腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

523. ソフトシェルクラブのサフランらーめん@海老丸(神保町):サフランの効いた濃厚カニ+カニミソスープは衝撃の美味しさ!いつかまた食べたい一杯!

※本記事の内容は外出自粛要請が出る前に訪れた際のものです。

 

確実に週1回は行っている海老丸さんであったが、

たまたまこの週は、昼限定と夜限定がそれぞれ異なる週であり、

昼は第521回※で紹介したホタルイカまぜそば

夜は今回のサフランラーメンだったかと思う。

 

ホタルイカまぜそばの記事

kenshinkk.hatenablog.com

 

行ったのは金曜日。

サフランラーメンはその日が最後で、

どうしても食べたかったこともあり、週2回目の訪問をすることを決意した。

 

そして、この日はふだんお世話になっている先輩を連れて行くことに。

先輩は初海老丸ということだったので、

もちろん「まるごと一匹オマール海老ラーメン※」を推薦。

なかなかお値段するが、ここぞとばかりに

普段おごってもらってるんでおごらせてください

と言い張り、まるごと一匹デラックスを注文した。

 

※まるごと一匹オマール海老ラーメンの記事はこちら

kenshinkk.hatenablog.com

 

また、翌日休みであったのと、

複数人で来る海老丸は初めてだったので、ワインも注文。

魚介系だったので、白ワイン(デキャンタ)にすることにした。

するとなんと、うれしいことに店長さんが1品サービスしてくれて、

おつまみ牡蠣とホタテのオイル漬け?)をゲット!

f:id:kenshinkk:20200320162926j:image
f:id:kenshinkk:20200320162940j:image

いやーこれがまためちゃめちゃ美味いのである。

これだけでワイン1杯進んでしまった。

 

この日はラーメンにお金をつぎ込んでしまったので、

他のおつまみは注文しなかったのだが、

隣のテーブルの常連さんはおつまみをガンガン注文していた。

しかもどれも超美味そう。

 

これだけ美味しいおつまみが出てくるのなら、

もう1品くらい頼めばよかったなーと少し後悔している。

 

次飲むときは、他のおつまみも注文すると決意した。

食べログによると、ウフマヨがおすすめらしい。

 

話が逸れたが、いよいよ本編の限定ラーメンの着丼である。

 

ソフトシェルクラブのサフランらーめん

f:id:kenshinkk:20200320162931j:image

まず何より、ソフトシェルクラブの存在感。

本当にそのまま食べられるのだろうか?というイカツイ見た目をしている。

そして、サフランソースの黄色があざやかなことこの上ない。

正直、カレー以外の料理にサフランが使われているのを初めて見た。

 

まずはスープからひとくち。

もう口いっぱいに広がるカニの旨味の濃度が尋常ではない。

そして、カニだけでなく、カニミソの風味も感じることができる。

最近食べた同じく蟹系といえば、すぐ近くの石黒商店さん※があったが、

そちらは純粋なカニの身と殻からとった出汁という感じだったが、

こちらはカニミソ強めビスクタイプなので、完全にタイプが違う。

両者それぞれいいところがあると思うが、

後々リゾットにするならビスクタイプの方が相性いいと思う。

 

さて、次はメインのソフトシェルクラブ

そもそもソフトシェルクラブ自体が初めてだったのだが、

脱皮直後のワタリガニであり、殻ごとまるまる1匹食べられるというのが特徴である。

蟹の殻=食べられないというのが自分の中での常識だったし、

脱皮直後の殻を最初に食べてみようと思った先人はすげーなと純粋に思う。

実際に食べてみると、思った以上にサクサクしていて、

本当に簡単に噛み切れてしまうのが衝撃だった。

(少しくらい硬い部分もあるのかと思っていた)

味はもちろん美味しいが、なによりその香ばしさが素晴らしい。

小さい蟹なので、勿論身は少ないが、

スープやサフランソースにつけながら食べれば、もう最高である。

 

次に、もうひとつの目玉であるサフランソース

スープに溶かして食べていくと、独特の香りがプラスされて、

より奥深さが増すというか、スープがさらにもう一段階上品になった感じ。

ミニトーストの上に乗っているので、勝手に混ざってしまうこともなく、

好きなタイミングで味変できるのが素晴らしい。

 

正直、サフランのことをよくわかったなかったので、調べてみると、

原料はサフランという花のめしべらしい。

そして10gのサフランを得るには1500本以上の花が必要ということで、

非常に高価な貴重品であるとのことである。

勝手なイメージで、

インド料理=サフランライス

なので、そんな高価なイメージはなかったが、

原料を知るとたしかに高額なのもわかる。

 

続いて、アクセントであるベビーキウイ

以前食べたときも海老丸の限定であったが、

相変わらず甘酸っぱくて、口直しにはぴったりだなと思う。

皮ごと食べられるので、なんとなく栄養価も高そうで良い。

 

さて、そんな味変&口直しをしながら食べ進め、

あっという間にスープだけになったので、いよいよ〆のリゾットである。

 

〆のリゾット

f:id:kenshinkk:20200320162935j:image
f:id:kenshinkk:20200320162922j:image
f:id:kenshinkk:20200320162937j:image

相変わらず高すぎる完成度。

今回は、蟹と海老の佃煮が乗っていたようである。

濃厚カニスープチーズの相性はもちろん抜群であり、

いつもの通り、感動しながら食べていたのだが、

途中でスープを掛けなおすと、また味が変わっていくのである。

そこで、ある事実に気付く。

最後の方に残ったスープを掛けているので、

最後の方になればなるほど、明らかにスープ内のカニミソ濃度が増しているのだ。

リゾットでも前半と後半で味変できるとか凄すぎる。

カニミソ好きにはたまらない逸品であった。

 

ということで、

今回はカニがメインのラーメンフルコースであったが、

初物尽くしで、記憶に強烈に残った一杯であった。

カニ系ラーメンでもトップクラスだと思うし、

ぜひリバイバルしてほしい限定メニューのうちのひとつである。

 

それにしても、

これだけ食べて飲んでひとり3000円以下に収まるとか本当に信じられないコスパ

先輩も、まるごと1匹オマール海老らーめんに大満足だったようでなにより。

また今度、コロナが終息したころには、

何人か連れて行って、思う存分飲み食いしたいものである。

 

※蟹系ラーメンで海老丸からも近い石黒商店の記事

kenshinkk.hatenablog.com