腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

470. 特製つけ麺@魄瑛(銀座):鶏×しじみ×トリュフオイルの高級感満載かつリーズナブルな一杯!

2018年に銀座にオープンしたこちらのお店。

2018年度TRYのつけ麺ランキング新店部門で3位にランクインしている、

大人のための江戸前つけ麺」というコンセプトのつけ麺を提供するお店である。

 

場所は銀座と東銀座駅の中間くらい。

ビルの2階にあり、エレベーターを降りるとすぐ店内である。

自分が行ったときは並んでいなかったが、行列になったらどうするのだろうか。

 

なお、「烈士洵名※1」や「魚雷※2」などを展開する、

ボンドオブハーツグループのプロデュースということで期待大である。

 

メニューはシンプルに

・ラーメン

・つけ麺

のみ。

 

雑誌には

・銀座プレミアム盛り(オードブル盛り合わせ)

・トリュフ玉子かけご飯

が載っていたのだが、この日は品切れ(材料切れ?)だった模様。

 

雑誌で特集されていたのはつけ麺だったので、今回はそちらをオーダー。

 

特製つけ麺 1200円

f:id:kenshinkk:20191005145952j:image

つけ汁

f:id:kenshinkk:20191005145957j:image

まずは、つけ汁から。

ひとことで言ってしまえば鶏×しじみのWスープである。

口に入った瞬間のインパクトとしては鶏が強いのだが、

後味はしじみの旨味の方が強く、滋味深い味わいが素晴らしい。

丸鶏をベースに煮込んで鳥の旨味を凝縮したタイプの清湯スープに、

青森県産の赤鶏から取った精油を合わせているそう。

写真は鶏油多めに見えるのだが、実際食べてみるとそこまでオイリーさは感じない。

しじみについては、スープはもちろん別でとっているようだが、

それとは別に、注文を受けてからしじみを沸騰させて貝を開かせて出汁を抽出し、

提供の直前に「追いしじみ」することで、強烈な風味を出しているとのこと。

 

麺&トッピング

f:id:kenshinkk:20191005145949j:image

まず麺は、見た目からして表面は非常になめらか。

信州産の厳選した小麦を使っているらしい。

食べてみると、見た目どおりのなめらかさに加えて、意外ともっちりとしている。

小麦というよりは、それとは違う独特な上品な香りがするのだが、

実は、トリュフオイルで香りづけをしているそうで、どうりで上品なわけである。

 

続いてトッピング。

チャーシューとラディッシュの赤が印象的な、非常におしゃれな盛り付けであるが、

まずはだれしも、麺の上に乗っている正体不明の白い物体が気になるかと思う。

 

その正体は

白いもの→江戸前しじみのムース

その上に乗っているもの→白トリュフオイル

である。

しかも、トリュフオイルについては、

銀座の高級トリュフブランドMUCCINI白トリュフオイルであるとのこと。

 

このシジミのムースは濃度が相当高く、

少し混ぜるだけでも一気にシジミの風味が増す。

そのうえ、白トリュフオイルの香りは麺をすするたびに鼻を抜けていき、

独特の風味と旨味とが波状攻撃のように襲い掛かってくる。

それに、鶏スープとの相性も抜群であり、

ムースによって若干クリーミーになったスープもまた美味しい。

↓こんな感じ

f:id:kenshinkk:20191005145954j:image

 

続いて、トリプルチャーシュー。

・和牛ロース

・鴨ロース

・豚肩ロース

という3種なのだが、こういうときに牛が入ってくるのは珍しい気がする。

きちんと丁寧に下処理がなされており、癖の出やすい鴨肉にも全く臭みはなかった。

いずれも旨味が強く出るレアチャーシュータイプで、

しっとり柔らかい。

 

つけ麺後半には、麺にライムを絞って食べるのだが、

柑橘系の風味とコクと甘みが絶妙に絡み合って美味しい。

すだちやレモンとはまた違った美味しさであり、

全体的に洋風だったので、きっとライムが最適だったのだろう。

 

スープ割後

f:id:kenshinkk:20191005145946j:image

割スープは鰹と昆布の出汁がメイン。

ムースのクリーミー感が少し残っているのだが、

昆布がメインということで全体的に柔らかくまとまる感じ。

もともとが濃厚という感じではないので、

スープ割り後は淡麗系ラーメンくらいの濃度になる。

出汁の旨味をしっかり感じ取れる濃度なので、

繊細なスープが好きな人にはたまらないのではないだろうか。

このあたりもコンセプト通り「大人向け」という感じである。

 

ということで、

銀座にふさわしい(?)なんとも高級感あふれるつけ麺であった。 

トリュフ玉子かけご飯が食べられなかったのは残念であるが、

次回行った際には、売り切れていないことを期待したい。

 

※1 烈士洵名の記事

kenshinkk.hatenablog.com

 

※2 魚雷の記事

kenshinkk.hatenablog.com