腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

735. 若鶏のディアボラ風まぜそば@ヤタゼリヤ(九段下):まさに悪魔的なウマさのまぜそば!2週連続のサイゼリヤリスペクト!

先週から2週連続で、

九段下ヤタゼリヤにやってきた。

(前週の記事)

kenshinkk.hatenablog.com

 

ヤタゼリヤ2weeksの2週目は、

こちらも超絶大人気メニューの

若鶏のディアボラ風

が元ネタとなっている。

 

なお、ディアボラ風とは、

イタリア語で「悪魔の、悪魔風の」という意味で、

どのあたりが悪魔なのかはよくわからないが、

・鶏1羽を開いて焼いた姿が悪魔に似ている

・唐辛子や香辛料をたっぷりかけた味付けが悪魔のよう(赤く燃え上がる)

など、諸説あるらしい。

 

今回の感想をまとめると

・悪魔的なウマさの鶏もも肉の再限度が半端ない

・香味野菜ソースはまぜそばにもライスにも合う

・たらこのシシリー風ライスはおかわりしたい美味さ

ということで、3個には収まりきらず、

全部は語り切れなかったので、以下詳細。

 

まず今回のメニューがこちら。

f:id:kenshinkk:20220312100223j:image

斜めからのため、見づらくて申し訳ないが、

・若鶏のディアボラ風まぜそば

・たらこと白子のシシリー風ライス

・辛味チキン

・青豆とマキシマム濃い卵の温サラダ

という超豪華ラインナップ。

 

辛味チキン1日10食と書かれていたため、

前に10人以上並んでいた段階で諦めていたのだが、

店員さんに注文しようとすると、

まさかのまだ残っているとのこと。

何という僥倖!

フルセットで注文することができた。

というか、おそらく10食以上用意してくれていたのだろう。

 

まずは、食前茶から。

f:id:kenshinkk:20220309231309j:image今回はハニールイボスティーとのこと。

蜂蜜入りと言うことで甘いイメージかなと思ったが、

優しい甘さで非常においしかった。

 

青豆とマキシマム濃い卵の温サラダ
f:id:kenshinkk:20220309231311j:image

青豆がめちゃめちゃ多く入っていて、

最初はちょっと量が多すぎるかなと思ったけども、

マヨネーズ風のソースがめちゃウマだったので、

意外とペロリと平らげてしまった。

 

青豆はグリンピース枝豆のミックスに、

エシャレットオイル岩塩、少しのレモン汁でマリネされており、

マキシマム濃い卵の半熟味玉を乗せて、

最後に桜大根パルミジャーノのマヨネーズソースをかけているとのこと。

 

食べているときは気が付かなかったが、

このような丁寧な下処理をされていることにより、

美味しさが作られているのだなあと納得。

 

店長さんによると、

どうやら、青豆にはデトックス効果があるらしく、

「ラーメンばっかり食ってる皆さんにはちょうど良いのでは」

とおっしゃっていた。

全く持ってその通りである。

 

辛味チキン

f:id:kenshinkk:20220309231317j:image

本家サイゼリヤのものは結構辛かった記憶があったので、

自分が食べて平気なのか、ちょっと心配であったが、

そこまで辛すぎず、ちょうど良いピリ辛具合であった。

外側はサクッと軽やかでありながら、

中の肉はジューシーでたまらん。

ご飯が進む味付けにもなっていて、

白飯が欲しいー、と叫びたくなる味付けであった。

なお、沢山のスパイスとハーブでマリネされており、

衣にはニンニクパプリカが使われているとのこと。

そりゃどうりでうまくなるわけだ。

 

たらこと白子のシシリー風ライス

f:id:kenshinkk:20220309231304j:image

シシリー風とは、シチリア島のある南イタリア系の味付け、

という意味だとは思う。

ただ、本家サイゼリヤのたらことクリームと海苔、

という組み合わせのスパゲティの一体どのあたりに、

南イタリア要素があるのだろうか?

そんな疑問を抱きながらも、美味いものは美味いので、

納得して食べ続けてきていた。

今回のサブメニューはそんなシシリー風たらこスパライスアレンジ

パスタの代わりにご飯になっている。

ご飯はガーリックライスに、

パセリ春菊ハーブのオイルを合わせたものだそうで、

ライス単体でもめちゃくちゃな美味さ。

だが、メインであるソースが神過ぎた。

白子を白ワインで蒸してクリームチーズ豆乳チェダーチーズを加え、

そこにたらこを合わせて塩味を補ったというそのソースは、

スプーンが止まらなくなるほどの旨味の塊

あのたらこスパの、病みつきになる美味さを再現しながらも、

より旨味を濃厚にさせた感じ。

それでいて、豆乳やチーズがベースになっているからか、

まったくしつこさが無いのである。

これは何杯も食べられてしまいそう。 

上に乗ってるのはおそらく何かしらの漬物と思われ、

程良い酸味と爽やかさを提供してくれた。

辛味チキンと共に、完食してしまいたい欲を必死に抑えて、

麺を待ったのであった。

 

若鶏のディアボラ風まぜそば

f:id:kenshinkk:20220309231314j:image

まずこのビジュアルの再限度がすばらしい。

ソースが添えられているところまでレンゲで再現されている。

芸が細かくて感動した。

 

そして、鶏肉がとにかくでかい

これは本家よりもでかいのではなかろうか。

また、食べやすいようにと、ナイフが添えられているので、

分厚い鶏モモ肉をザクザク切り進めていく。

切り終わったところで、

早速添えられているタレを・・・

f:id:kenshinkk:20220309231306j:image

上から振りかけていき、一気に混ぜていくと・・・

f:id:kenshinkk:20220309231319j:image

こんな感じになる。

いやーめちゃくちゃうまそう。

 

さっそくタレをまとった麺からいただくと、

タレと香味野菜とオイルの旨味が一気に押し寄せて、

幸せな気持ちに包まれる。

本家サイゼのソースの旨味だけを何倍にも増幅したような味で、

懐かしさと美味さの相乗効果が凄い

なお、オイルは厳選した鴨の脂焦がしバター

カエシは赤ワインベースの醤油ダレ

となっているそうで、そりゃうまいはずである。

 

また、モチモチかつ弾力のある麺のすすり心地も最高で、

このメニューのために特注されただけのことはある。

 

そして、メインの鶏肉はというと、

ジューシーな鶏モモの1枚肉であり、

表面はパリッとしていて中はジューシー。

サイズも分厚さもあるため、食べ応えは抜群。

さらには、鶏の上に乗るイタリアンパセリと玉ねぎのソースが、

程よい辛みと爽やかさをプラスしてくれて非常に美味しい。

後からかけるレンゲのタレも抜群で、

バルサミコたまり醤油水飴による、

酸味、塩味、甘味のバランスが素晴らしい。

あまりに美味すぎたので、

白飯があったら軽く一杯は食べていただろうし、

本家サイゼのように白ワインのマグナムがあったら、

軽々一本空いていただろう。

 

また、その下に隠れている、野菜のクリーム和えも見事。

ナス、菜の花、なめこなど、少量だが隠れており、

アクセントとして素晴らしかった。

 

そして、まぜそば最後の締めは、勿論こちら。

f:id:kenshinkk:20220309231301j:image

さきほど残しておいた、

たらこと白子のシシリー風ライスによる追い飯である。

色んな旨味がごちゃ混ぜにはなるのだが、

とんでもなくおいしかった。

 

 

ということで、

ヤタゼリヤ2weekはこれにて終了。

学生の頃によく食べていたメニューたちと、

まさかまぜそばという形で再会することになるとは、

予想もしていなかった。

 

元のイメージを大きく変えることなく、

良いところだけを何倍にも増幅させたうえで、

ラーメンに着地させるという、

店長さんの発想力創作力には毎度のことながら脱帽である。

 

今後も八咫烏さんの限定から目が離せない。