腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

606. 豆腐らー麺@MANNISH(浅草):塩生姜のじんわりスープに豆腐餡とスパイス!寒いうちに食べるべき体が温まりすぎる一杯!

塩生姜ラーメンの名店であるMANNISHさん。

kenshinkk.hatenablog.com

 

サッパリしていて食べやすいラーメンであり、

オープン当初に行って以来、徐々に人気が出始めた。

 

神田店は淡路町に移転して大きくなり、

亀戸店もできるなど、徐々に勢力を拡大していているようだった。

 

そんな中、

たまたま目に入ったMANNISHの店員もぐらさんのツイッター

これまでは「神田のみんなやっぴー」だったのだが、

いつのまにやら「浅草のみんなやっぴー」に変わっていた。

 

お!移転したのかな?

と思いきや、

浅草店オープンしたとのこと。

 

駒形橋の近くで営業されていた麺駒というお店を

リニューアルする形でMANNISH浅草店となった模様。

最近引っ越して、浅草が近くなったこともあり、

行ってまいりました、浅草店。

 

訪問した日のメニューは、

・塩生姜らー麺

・塩生姜つけ麺

・豆腐らー麺

であったが、

今回は豆腐らー麺を選択。

冬の間の定番限定だとは知っていたが、

実はまだ食べていなかったのでいい機会であった。

 

そしてサブメニューの丼には、

もぐらの生炒飯丼

を選択。

一瞬、生焼豚丼に見えて、

レアチャーシュー丼なのかなーと思った。

しかし、よくみたら「なまチャーハン丼」だった。

なんだこれ?と思ったが、

興味本位でいってみることにした。

 

豆腐らー麺

f:id:kenshinkk:20210206204151j:image

これがうわさの豆腐らー麺か。

スープは鶏ベースの塩清湯スープでレギュラーと変わらず。

違うのは、器からあふれんばかりの大量の豆腐と、

全体的にアツアツの餡がかかっていること。

 

その餡のおかげで、スープが冷めにくくなっており、

最後まで温かい状態で食べ続けることができるので、

本当に寒い日にこそ食べるべき一杯となっていた。

かなり熱いので猫舌の方は要注意

 

一口飲めば、いつもの生姜のビシッと効いたスープにより、

一瞬にして体の中からポカポカしてくるわけだが、

餡に黒コショウを中心としたスパイスが数種類掛かっていて、

いつもに増して体が温まる仕様となっている。

 

豆腐は、絹ごしタイプで、若干崩れやすいので、

食べ進めるときは注意が必要。

鶏チャーシューはいつものとおりしっとり柔らか

青菜、ネギは、シャキシャキでスープとも相性抜群。

 

レギュラーの塩生姜ラーメン同様、

食べ進めていくと、丼の底に沈んだ生姜により、

生姜感がだんだん強くなり始めてきて、

生姜好きにはたまらない。

 

生炒飯丼

f:id:kenshinkk:20210206204157j:image

考案者のもぐらさんから

「味が薄かったら言ってくださいね」

というお言葉と共に提供されたこの丼。

目の前に登場してタイトルの意味に納得した。

チャーハン味の生卵かけごはんってことね。

 

実際食べてみるとその通りで、

TKGの良さも残しつつ、しっかりチャーハン味になっている。

卵以外は、ネギとひき肉とコショウとニンニクとごま油?

目をつぶって食べたら確かにチャーハンなのである。

 

味は薄いことはなくちょうど良かったと思うが、

ただ、以前食べたよだれ鶏ご飯が美味すぎたこともあり、

それと比べると若干割高かなー、という気はする。

でも、サブメニューとしては秀逸でした。

家でも似たような丼作ってみようかな?笑

ともあれ、さらなるバージョンアップを期待しております。

 

ということで、

寒い日には最高の豆腐らー麺でした。

帰りは上着がいらないくらい体ポカポカになりました。

 

次なる限定メニュー考案中とのことだったので、

楽しみに待ちたいと思います。

 

※MANNISHさんの他記事

kenshinkk.hatenablog.com

kenshinkk.hatenablog.com