腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

568. トリュフ香る塩蕎麦@黒須(神保町):破壊力抜群のトリュフの香りにノックアウトされたい方はぜひ!

久しぶりの神保町黒須さん。

※前回記事 

kenshinkk.hatenablog.com

 

前回は夏の限定ということで、冷やしであったが、 

秋の限定は待望のトリュフである。

 

トリュフと言えば、

『Japanese Soba Noodles 蔦』さんや、

『金色不如帰』さん、『篝』さんなど、

有名店がこぞって使っているイメージであるが、

黒須さんの限定では初めて食べるので、

非常に楽しみであった。

 

 

一応メニューとして、

醤油が選べるのだが、

twitterの常連さんたちは皆こぞってを食べていたので、

今回はを選択。

 

天草大王の時もそうだが、

通な人ほど塩で注文して、

その違いを味わおうとする人が多いようである。

 

トリュフ香る塩蕎麦

f:id:kenshinkk:20201001135155j:image

スープはいつもどおり黄金色の透き通った塩スープ

ただ、違うのは、着丼の瞬間からわかるその香りである。

言わずもがな、その正体はトリュフ

トリュフそのものが乗っているわけではないので、

おそらくトリュフオイルなのだと思うが、

かなり強烈な香りが鼻を突き抜ける。

その幸せな香りに、軽く頭がクラクラしつつ、

さっそく一口目をいただくと、

いつもの重厚な鶏スープの旨味トリュフの香りが素晴らしいマッチ。

味を邪魔しない程度に香らせるバランス感覚が凄まじいと思う。

篝さんの鶏白湯×トリュフも良かったけど、

鶏清湯×トリュフも負けないほど美味しい。

 

トッピングは、

薄切りで大判の低温調理チャーシュー

バラロースの2枚構成。

勿論文句なしに美味しい。

他は三つ葉大きなメンマが2本。

 

とにもかくにも、これで1200円は恐ろしいコスパである。

いやーこれは病みつきになりそう。

 

なお、もちろん150円の超絶コスパの肉飯も、勿論注文したのであった。

↓肉飯

f:id:kenshinkk:20201001135159j:image

肉飯の感想は以前書いているため省略。

※肉飯の感想回

kenshinkk.hatenablog.com

 

ということで、

トリュフと鶏スープのマリアージュに、

完全にノックアウトされた私は、

久しぶりにスープを完飲。

肉飯ももちろんサラッと食べ切り、

食べ切った後に、雑炊化し忘れることに気付くという失態。

それほど我を忘れて食に集中させられた、

そんな一杯であった。

 

これは来年の秋も食べに行きたいと思う。

いつまでやっているかわからないので、

まだ食べていない方はぜひ。