腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

683. 牡蠣の冷やし塩蕎麦@神保町黒須(神保町):とんでもなく美味しい牡蠣を食べたい方は今すぐ神保町へ!

さて、9月に入り気温が下がってきたこともあり、

冷やし限定の時期もそろそろ終わりに差し掛かっている。

各ラーメン屋さんのtwtterを見て回っていると、

冷やし限定が終わりますというお知らせが、

次々と流れてくるわけで、寂しい限りである。

 

そんな中、今年はこのお店の冷やしを食べていなかったことに気付く。

そう、神保町黒須さんである。

先日、女優・川口春奈さんのyoutubeチャンネルで、

さらっと登場して話題にもなったお店でもあり、

連日大行列を作っている。

 

本ブログでも、昨年なんと9回も行ったお店であるが、

今年はあまりに人気が出すぎて行列が長いことと、

その営業時間の関係からなかなか行くことができていなかった。

 

そんな中、神保町黒須さんのtwitterにて、

牡蠣の冷やし塩蕎麦が8日で終わります。

とのお知らせが!

 

黒須さんの牡蠣の塩蕎麦と言えば、

kenshinkk.hatenablog.com

去年の秋に食べてとんでもなく美味しかったのであるが、

この冷やしバージョンを食べるチャンスは、

絶対に逃してはならないと思い、

慌てて神保町へと急いだのであった。

 

11時台だったのだが、まさかの行列25人

牡蠣の冷やし塩蕎麦は、1日30食限定だったので、

全員が牡蠣目当てだったらやばいかもしれないなー。

そんなことを思いながら並んでいたのだが、

この日は少し肌寒かったこともあり、

ほとんどがデフォルトを頼んだ模様。

たしかにデフォルトもめちゃくちゃ美味しいので、

食べたくなる気持ちもあったのだが、

今回ばかりは肌寒かったのがラッキー。

 

余裕で牡蠣の塩蕎麦は残っており、無事注文することができた。

 

牡蠣の冷やし塩蕎麦+薬味ご飯

f:id:kenshinkk:20210905012014j:image

なお、薬味ご飯はデフォルトでセットとなっている。

超大ぶりの牡蠣が4個も入っていて、

これで1500円というのはかなり安いのではなかろうか。

 

牡蠣の冷やし塩蕎麦

f:id:kenshinkk:20210905012017j:image

もう何といっても牡蠣の大きさが凄まじい。

丼の半分を覆いつくすような大きさ4個も乗っているって、

ほんと凄すぎると思う。

牡蠣料理屋でこれだけ立派な生牡蠣を4個もたべたら、

軽く1500円は超えていきそう。

 

しかも、この牡蠣のクオリティがとてつもなく高い。

生ガキでもなく、焼き牡蠣でも蒸し牡蠣でもなく、

限りなくレアに近いミディアムレアといったところだろうか。

一応、牡蠣のコンフィということなので、

コンフィ=低温の油で煮たものであるらしく、

生牡蠣ではなさそうなのだが、

食べた感じは生牡蠣に限りなく近い。

少し強めの塩味がついているのも特徴で、

それが麺とあっさり目のスープと非常によく合うのである。

また、振りかけられている柚子も爽やかで、

濃厚な牡蠣の味を程よく爽やかにしてくれて美味しかった。

 

ちなみに麺は、いつもの細麺ストレート

スープは以前の牡蠣塩をキッチリ冷やしたというイメージで、

これまた牡蠣の旨味が溶け込んでて美味い。

ただ、スープ単独では若干薄く感じるので、

牡蠣のコンフィの塩気と一緒に頂くと、

ちょうど良いバランスになるのであった。

 

また、この日はたまたまだったのか、

オイルにラー油が入っていたような気がする。

twitterで見ていたものよりも赤く染まっているように見えたが、

気温が低かったためのアレンジだったのかもしれない。

ラー油っぽかったとはいえ、全体としての味を変えるほどの量ではなく、

少しピリッとしたかなー程度だったので、丁度良かった。

 

また、トッピングのシャキシャキの小松菜も、

冷やしのスープにベストマッチしており、

口直しにはピッタリであった。

 

薬味ご飯(初期状態)

f:id:kenshinkk:20210905012023j:image

まずはそのまま。

玄米ごはん薬味だけであるが、これだけでも十分美味しい。

生姜があえて粗めに刻まれていて、

しっかり味がわかるのも良い演出だなと思った。

 

薬味ご飯(第2形態)

f:id:kenshinkk:20210905012020j:image

続く第2形態は、スープを投入

淡麗系スープは雑炊にすると化けるわけで、

サラサラの冷製お茶漬けのようで美味しかった。

またここにきて、ラー油がいい感じご飯と絡んで、

食欲増進効果も相まって美味しかった。

 

薬味ご飯(最終形態)

f:id:kenshinkk:20210905012011j:image

そして第3形態は、牡蠣のコンフィ投入である。

振りかけられた柚子を一緒に投入したこともあり、

牡蠣の塩気旨味柚子の爽やかさもプラスされ、

最終形態で本気を出してきたラスボスかのように、

圧倒的な美味しさで襲い掛かってきたのであった。

いやー、最高。

 

ということで、

牡蠣好きの方は食べ逃がしたら絶対後悔するであろう、

2021年の黒須さんの冷やし限定であった。

いやーなんとかギリギリ間に合って良かった。

 

なお、タイトルにも記載しているように、

提供は本日9月8日までらしいので、

とんでもなく美味しい牡蠣を食べたい方は今すぐ神保町へ!