腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

521. ホタルイカのイカスミまぜそば~春の訪れ@海老丸(神保町):イカスミの旨味と旬の野菜の爽やかさまさに春の訪れを感じる一皿!

※本記事の内容は外出自粛要請が出る前に訪れた際のものです。

 

前回に引き続き、海老丸さんのランチ限定まぜそば

限定が出るペースに追いつけるように、

若干ペースを上げての投稿となっていることはご了承いただきたい。

 

いつか来るだろうなーと思っていたイカスミ

パスタで美味しいのだから、ラーメンで美味しくないわけないと思っていた。

twitterの告知でイカスミの文字を見た段階で、行くことが確定した。

午前中の仕事を終えた瞬間、水道橋方面に向かって走り出す。

 

春の訪れとあるように、このメニューが出たのは3月頃

この日は、コロナウィルス問題は、話が出始めていた段階。

テレワークを開始していた対応の早い企業もあったが、

弊社に至っては、まだまだ毎日出社している頃であった。

 

ホタルイカイカスミまぜそば~春の訪れ

f:id:kenshinkk:20200320162722j:image

前回同様またも色鮮やかな盛り付け。

イカスミということで、真っ黒なのを想定していたので、びっくりした。

主役のホタルイカもたっぷり乗っているが、

ローストチキンも乗せてくれているのが非常にうれしい。

 

ひと口すすってみると、

イカスミのコクと酸味太麺にしっかり絡んで、もうめちゃくちゃうまい。

パスタより、まぜそばのほうが、イカスミって活きるのではないだろうか?

 

トッピングは、

ホタルイカ

・菜の花

・ホワイトアスパラのスライス

・ローストチキン

・ドラゴンフルーツ

 

ホタルイカは5~7匹くらいは入っていたと思う。

しっかり旨味が強くて、ちょっと酸味のある黄色いソースとの相性も抜群。

 

菜の花は、相当な苦みを覚悟して食べたのだが、

全く苦くなく、むしろ甘味があるほど。

旬だからなのと、きっと調理方法が良かったのだろう。

勿論ソースとの相性もばっちり。

 

ホワイトアスパラはこんな感じでスライスされたのは初めて食べた。

ホワイトアスパラといえば、缶詰のふにゃふにゃしたやつを食べるのが多いが、

これは生だろうか?

ちょっと固めだったのだが、サクサクした心地よい食感で、

まぜそばにはいいアクセントになっていた。

 

 

そして、極めつけはドラゴンフルーツ

正直に言うと、存在は知っていたものの、ガッツリ食べたのは初めてかもしれない。

調べてみたら、サボテンの一種らしい。

食べごろも味も全く想像がつかなかったが、

見た目からすると、なんだかすっぱそうな感じ。

でも実際食べてみると、少し甘酸っぱいが、そこまで強烈な味ではなく、

サッパリ系のフルーツといったところだろうか。

イカに近いかもしれない。

栄養素的には食物繊維豊富で、カリウムマグネシウム葉酸などが豊富とのこと。

まあ、いずれにしろ、まぜそばでコッテリになった口をスッキリさせるには、

もってこいのフルーツであったことには間違いなかった。

 

とまあ、そんなこと言っているうちに完食。

ソースがあまってしまったので、バケットもらえばよかったなあ。

 

ということで、

春の訪れを感じさせる、イカスミのまぜそばであった。

毎度思うが、950円で毎週毎週、このクオリティが楽しめるって、

正直これまであり得なかったし、本当に頭が下がる思いである。

ということで、今後一部在宅勤務になる日も出てくるだろうが、

出勤日がある限りは、毎週通わせていただく所存である。

 

なお、こちらの海老丸さんは、

テイクアウト用のシャカシャカまぜそばや、

通称「宅アペ」なる持ち帰り用の瓶詰め一品料理を売り出している。

※アペ(アペタイザー):オードブルの意

 

しばらくはGW休みと在宅勤務のため、行くチャンスがないが、

次の出社日にはちょっと寄って買ってみようかなー。