腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

693. 冷やし牡蠣ラーメン@らーめん改(蔵前):濃厚牡蠣出汁ともっちり太麺のコンビネーションが最高な冷製牡蠣ラーメン!

前回記事にて宣言した通り、

冷やしラーメンを9月のうちにということで、

今回が今年最後の冷やしラーメンの記事となる。

 

紹介するのは、

約2か月ぶりとなるさんの限定ラーメン

なお、前回はであった。

kenshinkk.hatenablog.com

このような超濃厚魚介スープの限定ラーメンで、

いつも楽しませてくれるさんであるので、

今回も期待大であった。

 

今回のメニューは、

冷やし牡蠣ラーメン

ということで、

この組み合わせ自体は、

先日、神保町黒須さんでも頂いた組み合わせである。

kenshinkk.hatenablog.com

 

黒須さんは牡蠣自体がべらぼうに美味しかったが、

スープは淡麗系

 

さんのスープはいつも超濃厚なので、

黒須さんとは違った魅力があるのではないかと、

楽しみに列に並んでいた。

 

そして、やってきたのがこちらである。

 

冷やし牡蠣ラーメン

f:id:kenshinkk:20210810211232j:image

いやー、同じ牡蠣ラーメンでもここまでちがうのか、

というビジュアル。

こちらは、完全にスープを牡蠣尽くしにした、

超濃厚牡蠣スープがウリのラーメンであり、

逆にトッピングに牡蠣の姿はない。

ただ、相当な量の牡蠣を長時間炊きだしたスープということで、

着丼時から香りがすさまじい。

 

さっそくスープから一口飲むと、

もう牡蠣の旨味部分だけをすりつぶしたような、

高粘度な濃厚スープが口中に広がる。

これは美味しい。

味は濃厚で、とんでもない量の牡蠣が使われているんだろうけど、

濃すぎてしつこくはなっていなくて、

冷たくてサラッとのめる範疇に収まってるのがさすが、

ただ、太麺にしっかり絡むくらいの粘度は保ちつつ、

この美味しさを表現するのはさすがだと思う。

 

スープが濃厚な牡蠣ラーメンというと、温かいものが多いが、

まさか冷やしで食べられるとは思っていなかったので嬉しかった。

 

f:id:kenshinkk:20210810211228j:image

そしてなんといっても、モチモチ極太麺が最高過ぎる。

もち姫はるゆたかという小麦粉をブレンドしたそうで、

濃厚スープに全く負けていない存在感を誇っている。

モチモチなんだけど噛み切りやすく、

あごが疲れない程度の丁度良いモチモチ加減

毎回、限定麺にぴったりの麺を合わせてくるイメージが多いが、

このコンビネーションを思いつくの凄いなーと思う。

 

トッピングは、

・ロースチャーシュー

・紫タマネギ

・ネギ

・タケノコ

・海苔

ということで、

前述の通り牡蠣は無いが、

正直、スープが超濃厚なので、

トッピングはシンプルで十分である。

 

ロースチャーシューは、

若干レア気味だが、赤身部分が多くて、

ハムに近いタイプのもの。

見た目ほどパサっと感はなくおいしかった。

 

また、特に印象的だったのは、タケノコ

分厚いのが特徴的で、独特の食感が良いアクセント

シンプルだが、的を射たトッピングであった。

 

ということで、

絶品の濃厚冷やし牡蠣スープもっちり太麺のコンビネーションが印象的な、

牡蠣好きにはたまらない冷やしラーメンであった。

黒須さんとはまた違った美味しさがあって良かった。

 

改さんの限定麺不定期ながらいつもクオリティが高いので、

気付いたときにチャンスがあれば行くようにしているが、

また次回を楽しみにしたいと思う。