腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

575. szatmariの鴨蕎麦醤油+鴨葱飯:圧倒的に爽やかな鴨と葱のマリアージュ!鴨好きな方は食べなきゃ大損!

少し前の限定になるのだが、久々に神保町黒須さんでの一杯。

なお、は以前食べたことがある。

kenshinkk.hatenablog.com

 

前回記事でも書いたが、

szatmariとは、ハンガリーのブランド鴨

前回でとんでもなく美味しいことは分かったので、

次のチャンスがあったら醤油を食べようと思っていた。

そしたら、そのチャンスが案外早く訪れたので、

食べに行くに至ったというわけである。

 

szatmariの鴨蕎麦醤油 

f:id:kenshinkk:20201011183049j:image
f:id:kenshinkk:20201011183046j:image

相変わらず美しい、透き通ったスープ

塩の時もスープの美しさに見惚れてしまったが、

今回も同様であった。

そして、着丼時の鴨の香りに、醤油の香ばしさもプラスされ、

食べる前にもう美味しいことが確定して、多幸感が半端なかった。

 

表面の油層を混ぜながら、スープを飲んでみると、

鴨の強烈な旨味と、醤油の香ばしさ程よい塩気が合わさって、

とんでもなく美味しい。

そこに、そばに近いやや固めの麺がベストマッチ。

これは、醤油系で今年イチがきたかなという感じ。

そして、鴨系では醤油の塩気がきついイメージが多いが、

このスープは全くそんなことはなく、

醤油が全体を美味しくまとめてくれている印象であった。

 

トッピングの鴨肉はもちろん最高。

脂の甘味と言い、肉の旨味と言い、文句のつけようがない。

丸太葱は、前回食べたときよりも、焦げ目がついていて、

より香ばしくなっているように感じた。

刻んであるのは柚子皮かいわれ大根三つ葉

これが圧倒的な爽やか要素を作り出しており、

少しずつツマミながら食べ進めていくのがベスト。

気付いたらなくなっちゃう、というくらい、

鴨に夢中になれる一杯であった。

 

鴨葱飯

f:id:kenshinkk:20201011183042j:image

実は、今回食べに行こうと決断したのは、

最終的にはこの鴨葱飯の存在が大きかったりする。

なので、期待も高かったわけであるが、

食べに来て大正解であった。

いつもの胚芽米の香ばしさと、

ちょっと甘めのタレ

鴨の脂の甘味

ネギの香ばしさ。 

すべてが最高のバランスとなっていた。

鴨葱飯だけでも、また食べに来たい一杯である。 

 

ということで、

黒須さんの鴨そばは、醤油も非常に素晴らしかった。

今はいったん鴨の限定は終わってしまったようなので、

今回食べ損ねてしまった方は、次の機会にはぜひ食べ逃しなく。

 

明日公開予定の次記事では、

現在実施中の限定を紹介したいと思う。