腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

716. SP鴨@稲荷屋(稲荷町):ノエル仕様の極上鴨フルコース!〆の和えそばで鴨とネギの究極の共演!

稲荷屋さんのクリスマス限定

twitterの告知によるとノエル仕様とのこと。

※ノエル=フランス語でクリスマス

 

フレンチ限定を食べるのも久々なのだが、

たまたま限定が開始される時間に、

上野に寄れるチャンスがあったので訪問。

タイトルはシンプルにSP鴨ということで、

どんな鴨料理がでてくるか楽しみに注文した。

 

まとめると、

・極厚で食べ応えのある鴨ポワレ

・旨味たっぷりのシャンピニオンリゾット

・濃厚すぎる極上の鴨コンソメ和えそば

というところだろうか。

 

メニュー構成は、

・フィレのポワレ

・キャナーのラビオリ

・ワイルドライスとキヌアのシャンピニオンリゾット

九条ねぎの和えそば

・鴨コンソメ

ということで、

フレンチのフルコースさながらである。

 

さてまずは、一品目から。

 

・フィレのポワレ

・キャナーのラビオリ

・ワイルドライスとキヌアのシャンピニオンリゾット

f:id:kenshinkk:20211218210351j:image

フィレは単純に鴨の胸肉のこと。

何より注目すべきはその分厚さである。

表面はカリカに焼かれていて、中はレア

噛めば噛むほど旨味が出てきて

肉喰ってるなー感がものすごくあった。

今年食べた鴨肉ソテーの中では1番おいしかったかも。

 

続いて、キャナーのラビオリだが、

中身はこんな感じ。

f:id:kenshinkk:20211218210409j:image

第一印象は、とにかく美味しい肉がたっぷり入っている

というもので、食感はツナに近かったのだが、

特定できずになんだろうと思いながら食べていた。

ただ、「キャナー」を調べてみると、

鴨肉自体のことを指している言葉のようなので、

おそらく鴨肉を細かく挽いたものだと思われる。

色々なハーブと混ぜてラビオリに詰めていると思われ、

全く臭みが消えていて非常に美味しかった。

ラビオリ自体も、モチモチした独特な食感で、

中々食べ応えがあった。

 

そして、その下に敷かれたリゾットがまた最高。

シャンピニオンリゾットということで、

マッシュルームベースなのだと思われるが、

なんとも絶妙な味付けで、

キヌアワイルドライスの独特な食感を楽しみながらも、

どんどん流し込みたくなる美味しいリゾットであった。

なお、キヌアもワイルドライスも、

俗にスーパーフードと言われる穀物で、栄養満点。

確かに白米と比べると味に癖はあるが、

プチプチはじける食感が面白いので、

今回のように美味しいソースと一緒に食べたり、

白米に混ぜて食べたりする分には美味しく感じると思う。

 

さて、そして、メインであるラーメンへ。

 

九条ネギの和えそば

f:id:kenshinkk:20211218210359j:image

びっくりするほど緑色の和えそばである。

緑の元は九条ネギということなのだが、

ネギの臭みは一切なく、旨味だけが残っていて、

ネギだけとは思えない美味しい麺であった。

 

ただ、さすがにネギの味だけだと飽きるかも・・・

というところで、後半戦はこちらをかけて頂く。

 

コンソメ

f:id:kenshinkk:20211218210402j:image

↓混ぜていくと・・・

f:id:kenshinkk:20211218210355j:image

これがとてつもなく美味しかった。

小瓶に入って登場したコンソメスープは、

ややとろみがかっており、

しっかり麺に絡むようにできている。

そして、非常に濃厚で味が詰まっている

稲荷屋さんのコンソメは毎度毎度すごいけども、

今回もまた最高濃度を更新したんじゃないかってくらい濃厚

ネギの旨味たっぷりの麺と、濃厚な鴨の旨味が入ったコンソメ

これこそ究極の鴨とネギの共演をみた気がする。

一気に麺をすする速度が倍増し、

あっという間に最後まで平らげてしまった。

 

ということで、

まさにフレンチのフルコースに匹敵する豪華さの、

鴨尽くしのラーメンフルコースであった。

 

今年はあまり稲荷屋さんには数多く行けなかったが、

ピンポイントで刺さる限定を食べに行くことができて良かった。

来年以降も楽しみにしたいと思う。