腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

686. しじみ貝の冷たい昆布水つけ麺@焼きあご塩らーめんたかはし(銀座):夏の冷やし麺シリーズ第2弾!しじみと昆布水の旨味がたまらない冷やしつけ麺!

前回(※)に引き続き、

焼きあご塩らーめんたかはしさんの

夏の冷やし麺シリーズ第2弾である。

 

※前回記事

kenshinkk.hatenablog.com

 

全5種類のスタンプラリーを急いで集めなければということで、

2回目の今回は、銀座店にやってきた。

 

メニュー名は

しじみ貝の冷たい昆布水つけ麺

昨年の一番人気ということで期待が高まる。

しじみのつけ麺は食べたことがあったが、

その冷やしは初めてだなーと思いながら食券を購入。

 

銀座店の気さくな店員さんと喋りながら待つこと数分。

やってきたのがこちらである。

 

しじみ貝の冷たい昆布水つけ麺

f:id:kenshinkk:20210914225519j:image

麺+トッピング
f:id:kenshinkk:20210914225516j:image

たっぷりの昆布水に浸かった麺の上に

・チャーシュー

・レモン

・細切りネギ

・ピンクペッパー

三つ葉

というラインナップ。

 

昆布水を纏った麺から早速いただくと、

キンキンに冷やされたしなやかな中細麺に、

ねっとりした旨味たっぷりの昆布水が絡み合い、

麺だけそのままでも充分食べられる美味しさ

軽く塩を振るだけでも、美味しいと思われ、

藻塩が欲しかったなぁというところ。

昆布水の粘度はそれほどではなく、

ドロドロになりすぎず食べやすいレベル

 

チャーシューは、豚の肩ロース肉の低温調理タイプ。

ややジューシーさには欠けるが、

味付けはしっかりされていて、

今回の冷やし麺シリーズの中では、

上位に入るチャーシューであった。

 

つけ汁
f:id:kenshinkk:20210914225514j:image

お店の説明によると、

しじみ、あさり、白口煮干し、鰹節、丸鶏のスープに、

あさりアゴ沖縄の天然塩塩だれを合わせているそう。

メニュー名がしじみなので、

貝の旨味が強いのかなと思いきや、

煮干しとアゴの出汁もそれなりに強く、

ハイブリッドな感じ。

 

口コミを見ると、塩気が強いとの書き込みもあったが、

昆布水でまろやかになることもあって、

個人的にはこのしょっぱさがちょうど良く感じた。

 

また、卓上のワサビによる味変がなかなか相性良く、

これから食べる人は是非お勧めしたいところ。

 

なお、麺量は200gくらいか。

美味しかったからか、さくっと終わってしまったイメージで、

もう少し食べたかったなーという印象。

システム的に大盛りができたか忘れてしまったが、

可能なら麺は増しておいた方が満足度が高いかもしれない。

 

ということで、

たかはしの冷やし麺シリーズ第2弾は、

しじみと昆布のハイブリッドな旨味がたまらない、

豪華な冷やしつけ麺であった。

人気なのも納得のクオリティ。

 

なお、9月末までは歌舞伎町店アトレ川崎店で提供されているので、

ご興味ある方はぜひ!