腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

692. 冷たい鴨バジルチーズまぜそば@三極志(三河島):鴨もバジルもチーズも激盛り!贅沢すぎる冷製ジェノベーゼ!

もう夏は終わっているが、

ギリギリ暑さが残っている今日この頃。

なんとか9月が終わる前に、

今年食べた冷やし麺を紹介しきってしまいたいこともあり、

残り2杯だけ書いていこうと思う。

 

まずひとつめは、

シュクメルリ二郎系など、

週替わりの限定メニューを出している

三河島三極志さん。

kenshinkk.hatenablog.com

 

週替わりの限定だけでも大変なのに、

毎週月曜日には、

まぜそばDAYと題して、

さまざまな限定メニューが登場する。

 

月曜日は普段、仕事からの帰りが遅いため、

食べに行くことができないが、

たまたま有給休暇を月曜日に取得したことから、

行くことができた日があり、

今回紹介するのはその時に食べたメニューである。

 

当時は、まだ暑かったので、

気候にぴったりの一杯であった。

それがこちら。

 

冷たい鴨バジルチーズまぜそば

f:id:kenshinkk:20210810211037j:image

丼を覆いつくすほど、

どっさりと乗った鴨ロースチャーシューの上に、

チーズバジルジェノベーゼ温玉が乗っている、

超豪華な冷やしまぜそばである。

 

まず、

主役の鴨ロースレアチャーシューが凄い。

f:id:kenshinkk:20210810211041j:image

こちらの鴨ロースのレアチャーシュー、

赤身部分の旨味脂身の甘味も本当に美味しく、

このクオリティなら何枚でも食べたくなる。

このチャーシューが数枚乗っただけで、

相当な原価になると思われるのに、

7~8枚程度入っていて、ボリュームが凄い。

さらに、絶品のジェノベーゼソースまでついて、

たったの1000円という価格破壊っぷり。

コスパだけでもう最高だなと思わせられる一品である。

 

f:id:kenshinkk:20210810211057j:image

この麺が、三極志さんお得意の平打ち太麺なのだが、

相変わらずのモチモチ感と、

冷やしのためか、いつもよりも歯ごたえやコシがあって

メチャクチャ美味しい。

 

醤油っぽいタレバジルソースとよく合うのだが、

全てを混ぜ合わせていくと・・・

f:id:kenshinkk:20210810211049j:image

温泉卵の卵黄醤油ダレ

さらにはジェノベーゼソースチーズが混じりあって、

なんともたまらない美味しさを作り出すのである。

イタリアンなんだが、卵かけご飯っぽさもあって、

それらを太麺で絡ませていただく。

和洋折衷最高である。

 

そして、〆はもちろんこちら。

 

チーズ追い飯

f:id:kenshinkk:20210810211045j:image
f:id:kenshinkk:20210810211053j:image

完璧すぎるリゾットである。

バジルときたら、これをやるしかない。

パルメザンリゾットも美味しいことこの上ないが、

三極志さんのピザ用チーズをたっぷり使った、

ジャンキーなチーズリゾットも、

たまに食べると、美味しいのである。

 

ということで、

バジルという未知の組み合わせに、

チーズを合わせた独創性あふれる冷やし麺

圧倒的なコスパ味の良さを兼ね備えた限定まぜそばでした。

 

月曜日の限定、ということで、

なかなか今後行く機会は少ないが、

気になるメニューが登場した日には、

ぜひ行ってみたいと思う。

 

さて、今年の冷やし麺も残り一杯

なんとか9月中に紹介したい。