腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

737. 鴨蒸籠@巌哲(早稲田):中華麺による極上の鴨蒸籠!鴨ロースと限定つくねも絶品!

前回に引き続き巌哲さんの記事。

今回は、いつも食べに行っている限定の

高級魚創作つけ麺ではなく、

季節ごとに登場する限定麺のひとつを紹介する。

今回はその名も、

鴨蒸籠

 

蕎麦屋かな?と思うメニュー名であるが、

例年2月~3月にかけて登場するメニュー。

もう何年も前から続いているようであり、

twitterなどで検索すると大人気のメニューでもある。

 

自分は前述の通り、

高級魚のつけ麺ばかり狙って訪問していたため、

鴨蒸籠は初めて食べに行くこととなった。

 

まとめると、

・濃いめのつけ汁と中華麺がベストマッチ

・薬味も合い過ぎて麺が止まらない

・オプションの鴨ロースとつくねはマスト

 

なお値段は、

麺量200g 1200円

が基本であり、

100g増すごとに+100円で500gまで

となっている。

 

いつものつけ麺では200gを注文するが、

今回は麺がメインなので、

300gで注文してみた。

 

そこにオプションとして、

鴨ローストッピング 400円

淡海地鶏つくね 300円

があるのでそれも追加。

 

合計して2000円ということで、

他のお店と比べたら高いかもしれないが、

巌哲さんの高級魚つけ麺と比べたら安い価格帯である。

 

そして、出てきたのがこちら。

 

鴨蒸籠(300g+鴨ロース+つくね)

f:id:kenshinkk:20220316231936j:image

いやー登場の仕方が何とも美しい。

・麺+鴨ロース

・つけ汁

・薬味

の3点セットである。

 

麺+鴨ロース

f:id:kenshinkk:20220316231924j:image

木の蒸籠に入った美しい麺に、

何とも色鮮やかな鴨チャーシューが盛られている。

ビジュアルだけで食欲をそそる。

 

まず麺は、

いつものつけ麺よりは細いのだが、

中細麺という感じだろうか。

日本蕎麦に近い太さであり、

相変わらず表面がツルツルで、美味しそう。

一本すすってみると、しっかり中華麺ではあるのだが、

つけ麺と同様に加水率高めであり、

表面の滑らかさと食べたときの小麦の香りが素晴らしい。

 

鴨ロースは、

表面はしっかり火が通っていて香ばしさがありつつも、

中は低温調理によりレア感が残っている

歯ごたえはしっかり目なので、

噛み切りづらい部分はあるが、

噛めば噛むほど旨味が出てくる赤身部分と、

皮目の贅沢なほど乗っている脂の甘味が、

何とも言えない絶妙のバランスであり、

むしろ口にずっととどまっていてほしい感じ。

臭みは全くなく、

いつまでも旨味が出続ける塊を、

口の中で長らく味わうことができるのは最高だった。

 

つけ汁

f:id:kenshinkk:20220316231927j:image

普段のつけ麺の時の器より一回り大きな器で登場。

つけ汁は熱々であり、

着丼時から、鴨と醤油の香りがぶわっとくる。

麺をつけ汁にくぐらせていただくと、

醤油のキレのある塩味がガツっときたあとに、

鴨の脂の甘味ネギの甘味が最後まで残って非常に美味しい。

麺との相性ももちろん抜群であり、

一度食べたら止まらないやつである。

これは500g食べたくなる人の気持ちもわかる気がする。

 

中の具としては、

・鴨の角切り肉

・しめじ

・焼き葱

・笹切り葱

そこに

・淡海地鶏つくね

がオプションとして3個入っている。

 

角切り肉は、5~6個入っており、

鴨脂がたっぷりのった部分

歯ごたえもしっかり目にあって若干噛み切りづらいが、

それを上回る旨味の溶け出し感とジューシーさ

これは美味しい。

 

また、2種類のネギがとてもいい仕事をしている。

焼いた白ネギは甘さが引き立てられていて、

めちゃくちゃ美味い。

これはビールが合いそう。

青ネギの笹切りは薬味的な働きもしていて、

食べると爽やかさが増す。

鴨にはやっぱりネギである。

 

そして、追加トッピングの淡海地鶏つくねがすごい。

巌哲さんのラーメンのベースとなっている、

淡海地鶏で作られているつくねということで、

濃厚な鶏の旨味がつけ汁によく合っている。

食感は鴨との対比もあって非常に柔らかく、

それでいてしっかりした食べ応えもあって最高。

他のラーメンと合わせて食べてみても面白いかも。

 

薬味
f:id:kenshinkk:20220316231933j:image

薬味には、ホースラディッシュと、

山椒が効いた七味が用意されている。

 

ホースラディッシュは、

わさびほどツンとこないが、

ほどよい清涼感があり、

とくに鴨ロースと非常によく合う。

 

七味は麺に振りかけて頂くと、

つゆの甘味と七味の辛味が良い対比となって、

全体が一段と締まる感じがした。

後半の味変にはもってこいである。

 

そして、麺を食べ切ると・・・

 

スープ割

f:id:kenshinkk:20220316231930j:image

いつものスープ割とは一味違い、

スープを入れた後に山椒をパラパラと振りかけて頂ける

これがまためちゃくちゃうまい。

香りが一気に爽やかになるとともに、

食欲がまた復活してきた。

麺でお腹いっぱいだったはずなのに、

その香りのおかげでスーッと飲めてしまった。

味が濃いめなので、身体に悪いとは分かっていながらも、

思わず完飲してしまう、そんなスープであった。

 

ということで、

巌哲さんの鴨蒸籠をようやく食べることができたが、

大人気も頷ける名作つけ麺であり、

これまで蕎麦屋などで食べてきたすべての鴨蒸籠の中でも、

断トツの美味しさを誇る一杯であった。

また来年も食べに来たいと思う。

 

なお、冒頭にも書いているが、

季節限定メニューということで、

3月いっぱいまでの提供予定だそう。

また、月火水の夜だけ、という曜日限定なので、

もし食べに行かれる際には、

事前にお店のtwitterを確認いただくなど、

注意していただきたい。