腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

761. 鶴嶺峰つけ麺@らー麺土俵 鶴嶺峰(鶴見):ちゃんこを思わせる独特なトッピングにオーソドックスな豚骨魚介スープの激ウマつけ麺!

念願の初訪問シリーズ。

 

今回は鶴見にある名店

らーめん土俵 鶴嶺峰

さんに訪問してきた。

 

家からは少し距離はあるのだが、

たまたま横浜方面に行った時の帰りに寄ることに。

 

f:id:kenshinkk:20220506232502j:image

店長さんは、元々お相撲さんをされていた方だそうで、

店内は相撲の関連グッズが並んでいた。

 

先に感想をまとめると

・独特すぎる特製トッピングが横綱級の美味さ

・眠りチャーシューのクラシックな美味さ

・パルメザンチーズ×豚骨魚介の新感覚リゾットが美味い

 

雑誌等ではつけ麺が絶賛されているので、

注文するメニューはつけ麺で確定。

 

なお麺の量が番付に対応しており、

それぞれ名称と麺の量(つけ麺時)は

十両(女性盛り150g)

幕内(並盛250g)

小結(大盛350g)

関脇(特盛450g)

大関(デカ盛り600g)

横綱メガ盛り700g)

とある。

f:id:kenshinkk:20220506232442j:image

今回はさすがに標準の幕内を選択。

 

また、トッピングとサブメニューは、かなり迷った。

わざわざ鶴見まで来て、

デフォルトだけというのも勿体無いので、

何かつけたかったが、サブメニューの種類も豊富。

店長さんがお相撲さん出身ということもあり、

とんでもないボリュームが予想される。

最近胃の容量が減ってきた気がするなぁと思いながらも、

今回はお腹が減っていたので、

以下の4種を強気に注文することに。

・つけ麺(幕内)

・特製トッピング

・眠りチャーシュー

・おじっとめし

 

 

鶴嶺峰つけ麺(幕内)

f:id:kenshinkk:20220506232448j:image

つけ汁

f:id:kenshinkk:20220506232451j:image

麺+トッピング

f:id:kenshinkk:20220506232439j:image

実際食べていくと、

まず麺は極太でもちもちの全粒粉入り

スープは王道豚骨魚介なのだが、若干甘め。

かなりとろっとしてるけど、しつこくはない。

これは麺が進むつけ汁である。

さらにつけ汁の中には、

三つ葉、ねぎ、つみれ、お麩、油揚げ

と標準でもかなり具沢山。

中でもつみれはクオリティが高く、嬉しい。

 

さらに今回はいわゆる特製だったので、

麺の上に海苔餅巾着ほうれん草豚バラ味玉

という豪華なトッピングが付き、

ちゃんこを思わせるような具沢山ぶり。

 

特製がチャーシューでなく豚バラというのは珍しいが、

スープとの絡みは良好であり、

味付けも濃くなくて丁度良かった。

また、珍しかったのは、ほうれん草の胡麻和え

地域柄、家系を意識してのほうれん草なのかもしれないが、

これが意外とつけ汁との相性も良く、

栄養補給としても良かったのではないかと思う。

また、もち巾着はボリュームがものすごく

かなり腹にたまるので、並盛にしておいて正解だった。

 

眠りチャーシュー

f:id:kenshinkk:20220506232456j:image
f:id:kenshinkk:20220506232453j:image

なお、特製トッピングでも、

チャーシューがつかないという珍しい構成なので、

たまらず追加トッピングの眠りチャーシューを追加。

1週間熟成させたという自家製チャーシューは、

その熟成のおかげか、食感が超絶ホロホロ

あの分厚さでこの柔らかさは普通はあり得ない。

味も染みわたっていたし、美味すぎた。

でも今回は、量的には2枚で丁度良かった。

今回は、2枚にしておいて正解だったと思う。

 

おじっとめし

f:id:kenshinkk:20220506232445j:image
f:id:kenshinkk:20220506232500j:image

そして最後のおじっとめしが凄すぎた。

大量のパルメザンチーズにごはん、

それをそのままつけ麺のスープに投入するという、

凄い発想である。

見た目は超絶ジャンキーなのだが、

味としては意外と丁度良くなっており、

粉チーズ好きにはたまらないリゾットであった。

カロリーはきっとすごいことになってるんだろうなあ、

という背徳感に苛まれながらも食べ切ると、

もう満腹も良いところ。

あと少し多ければ食べ切れないほどのギリギリであった。

 

 

ということで、

鶴見の名店に初訪問したわけであるが、

食べ盛りの時に来たかったなぁと思うほど、

誰もが満足できるボリュームと、

美味しさを兼ね備えた、つけ麺の名店であった。

せめて、あと数年早く知っていれば、

関脇くらいは倒せたかもなあ、

と思いを馳せながら店を後にした。