腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

765. 特製つけ麺@麺屋周郷(新橋):完成度が高すぎる!すべての要素が洗練されている濃厚つけ麺!

念願の初訪問シリーズ。

今回は、新橋にある、

麺屋周郷さんにやってきた。

 

結構前から、

新橋に新しいつけ麺屋がオープンした

という情報は聞いていたが、

行列になっていたので、

時間の都合などでなかなか行けず。

ようやく行くことができたので、

記事化していこうと思う。

 

つけ麺専門店ということなので、

メニューはつけ麺オンリー

もちろんトッピングなど、

選ぶことができる要素は存在するが、

ラーメンすら存在してないのは凄い。

一点集中も個人的には全然ありだと思う。

 

なお麺量は、

小盛り(150g)、中盛り(200g)、大盛り(250g)が

同一料金で選択することができるのだが、

この日は、スープ割まで、

しっかり味わいたかったので、

中盛りにすることにした。

 

そして、運ばれてきたのがこちら。

 

特製つけ麺(中盛)

f:id:kenshinkk:20211106172210j:image

麺・スープ・トッピングがそれぞれ独立

豪華絢爛なビジュアルである。

お膳に乗っていて、非常に上品。

 

スープ

f:id:kenshinkk:20211106172216j:image

厳選された豚・鶏・5種類の魚超高圧で炊いたという

超濃厚なスープ。

粘度が高く、ドロドロ感が強いのだが、

若干フワフワに近い食感もあり、全く重さは感じない。

麺をつけてすすると、口の中でブワッと広がる強烈な旨味。

ここまで洗練された豚骨魚介スープは久々であった。

お店の説明によると、2.6気圧136℃で炊いているそうで、

その圧力と温度の設定に至るまでに、

きっと何度も試行錯誤されたと思われる。

その努力には、感謝しかない。

 

またそこに、柚子、玉ねぎ、芽ネギ薬味トリオが、

清涼感をプラスしてくれているので、

最後まで飽きずに食べることができた。

 

スープ量は、

中盛の麺に対しての分量としては丁度良かった。

大盛で同じ量だったとしたら、

スープ割以後のことを考えると、

少し足りなかったかもしれないという程度。

 

f:id:kenshinkk:20211106172221j:image

菅野製麺と共同開発したという特注中太ストレート麺

これがめちゃくちゃうまい。

滑らかな舌触り豊かな小麦の香りが素晴らしすぎる。

モチモチ感も強いのだが、食べやすい柔らかさ

とてもバランスがいい麺だと感じた。

なお、福岡県産の小麦を100%使用しているそうである。

これは、大盛でも良かったなぁ。

 

麺の上に乗っている半熟味玉も、

トロトロの半熟具合も素晴らしく、

味も程よい塩加減で絶品。

 

海苔は提供直前に炙っているというこだわりようで、

パリッとした食感が最高であった。

 

トッピング
f:id:kenshinkk:20211106172224j:image

こちら、特製のトッピングである。

肩ロースとバラの豚チャーシュー

鶏チャーシュー

メンマ筍ゆば

というラインナップ。

提供直前に目の前で炙られる各チャーシューは、

香ばしさとジューシーさがたまらない。

また、あまり見ないのは、筍ゆば

筍の柔らかい姫皮のみを使用したもの、

だそうで、仄かな塩加減で美味しかった。

 

スープ割
f:id:kenshinkk:20211106172218j:image
f:id:kenshinkk:20211106172226j:image

スープ割りがまた圧巻である。

注文すると、スープ割り用のお皿が別で提供される。

左から刻み玉ねぎ、チャーシュー、ゆかりご飯

このサービスは嬉しい。

 

なお、ご飯を入れるとこんな感じ。
f:id:kenshinkk:20211106172213j:image

梅の酸味と、スープの旨味がうまく溶け合って、

非常に美味しい雑炊でした。

ゆかりご飯雑炊は初めて食べたかもしれない。

量も一口サイズで丁度良かった。

 

ということで、

新橋の新星つけ麺屋に訪問したわけだが、

全ての要素が洗練され過ぎて

最初から最後まで感動しっぱなしであった。

 

すでに大行列必至の名店となっているが、

これからも、時間ができたら、

たびたび行きたくなるお店だなと感じた。