腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

522. 特製中華そば@つきひ(亀戸):亀戸横丁の一角に潜む煮干しの名店!横丁で飲んだ後には思わず行ってしまう一杯!

※本記事の内容は外出自粛要請が出る前に訪れた際のものです。

 

JR総武線亀戸駅から徒歩3分。

普段亀戸駅は利用しないのだが、錦糸町に用事があった際に、

あと一駅足を伸ばせば、煮干しの名店がある、

という情報を得たので行ってみた。

 

なお、普段道に迷うことの少ない私が迷ってしまうほど、

相当わかりづらい場所にあるので、気を付けて頂きたい。

 

言いたいことは一つ、「とにかく亀戸横丁に入れ」である。

実はこの亀戸横丁、雑居ビルの中にある横丁なのである。

スマホの位置指定だけを信じてそこに向かっていた私は、

入口が全く見当たらずに四苦八苦。

来た道をしばらく戻って、亀戸横丁の入り口を見つけ、

ようやくお店にたどり着くことができたのである。

 

なお、亀戸横丁内でのつきひさんの位置は最も奥。

私は全くお酒を飲む気はなかったので、

何軒もの飲み屋が店を張っている中、そこを素通りして、

つきひさんの券売機へと向かったのであった。

 

訪問したのは19:30ごろ。

ちょうど満席で並び客が2名であったが、

かなり並ぶ日もあるとのことだったので、運が良かったのかもしれない。

 

メニューはシンプルに

・中華そば

・濃厚そば

のふたつのみ。

プラスアルファとして和え玉がある。

まあ、煮干し系のお店にはよくあるタイプの構成である。

 

今回は初めてということで、基本の中華蕎麦(特製)を選択。

 

特製中華そば

f:id:kenshinkk:20191005145406j:image

 

白い丼の中には、やや濁り気味の茶色いスープと中細ストレートの麺。

まずはスープをひと口。

口に運ぶと煮干し感が口一杯にぶわーっと拡がる。

これは美味しい。

煮干し系は数々の名店を食べてきたが、完全に上位層に食い込んでくる、

また、醤油感や塩感をほとんど感じないのもプラスポイント。

動物系の風味もほとんどなく、純粋に煮干しと昆布などの魚介系という印象。

これでここまでコクがあるのはすごすぎる。

 

次に麺をひとすすり。

 

煮干し系によくあるバツパツ系かと思ったら意外と柔らかで滑らか系。

味も食感もとても良く、こういう系のも煮干しと合うんだという新発見であった。

 

つづいてトッピング。

・豚肩ロース肉のレアチャーシュー2枚

・鶏むね肉の低温調理チャーシュー2枚

・味玉

・海苔3枚

・小口切りの白ねぎ

・薄くスライスされた紫玉ねぎ

ということで、特製だけあって豪華なラインナップ。

 

特に豚肩ロース肉のレアチャーシューは、見た目の存在感も強いが、

肉の旨味も味付けも非常に良く、一気に食べてしまうのが勿体ないクオリティ。

鶏むね肉の低温調理チャーシューも火の入り具合が絶妙で高クオリティ。

レア過ぎず硬くなり過ぎることもなく、しっとりしていて美味しい。

味玉も、やや濃いめの味付けが美味しく、半熟具合も好みの範疇であった。

 

和え玉も注文しようかと一瞬思ったが、

たまたまこの日は昼ごはんが遅く、すでに満腹が近かったのと、

後ろに飲み終わって〆のラーメン目的に来てた人の列ができていたので、

少し気になって、今回はこのままスープだけ飲んで締めることにした。

 

ということで、

非常に高クオリティな煮干しラーメンであった。

濃厚蕎麦もぜひ食べてみたい。

 

亀戸自体はなかなか行かない駅ではあるが、

千葉方面に行った際の帰りなど、亀戸で途中下車して食べに行きたいと思う。

 

ただ、飲み屋横丁の中にあるということで、

コロナ騒動の中、営業しているかどうか心配であったのだが、

ツイッターによると、時間制限して営業しているようで安心した。

「宅麺」でも販売されているらしいので、今後検討してみたい。