腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

492. 飛騨牛サーロインのローストビーフラーメン@海老丸(神保町):2020年の1杯目は超豪華飛騨牛A4ランクのローストビーフラーメンで開幕!

前回(※)、年末に締めとして食べた海老丸さんの限定麺を紹介したが、

kenshinkk.hatenablog.com

 

実は、2020年1杯目も海老丸さんで開幕したのであった。

 

というのも、

twitterにて「元旦&1/2のみの限定麺あります」という告知があり、

しかも、飛騨牛A4サーロインときた。

1/2は何も予定がなかったので、もうこれは行かざるを得なかった。

 

なお、1/3-5も別の限定があったのだが、

残念ながら他の用事などもあり、それらは行くことができなかった。

 

twtterによると元旦でだいぶ数が出てしまったということだったので、

2日目に残っている数は少ないだろうと予想して、

開店直後の11時台を狙って訪問。

 

20人ほど並んでいたので、やばいかなーと思っていたが、

注文時には残っていてセーフ!

 

よっしゃと思って待っていたら、 

なんと、自分の後に注文された5-6杯で売り切れたようであった。

危ない。

本当にギリギリだった。

 

飛騨牛サーロインのローストビーフラーメン 2500円

f:id:kenshinkk:20200102132646j:image

やはりローストビーフの存在感が凄まじい。

そのメインのローストビーフからひとくち。 

うますぎる。

とにかく脂の甘味が素晴らしい。

レアな赤身部分も肉の旨味がギュッと詰まっていて最高。

端面、いわゆる焼きの表面の部分はカリッと焼かれていて香ばしいのも良い。

そして、上に乗っている黒コショウの酢漬けが素晴らしいアクセント。

ほどよい辛み酸味が肉の旨味甘味をより際立てている。

 

ビーフコンソメ仕立てということで、スープにも注目だったが、

非常に優しい味。なんだろうこの甘みと旨味は。

数多くの牛出汁ラーメンのスープ飲んできたが、ベスト更新したかもしれない。

塩気が少なくて、非常にまろやかだが、しっかりした飲みごたえもある。

気を抜くと思わずスープを飲んでしまうくらい美味しかった。

完飲したい気持ちを抑えて、リゾットに残す。

 

なお、ローストビーフについては海老丸チャンネルで作成動画が公開されている。

今回もこれに釣られたといって過言ではない。

https://www.youtube.com/watch?v=EfaSTgsTo9g

 

リゾット

f:id:kenshinkk:20200102132640j:image
f:id:kenshinkk:20200102132643j:image

海老丸さん毎度おなじみのリゾット。 

もちろん今回も山盛りのチーズ削り付き。

もう感動的な美味しさである。

今回は海老の代わりにA4の角切り肉が白米の上に乗っており、

レアな赤身部分から、脂身部分、端っこのカリカリしたところもあり、

色んな味や食感を楽しむことができてすごく美味しかった。

400円と、普段のリゾットより高かったがそれも納得。

 

 

ということで、

お正月らしい超ゴージャスなラーメンで開幕するという、

新年早々素晴らしいスタートダッシュをきめることができた。

 

年末年始、海老丸さんに偏ってしまったので、

次回からはもう少しいろんな店の紹介をしていこうと思う。

 

なお、実をいうと、

2019年に行った店で、まだまだ紹介できていない店がたくさんあるので、

しばらくはそれらのお店を出していこうと思う次第である。

 

ということで、今年もよろしくお願いします。