腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

592. 創作つけ麺「静岡県沼津産 黒ムツ」@巌哲(早稲田):巌哲さん史上最高の黒ムツ!今年最後の限定つけ麺は1年の締めくくりにふさわしい超豪華ラインナップ!

本ブログも、最終日ランキングを除いては、

今回が2020年最後の記事となる。

 

なるべく食べた限定をすぐに紹介したいということで、

イムリーな記事を意識してはいるのだが、

仕事が忙しいこともあり、

食べてから時間が空いてからの紹介になりがちなことは、

今年も反省点である。

 

そんな中、今年中になんとか書ききってしまいたい一杯が、

巌哲さんの2020年最後の限定つけ麺。

 

ちなみに去年のラストはブリだったのだが、

kenshinkk.hatenablog.com

 

今年は黒ムツ! 

 

黒ムツといえば、巌哲さんの限定つけ麺の常連であり、

自分も既に2回食べたことがある魚である。

とはいえ、毎回美味しいので、

一度食べたことがあるからと言って、

知ってるからいいやという気持ちには全くならない。

 

そのうえ、今回の黒ムツは、

店長さんのブログにて、

「僕の知ってる黒鯥ではありませんでした。」

と紹介されており、

この時点で、絶対に食べ逃してはならないと思った。

 

※初の黒ムツ

kenshinkk.hatenablog.com

※2度目

kenshinkk.hatenablog.com

 

これまでの2回は、

塩焼き→幽庵焼き

と来ており、

次は何だろうなーと期待しながら列に並ぶ。

 

すると、

食べ終わった常連さんが店から出てきて、

自分の前に並んでいる常連さんたちと話し始めた。

ネタバレになるから聞きたくはなかったが、

会話の半分くらいは

「ヤバい」

であった。

一体なにがヤバいのだろうか?

 

早く知りたい気持ちもあったが、

同行していた会社の先輩との会話に集中することで、

ネタバレをなんとか回避することに成功。

 

そして、長らく待ったのちに、ようやく入店。

 

今回のラインナップがこちら。

創作つけ麺「静岡県沼津産 黒ムツ」

f:id:kenshinkk:20201213225425j:image

なんとなんと、

今回は刺身が麺の上に乗ってない。

さらには、見ていただくとわかるが、炙りである。

そして、その炙りの横にはカラスミ

出汁の中には何だか見慣れない具材が・・・!

ということでひとつひとつ詳細をみていこう。

 

f:id:kenshinkk:20201213225431j:image

いつもは刺身が添えられているので、

麺単独の写真というのも珍しいかもしれない。

毎回毎回美味しすぎる滑らかでコシのある麺である。

なお、時期によっては麺だけでの販売もしているらしいので、

今度買ってみようかなーと思っている。

 

黒ムツ炙り with 自家製カラスミ

f:id:kenshinkk:20201213225413j:image

この炙りが半端なさ過ぎた。

皮目に近いところは脂が乗っていて、

程よく炙られていることによる香ばしさもありつつ、

身の旨味がギュッと詰まっていて噛むたびに溢れる。

添えられた大根おろしと醤油で食べるのも、

ちり酢(ポン酢)を付けて食べるのも、

わさび醤油で食べるのも、いずれも最高過ぎた。

3枚あったので、しっかり3パターン楽しめた

 

なお、左の2枚と右の1枚は個体が違うとのこと。

今回は3kgサイズ×2ということで、

前回の11kgよりは小さいのだが、

静岡県沖で漁れる黒鯥はせいぜい大きくなっても4kg程度だそう。

黒鯥ではこの静岡沖で漁れるものが非常にいいそうで、

店長さんが

僕の知ってる黒鯥ではありませんでした。

と表現するだけあって、味は本当に抜群であった。

漁場のエサの違いなのだろうか?

産地によってここまで差があるのは本当にびっくりした。

 

そして、値段がつけられないという自家製カラスミ

自粛明けの初回以来の自家製カラスミであったが、

今回もじっくり1年近く熟成されたものとのこと。

さきほど語っていた常連さんがヤバいを連呼してたのは、

おそらくこのカラスミだったのだろう。

ヤバいという言葉しか出てこない気持ちは理解できる。

程よい塩気と、少しかじっただけでも舌に残る強烈な旨味。

これは日本酒を注文しておくべきだったなーと、

激しく後悔したのであった。

 

つけ汁

f:id:kenshinkk:20201213225428j:image

一口飲んだ瞬間、ご飯何杯でもいけると確信したつけ汁。

ツラい仕事を頑張って疲れた体に染み渡ったのであった。

本当に来てよかった。

なお、ガツンとくる黒ムツの強烈な出汁はもちろんのこと、

今回は、後述するホタテのコハク酸が合わさったことにより、

よりコクと深みが増しており、

これまで黒ムツ回の比ではない美味しさであった。

 

中の具もとんでもないラインナップ

・帆立

・ハラミの落とし

・早堀たけのこ

・菜の花

蕾菜

・庄内あさつき

・出汁巻き卵

 

何より、普段と違うのは、帆立の存在

上述しているが、この帆立からも出汁が出て、

コハク酸との相乗効果でとんでもない美味しさになっている。

帆立単体で食べても非常に美味しく、

肉厚で甘味も旨味もたっぷり。

事前にソテーしているのだろうか?

少し香ばしさもあったような気がした。

 

また、珍しいもので言えば、

早彫りタケノコのサクサク感がアクセントとして最高。

これまで食べてきたタケノコよりは柔らかく、

メンマの代わりにしてはグレードアップしすぎだろ!

とツッコみたくなるレベルである。

 

ハラミの落とし

f:id:kenshinkk:20201213225435j:image
f:id:kenshinkk:20201213225417j:image

多彩なトッピングの中でも、

これが神がかり的な美味しさであった。

これまでの2回で、

塩焼き幽庵焼き ときていたのだが、

今回のハラミの落としが断トツで美味しかった。

もちろん、焼きも美味しかったのだが、それを超えてきた。

もはや大トロ?と錯覚するくらいの蕩けまくり感。

断面の写真でわかるように、ミディアムレアな火入れ加減が最高。

食べた瞬間何も考えられなくなるレベルであった。

一口食べた瞬間に、残り半分を茶漬けに取っておくことを決めた。

 

スープ割&〆の茶漬け

f:id:kenshinkk:20201213225407j:image
f:id:kenshinkk:20201213225410j:image
f:id:kenshinkk:20201213225422j:image

ハラミカラスミを残した状態での茶漬け突入。

残っていたわさびも添えて完璧な構成である。

ここ2回は、アジ、サバと青魚が続いており、

久々の白身魚回であったのもあって、

いつも以上の魚出汁感を楽しむことができ、

これぞ巌哲さんと言わんばかりのオーソドックスな出汁。

もう最高であった。

 

ということで、

2020年の締めくくりにふさわしい、

超豪華ラインナップの高級魚つけ麺フルコースであった。

2800円でこれはマジで安すぎるなんてものではない。

 

後に予定さえなければ、日本酒を頼んでいたのに・・・。

それだけが悔やまれるのだが、

来年の楽しみに取っておきたいと思う。

 

 

 

来年もまた、新たな高級魚に出会えることを期待したい。