腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

506. 豚バラと冬野菜の塩生姜タンメン@二階堂(九段下):昔懐かしい味のタンメン!身も心も温まりたい人はぜひ!

記事にしたいラーメンがたまってきてしまっているのだが、

今書いておかなければならないメニューを優先ということで、

寒い時期に美味しいラーメンや冬季限定ラーメンを優先して記事にしようと思う。

 

今回訪れたのは、九段下二階堂さん。

九段下が最寄りであるが、飯田橋からも徒歩圏内

九段下の有名店、八咫烏さんよりも飯田橋寄りである。

 

 

いりこそばや味噌ラーメンも食べているのだが、

冒頭にある通り、今回は先に冬季限定メニューを紹介する。

 

豚バラと冬野菜の塩生姜タンメン

f:id:kenshinkk:20200227223859j:image

見た目からして健康そうな一杯。

トッピングとしては、

・生姜

・豚バラ肉

・もやし

・人参

・白髪ネギ

・白菜

・きくらげ

・小松菜

・紫大根

といったところ。

たくさんの野菜が乗っていて、野菜不足が解消できそうである。

 

それらの野菜が浸かるのは、

中華料理屋で食べたタンメンを思い出させるような滋味深いスープ

とにかく優しく柔らかい、という印象が強い。

タンメンといえば東京駅などにあるトナリさん(※1)が有名だが、

トナリさんのような濃厚さや炒め油感は全くない。

それでも安い中華屋のタンメンのような物足りなさは全く感じないスープなのが、

正直凄いと思う。

 

 

また、塩×生姜といえば前回記事のMANNISHさん(※2)があるが、

そこまで生姜の主張が強いわけでもなく、

でも身体が温まるレベルで生姜はしっかり入っており、

いい意味で丁度良いレベルを保っているのである。

 

 

 

また、後半にさしかかるにつれて、

トッピングの野菜から、スープにどんどん旨味が溶け出していくので、

時間が経過するごとにどんどん美味しくなっていくのである。

これは粋な一生さん(※3)と同じやり口である。

 

 

 

 

ということで、

昔懐かしいタンメンで身も心も温まりたい、

という方にはぜひおすすめしたいラーメンであった。

 

2月から始まったらしいのだが、

冬季限定ということなので、おそらく3月までと推測される。

まだの方は、お早めに。 

 

※1 トナリさんのタンメン

kenshinkk.hatenablog.com

※2 MANNISHさんの塩生姜ラーメン

kenshinkk.hatenablog.com

※3 粋な一生さんの味噌ラーメン(野菜から旨味を溶けださせるスタイル)

kenshinkk.hatenablog.com