腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

769. 秋桜〜松茸とイベリコ豚〜@八咫烏(水道橋):秋の松茸&イベリコ豚祭りが最高だった!

早くも移転後2度目の訪問となる八咫烏さん。

限定の日なのに、

並ぶ時間が短くなったのは嬉しい限りである。

 

今夜のメニューは、

秋桜 〜松茸とイベリコ豚〜

ということで

秋真っ盛りのメニューである。

f:id:kenshinkk:20221005225705j:image

 

感想をまとめると

・イベリコ豚を多彩な調理法で食べられて感動

・松茸と鰹の香りに包まれる幸せ感

・TKG風リゾットの美味さがエグすぎた

 

まずはいつもの食前茶から。

f:id:kenshinkk:20221005225638j:image

今回は栗緑茶ということで、

栗の葉っぱから抽出したのだろうか。

独特の風味はあったが、渋みは少なく飲みやすかった。

 

イベリコ豚バラと焼き春巻の酢豚

f:id:kenshinkk:20221005225655j:image

福神漬を使ったポテトサラダの上に

トロトロのイベリコ豚バラのオイルコンフィが乗り、

その上には、茄子とイベリコ豚ひき肉の焼春巻き

さらにその上に、大根の煮浸し

ソースは松茸を使った黒酢あんかけ

 

イベリコ豚バラのオイルコンフィ

f:id:kenshinkk:20221005225631j:image

福神漬けを使ったポテトサラダ
f:id:kenshinkk:20221005225658j:image

茄子とイベリコ豚ひき肉の焼春巻き

f:id:kenshinkk:20221005225648j:image

この前菜の一皿だけで、

来た甲斐があったなあ~と思わせるほどの満足度。

とくに、オイルコンフィの柔らかさは半端ではなく、

今まで食べた豚バラをはるかに凌駕していた。

相当な仕込み時間がかかっているようで、

本当に頭が下がる思いである。

松茸を使った黒酢も旨味たっぷりで、

またその豊潤な香りに圧倒されたのであった。

 

イベリコ豚と土佐カツオ節の正油ラーメン

f:id:kenshinkk:20221005225645j:image
f:id:kenshinkk:20221005225709j:image

f:id:kenshinkk:20221005225652j:image

ラーメンとしては、シンプルな一杯。

でも、圧倒的なカツオ節の旨味と香り

干しシイタケや、イベリコ豚鯛煮干など、

様々な素材が使われているというカエシからくる旨味で、

優しいながら深みを感じるスープであった。

 

イベリコ豚のレアチャーシューは、

融点が低いからということで、別盛り。

脂のくちどけがとにかく凄くて、味も最高。

 

チャーシューの下には、

玉ねぎ、生姜、ビーツなどの野菜マリネ。

ラーメンに爽やかさと辛味のアクセントがプラスされ、

味変としても素晴らしい。

 

そして、今回は最後にご飯ものが登場。

 

直火焼イベリコとマッカランのリゾット

f:id:kenshinkk:20221005225641j:image
f:id:kenshinkk:20221005225635j:image

ほぼTKGのようなご飯に、

直火焼のイベリコ豚が乗っている。

この豚がめちゃくちゃ美味しいのはいわずもがな、

その上のソースが最高。

わさび+クリームチーズという組み合わせが、

豚肉の旨味をまた一次元上の段階に昇華させている。

 

そして、ラーメンスープをINすると・・・


f:id:kenshinkk:20221005225702j:image

TKG(風)に醤油味出汁の旨味が加わって、

最高のリゾットと化すのである。

最後の最後まで、素晴らしい演出でした。

 

ということで、

今回もまたイベリコ豚を存分に味わえる、

素晴らしい創作麺であった。

 

会社から近くなったことで、

これまでより頻繁に行ってしまいそうである。

また次回食べたら紹介していきたい。