腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

739. 松阪牛の洋食屋風どて煮つけ麺@稲荷屋:和洋中の折衷が極まった松阪牛×赤味噌×つけ麺という奇跡のコラボ!

年末の鴨SP以来の稲荷屋さんの限定。

 

kenshinkk.hatenablog.com

 

twitterの告知で松阪牛と聞いた時点で、

虎視眈々と行くことを狙っていたのだが、

たまたまタイミングが合って良かった。

 

今回もフレンチ系かと思いきや、

意外にも和風要素もあるということで楽しみにしていた。

 

感想としては、

ビーフシチューとつけ麺がこんなに合うとは

・イチボのローストビーフの火入れが絶妙

シジミ出汁のスープ割に癒された

の3点である。

 

では早速。

 

松阪牛の洋食屋風どて煮つけ麺

f:id:kenshinkk:20220408181217j:image

この見た目、何料理なのか一見ではわからない。

ただ、れっきとしたつけ麺なのである。

 

つけ汁

f:id:kenshinkk:20220408181225j:image

見た目はまさにビーフシチュー

どアップにすると、少なく見えるかもしれないが、

それだけ、凝縮されているということである。

一口食べた瞬間に、あまりの美味さに仰天した。

デミグラス、といえばそうなのだが、

すごくあっさりしていて、和風要素が強い

旨味がとてつもなく凝縮されているのに、

まったく重さがなくて、スルスル食べられてしまうのは、

本当に不思議であった。

 

スネ肉はスジの部分は硬いが、

大部分は超絶柔らかな煮込みになっており、

その旨味が溶け出している赤ワインスープが、超絶濃厚

ビーフシチューつけ麺

という感じで、恐ろしく美味い。

 

店長さんの解説によると、

ベースはキノコと玉ねぎ10kgを飴色になるまで炒めたものに

焼いた牛肉と赤ワインと水と酒で煮て、

最後に赤味噌で味付けたもの。

とのことである。

甘さは、玉ねぎだけであり、

みりん、砂糖は不使用ということで、

自然な甘さが極まった優しい味であった。

 

麺+トッピング

f:id:kenshinkk:20220408181220j:image

麺はモチモチのピロピロ平打ち麺

しじみや鰹の出汁に浸かって提供される。

これがもう、つけ汁を絡み上げまくるもんだから、

つけ汁マネジメントが大変であった。

でもその大変さを上回る圧倒的な美味しさ

一口一口がこの上ない幸せであった。

 

トッピングは、

・大根

ごぼう

・舞茸

・木の芽

・ローストビーフ

 

大根は、鰹出汁の旨味がしっかり染みていて、

単体でも味わい深い美味しさなのだが、

つけ汁につけても相性抜群であった。

ゴボウは少しだけ酸味があり、口直し的な要素。

舞茸は牛肉との相性の良さを改めて感じた。

木の芽は肉々しい濃厚な味に清涼感を与えてくれる存在。

 

ローストビーフ

f:id:kenshinkk:20220408181228j:image

そして何より、ローストビーフである。

みてくださいよ、この肉の色

火入れ加減が素晴らしすぎる。

肉の部位はこの日はイチボとのこと。

まじで極上のローストビーフ

赤身部分の旨味量がとにかくエグい。

霜降りで柔らかだけど、しつこくない

薄切りだが7枚ぐらい入っててボリュームも十分

久々にこんなに美味しいローストビーフを食べた。


スープ割

f:id:kenshinkk:20220408181223j:image

麺が浸かっていた、

しじみ×鰹出汁のスープで割るのだが、

これが恐ろしく美味い。

赤味噌との相性を考えて、しじみの出汁にしたという、

店長さんの采配がバッチリ的中している。

スープの温度が下がってしまったことだけ、

少し残念だったが、それを差し引いても、

とんでもなく美味かった。

 

ということで、

久々の稲荷屋さんの限定であったが、

シチューにも、パスタにも近い部分があるのだが、

総合してみると、やっぱり着地点はつけ麺であり、

和洋中の3要素を総合したような凄い料理であった。

 

また次回の限定にも期待したい。