腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

620. ジョニーの味噌ラーメン@ジョニーの味噌(三ノ輪橋):唯一無二の極太麺がやみつきになるド濃厚味噌ラーメン!

季節的にちょうど桜が満開ということもあるので、

今回から、数回にわたって、

東京さくらトラム沿線シリーズ

をお届けしたいと思う。

東京さくらトラム=旧都電荒川線

 

記念すべき初回は、

もちろんその始発駅である、

 

三ノ輪橋からスタート

 

そこから徒歩1分圏内にあるのが、

今回紹介するジョニーの味噌さんである。

私の地元入谷から1駅の三ノ輪にあるラーメン屋さんで、

東京メトロ日比谷線三ノ輪駅からも徒歩5分以内なので、

そちらからもアクセス可能である。

 

もともと存在は知っており、

行くチャンスは何度もあったのだが、

三ノ輪には有名店「トイボックス」さんがあり、

三ノ輪に行くときはそちらに行ってしまっていた。

 

今回、ふと濃厚な味噌ラーメンが食べたいなぁという、

気持ちになった際に、こちらのお店の存在を思い出し、

初訪問することとなったのである。

 

限定メニューもあったのだが、

今回は初回ということもあって、

レギュラーのジョニーの味噌ラーメンを選択。

肉も食べたい気分だったのと、ネーミングにも惹かれ、

チャーシューもりもり

を選択した。

 

ジョニーの味噌ラーメン(チャーシューもりもり)

f:id:kenshinkk:20200605142526j:image

ご覧の通り、メニュー名に相応しい盛りっぷりである。

まずは、スープから。

 

見た目通り、非常に濃厚な味噌の効いたスープであり、

粘度のあるコッテリ系の、

これぞ味噌ラーメン、というスープ。

豚骨と野菜の濃厚なスープをベースに味噌を効かせている感じで、

塩分濃度は若干高め

ただ、後述する極太麺と、

各種トッピングたちを混ぜてたべていくと、

そこまでしょっぱくも感じず、

むしろここまでの塩辛さが無いと物足りなくなるレベルであり、

全体的には非常にバランスの良い一杯である。

 

先にトッピングの方を説明すると、

丼の縁に並べられたチャーシューは、

見かけによらずシットリして食べ応えあり

チャーシューをスープに沈めて温めてから食べると、

非常に美味しくなるのでおススメである。

 

また、

もやしコーンという味噌ラーメンにはマストなトッピングたちも、

濃厚スープとの相性は言わずもがな抜群であり、

そこにシャキシャキのキャベツや、

白髪ねぎの存在が非常に良いアクセントとなっている。

 

f:id:kenshinkk:20200605142529j:image

こちらのお店は何よりこの極太麺が特徴的。

うどんのような超極太な自家製麺は、

モチモチとして非常に食べ応えがある。

他のラーメン店ではあまりないと思われる極太さであり、

この太さの麺があるから、少々塩気強めのスープが合うのである。

今回は大盛にはしなかったが、

この極太麺は非常にボリューミーなので並盛で十分であった。

 

そして、それでも足りない人向けということで、

以下のサービスがある。

 

↓サービスごはんによる即席雑炊

f:id:kenshinkk:20200605142523j:image

麺だけですごいボリュームなのに、

なんとライスがセルフサービスで食べ放題なのである。

学生の頃に行っておけばよかったーと激しく後悔した。

 

今回は、チャーシューもりもり麺のボリューム

腹八分目に近づいていたので、

ご飯は超軽めに盛ったうえで、

チャーシューともやしを乗せてスープをかけて、

雑炊タイプにして頂くことにしたのであった。

いやー、腹いっぱい。

 

ということで、

唯一無二の極太麺と、ド濃厚なスープを楽しみたい方には、

ぜひおすすめしたい一杯であった。

 

他に
・つけ麺

・辛みそ

・海老味噌

・黒マー油

などのバリエーションがあったので、

 

お腹がすいたときにでも違うバージョンを味わってみたい。

 

ということで、第2回に続く。