腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

665. 飛騨高山牛冷やしらーめん@海老丸(水道橋):1年ぶりの冷やし飛騨牛ラーメンは芸術点も高いオリンピック応援特別バージョン!

新規開拓シリーズを前回でいったん終了したため、

一度食べたことのあるお店の紹介を解禁しようと思う。

 

さっそく今回は、

昨年度のランキングで1位に選ばせていただいた海老丸さん。

本ブログでは約90日ぶりの登場となってしまった。

(何度も行っており、ストックは貯まっているので別の機会に)

 

そんなお久しぶりの海老丸さんだが、

今回の4連休で、

オリンピック開催記念の限定ラーメン2種類出すということで、

非常に楽しみにしていた。

 

前半と後半で1種類ずつということであったが、

前半は予定があっていけなかったので、

本日7/24と7/25に提供される後半戦に、

開店前から並んでみることにした。

 

気になるメニューは、

飛騨高山牛冷やしらーめん

ということで、

昨年度第一位(個人的)のラーメンの再来ということで、

もう願ったりかなったりである。

 

なお、昨年の冷やし飛騨牛ラーメンの記事はこちら↓

kenshinkk.hatenablog.com

 

このときは飛騨牛テールスープ飛騨牛コンソメ

ダブル掛け合わせスープ

とのことで半濁りという感じであった。

冷製なのに牛の旨味が盛りだくさんであり、

記憶に深く刻まれた一杯であった。

 

なお、今回のポップはこちら

f:id:kenshinkk:20210724155158j:image

オリンピック応援限定ということで、

ポップからすでに特別感満載の様相が漂っている。

 

ツイッターの告知によると、

今回はコンソメではなく牛白湯ということであった。

牛白湯は昨年の限定でたまに登場していて非常に美味しかったが、

冷やしでは初登場となるので、期待大であった。

 

そして、ようやく着丼の時を迎え、出てきたのがこちら。

 

飛騨高山牛冷やしらーめん

f:id:kenshinkk:20210724155229j:image
またもや美味しそうなビジュアル。

丼の上側にはトッピング五輪マークがあしらわれており、

芸術点が非常に高い

先にその五輪マークトッピングから紹介すると、

赤:トマト

緑:ズッキーニ(緑)

黒:ナス

黄:ズッキーニ(黄)

青:カマボコ

となっている。

 

まあ、青は難しいのでしょうがないと思ったが、

配置まで含めてしっかり五輪マークとなっていて、

しかもすべてが美味しいトッピングとなっているのは凄かった。

 

なお、そもそも五輪マークは

1.世界の五大陸を意味する
→5つの輪は世界の五大陸ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアとその相互の関係連帯を意味している。

2.5つの自然現象を意味する
→赤色は火を意味し、青色は水を意味し、緑色は木を意味し、黒色は土を意味し、黄色は砂の意味をしている。

3.スポーツの5大鉄則を意味する
→情熱、水分、体力、技術、栄養を意味している。

ということらしい。

水分とか栄養とかそのあたりも入っていたのは意外であった。

 

 

さて、話をラーメンに戻して、

次は注目の飛騨高山牛のレアチャーシュー

こちらがまた、とんでもないクオリティの逸品。

口の中に入れた瞬間すぐ溶けるうえ、

旨味の濃度がとんでもない。

そして、何より添えられた山わさびソースが絶品。

辛すぎず、爽やかさが鼻にスーッと抜けていく感覚が最高。

牛肉と山わさびの組み合わせを最初に考えた人凄すぎる。

今年は告知で肉のランクを発表していなかったが、

相当高いランクのお肉ではないかと推測する。

ローストビーフ好きの方は必食である。

なお、今年は肉増しナシとのことなので、

乗っている3枚を大事に大事に食べることが肝要。

 

いやー、去年もすごかったが、今年もすごかった・・・。

 

トッピングだけでもここまで語れてしまうのだが、

今回は、メインのスープもとんでもなく美味しい。

 

上述の通り、牛白湯ベースということなのだが、

非常にまろやかな牛白湯スープキリっと冷やされていて、

なおかつ程よい塩加減がちょうどよく、

やや固めに茹で上げられた極細麺とベストマッチ。

そして、そこに今回加わった、香味オイルが抜群。

f:id:kenshinkk:20210724155221j:image

表面に浮く油量が若干多いように見えるわけだが、

このオイルがトリュフオイルベースで、

なおかつガーリックのコクも効いており

もうべらぼうにうまいのである。

 

そして、周囲に浮かんでいるのが、

今回のアクセント。

なんと、リンゴである。

牛にリンゴ?

合うのかな?

と最初は思っていたが、

程よい酸味と甘み牛白湯スープの塩味ベストマッチ

毎すすりにリンゴを含めたくなるほどの好相性であった。

 

そして、

最後はお楽しみのリゾットタイムである。

 

 

飛騨牛きのこリゾット

f:id:kenshinkk:20210724155207j:image
f:id:kenshinkk:20210724155150j:image
f:id:kenshinkk:20210724155215j:image

特製のタレで味付けされたキノコソテーに、

2種類のパプリカ

そして極めつけは飛騨牛レアチャーシューがもう一枚。

いつもより値段が高いだけあって美味すぎた。

 

とろける削りたてパルメザンチーズと、

飛騨高山牛の極上レアチャーシューが合わないわけがない。

さらには、牛白湯スープの美味しさも相まって、

最高の〆リゾットとなったのであった。

 

 

ということで、

久々の海老丸さんの限定の記事であったが、

相変わらずとんでもない高クオリティの限定ラーメンであった。

去年の冷やし飛騨牛ラーメンともまた違った美味しさがあり、

来年も食べ逃さないようにしたいと思った。

また、五輪記念というタイムリーな限定ラーメンを、

イムリーに記事化することができて良かった。

 

今年も冷やし麺の季節がやってきたので、

これからガンガン食べていきたいと思う。

 

なお、この限定ラーメンは明日7/25までなので、

ご興味ある方はぜひ。