腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

740. 創作塩つけ麺『富山湾産 蛍烏賊』@巌哲(早稲田):年に一度の蛍烏賊フルコースは食べ逃がし厳禁の超豪華限定!

今回は巌哲さんの蛍烏賊限定を紹介する。

これまで巌哲さんの限定といえば、

鯛をはじめとする白身魚が多かった。

 

そんな中、たまに登場するイカやタコでは、

そこまで美味しそうな出汁が出なさそうだし、

無理に行かなくてもいいかなー、

くらいに考えていた。

 

ただ、Twitterの常連さんの投稿を見てみると、

この蛍烏賊限定は毎回大絶賛されている。

しかも、旬の春先のみ、年1回のお楽しみ

これは何かあるに違いない。

 

しかも、店長さんのブログでの紹介をよく読むと、

甘鯛と帆立を合わせた出汁を使うとのこと。

そうなると、出汁も美味しそうだし、行くしかない。

 

ということで、

開店前に行ってみると、

その人気のとおり20人以上の大行列

幸いにも自分の行った日は30食あるとのことだったので、

食べ逃がす心配はせず、並んでいたのだが、

無くなるまではあっという間であった。

 

実際食べてみての感想は、

・5種の調理法で15杯の蛍烏賊を大満喫

蛍烏賊は酒のアテとしても最高

・烏賊飯茶漬けによる〆も素晴らしい

ということで、

大感動の食事体験であった。

食べることができて本当に良かった。

 

まずこの日は、

翌日がお休みということもあって、

日本酒を注文することに。

 

出てきたのがこちら。

f:id:kenshinkk:20220409165542j:image

「裏死神」というお酒とのこと。

そもそも「死神」というお酒があり、

その死神を作っている酒造の裏メニュー的なものが、

こちらの「裏死神」とのことである。

なお、その酒造さんは6年連続金賞受賞の蔵だそうで、

品のあるきれいな酸と旨味を持つ最高の逸品とのこと。

 

f:id:kenshinkk:20220409165614j:image
f:id:kenshinkk:20220409165547j:image

おなじみのどて焼きをアテにして、頂きます。

一口飲むと、強烈な甘みと酸味がブワっと広がって、

華やかな感じもありつつ、爽やかに抜けていく。

これは美味い。

変にあとに残ったりしないので、料理にも合うし、

いやー久々に美味しいお酒を飲んだ。

 

店長さんの解説によると、

例年よりもコメが溶けすぎて甘みが強くなったらしいのだが、

五百万石特有の酸味も残っていて、不思議な感じとのこと。

個人的には好きな甘さだったなー。

 

あまりの美味しさに1合すべて飲み干したくなったものの、

懸命にこらえて、つけ麺を待つ。

 

そしてやってきたのがこちら

創作塩つけ麺『富山湾蛍烏賊

f:id:kenshinkk:20220409165601j:image

もうラインナップがすごすぎるわけで。

・刺身 ×4

・スチームボイル串焼 ×3

・つけ汁の具 ×4

・沖漬け ×2

蛍烏賊飯 ×2

ということで、

5種15杯の蛍烏賊祭りである。

ひとつずつ見ていこう。

 

沖漬け

f:id:kenshinkk:20220419004005j:image  

まずはこちら。

沖漬けと呼ばれる調理法で、

醤油系の味付けが一般的には多いのだが、

しょっぱさや烏賊の臭みは全くなく

柚子が効いていて爽やかでとんでもなく美味い。

これはお酒に合い過ぎる。

今回ばかりは日本酒を頼んで正解だった。

 

麺+刺身+スチームボイル串焼

f:id:kenshinkk:20220409165550j:image

f:id:kenshinkk:20220409165608j:image

刺身は、辛子酢味噌をたっぷり付けて頂く。

これがめちゃくちゃ合う。

新鮮なホタルイカだからこそできる刺身。

プリプリの歯ごたえも素晴らしいし、

旨味もたっぷり酢味噌の酸味と丁度良い塩梅。

これもまたお酒が進んでしまう。

 

f:id:kenshinkk:20220409165612j:image

スチームボイルされた串焼きの蛍烏賊も最高。

焼きによる香ばしさがプラスされることはもちろん、

スチームの効果なのか、全く固くなっていないのである。

柔らかさを維持しながら、

イカ焼き特有のあの香りも感じられて、

これもまた、お酒のアテとして最高であった。

 

もちろんつけ麺の具としても素晴らしいのだが、

今回ばかりはお酒が足りなくなるレベルだった。

 

つけ汁

f:id:kenshinkk:20220409165603j:image

冒頭にも少し書いたが、

出汁には、甘鯛(身も骨も全て)、帆立柱、昆布

という超豪華な素材たちが入っている。

 

甘鯛系は何度か食べているが、

そのときのえげつないほどの旨味が思い出され、

そこにホタテ昆布の出汁が加わるなんて、

もう最高過ぎて、それだけで良いくらいですよ。

 

ただ、ここにトッピングが、

いつも以上にたくさん入っていて、

蛍烏賊×4

・京都産タケノコ

・菜花おひたし

名古屋コーチン出汁巻

・九条ネギ

・柚子

という超豪華ラインナップ。

 

特に印象に残ったのが、タケノコである。

f:id:kenshinkk:20220409165552j:image

↑この焼き色が付いた美味しそうなタケノコが2本も。

提供直前で焼かれているようで、程よい香ばしさがあり、

それでいて全く固さは無く、柔らかい歯ごたえ

めちゃくちゃ美味しかった。

メンマとは大違い。

 

蛍烏賊めし

f:id:kenshinkk:20220409165606j:image

追加で頼んだ蛍烏賊めしは、

蛍烏賊×2と、タケノコが刻まれたものに、

木の芽の爽やかさがプラスされており、

ご飯に烏賊の旨味がしっかりいきわたっていて、

非常に美味しかった。

 

そこに、スープ割を投入すると・・・

f:id:kenshinkk:20220409165558j:image
f:id:kenshinkk:20220409165545j:image

みごとな蛍烏賊雑炊の完成である。

甘鯛、ホタテの出汁はさらに濃くなり、

烏賊の旨味とも合わさって増幅された気がした。

タケノコ木の芽は、

雑炊で食べる時にもアクセントとして効いていて、

ここまで計算に入っているのかと恐れ入った。

フルコースの最高の〆になりました。

 

 

ということで、

常連さんに絶賛されるのもわかる、

まさに食べ逃がし厳禁の限定つけ麺であった。

 

蛍烏賊一番おいしく食べられる時期に、

5種類の様々な調理法で、

その魅力を多面的に味わうことができ、

蛍烏賊ってこんなに美味しかったんだ」

と改めて、実感したのであった。

 

これは、絶対来年も食べなきゃなー。

またひとつ、食べたいメニューが増えてしまった。

蛍烏賊好きの方は、来年にぜひ。