもいつも美味しいのだが、

この塩トマトご飯も夏の暑い時には抜群である。

トマトの甘味と酸味だけでなく、生姜がしっかり効いており、

単品で食べても全く飽きが来ないし、

もちろんラーメンと食べても美味しい。

「塩」と書いてあるが、そこまで塩気も強くなくてよい塩梅。

ご飯は肉飯と同様に玄米も入っていて食感と香りがとても良く、

香ばしさが、トマトとよく合っていて、箸が止まらなかった。

 

ということで、

まさかの2週連続の黒須さんであったが、

本当にクオリティが高すぎる夏季限定メニューであり、

冷やし担々麺の方もいつかお腹の調子が良い時に食べてみたい。