腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

596. NOT FOUND 和牛と雲丹@八咫烏(九段下):矛盾しあったいくつものことが正しさを主張しているよラーメンって奥が深いんだなぁ!

昨年から通い始めた八咫烏さん。

昨年末は海老丸さんとのコラボ↓での大感動が記憶に新しい。

kenshinkk.hatenablog.com

 

これだけ昨年お世話になったお店の年始1発目の限定となれば、

当然行くしかない。

 

ということで、新年の挨拶がてら、

開店初日である1/6に訪問することにした。

 

今回の食材は

和牛と雲丹

初回から最高の組み合わせ。

年始からめでたいかぎりである。

 

さらに、

学生時代から聴き続けてきた

Mr.Childrenさんの

NOT FOUND

がテーマ曲。

 

昨日探し当てた場所に今日もジャンプしてみるけど

何故かNOT FOUND 今日は NOT FOUND

 

このCメロの切なさが大好きである。

ウッチャンが主演のドラマ:バスストップが懐かしい限り。

今回のサブタイトルも、

歌詞から引用させていただきました。

 

 

さて、

この日はまだ緊急事態宣言発令前だったので、

営業時間に割と余裕はあったのだが、

着いたのは19:30頃。

 

丼ものは25食限定とのことだったので、

終わっちゃったかなーと思っていた。

案の定、目の前でメニューが剥がされてしまい、

終わった…と落胆していた数分後、

注文の順番が回ってくると、

店長さんの「あと1つできるよ」との御声がっ!

なんという僥倖・・・!

本当にありがとうございます!

 

年始から、貴重なラス1に滑り込めるなんて…

今年一年いいことありそうである。

いやー、年末コラボ行った甲斐があった。

 

ということで、まずはいつものお茶から

 

山椒緑茶 f:id:kenshinkk:20210109141812j:image

ホットな山椒緑茶であり、

年末の八咫烏さんコラボの時のお茶に似ている感じ。

あの時よりも緑茶感が少なめでスッキリ感が増していた。

これまたどんな料理にでも合いそうなお茶であり、

実際、料理の合間合間に飲むのは最高であった。

 

大人のツナマヨ 

f:id:kenshinkk:20210109141815j:image

そしてこれがラス1の丼。

ツナマヨということで、

茶色いツナを想像していたのだが、

ツナ(まぐろ)がまさかの生!

 

さらになんとこちら、インドネシアの本マグロとのこと。

最高級品じゃねえか!

 

左側の赤い方は、中トロであり、

オリーブオイルニンニクマリネしているらしい。

口に入れるや否や、蕩けんばかりの柔らかさ。

そしてニンニクが効いてパンチも抜群。

これはご飯が進むやつ。

 

右側のネギと共に和えられている方は、部位は中落ち

醤油を倍入れて作った味玉九条ネギと和えられている。

こちらもご飯にとんでもなく合う。

正直、ごはんがこの倍ほしかったくらい。

 

そして、極めつけは、上に乗る生海苔とワサビのソース

卵白を入れないで作ったマヨネーズがベースであり、

オマケとしてキャビアが乗せているとのこと。

このソースが尋常ではなかった。

ワサビのピリッと感に酸味と塩気が良いバランスで、

ふたつのマグロに合うのはもちろんのこと、

このソースとご飯だけでも全然1杯いけてしまうくらい美味い。

まさに、究極的なツナマヨであった。

いやー、これ食べられたのは大きい。

 

NOT FOUND 和牛と雲丹

f:id:kenshinkk:20210109141807j:image

いよいよメインの麺である。

タイトルに雲丹とあったので、

この黄色いのがウニのソースなのだろうか?

と思って食べてみると、甘い。

これは雲丹の感じではないな、あれ?

と思っていたら、店長さんから説明が。

 

スープは、

さつまいも白菜人参を無水調理したもの?をベースに、

豆乳和だしと一緒に混ぜているとのこと。

どうりでこの甘みは野菜だったのか、と納得。

じゃあ、ウニはどこだ?と思って聞いていると、

まさかの

牛脂新鮮な生うに麺に練り込まれているとのこと。

ひとすすりしてみると、強烈な雲丹感が!

高級な雲丹を使っているらしく、半端ではない存在感。

いやー、これは美味い。

 

そして、もう一つの主役の和牛は、2種類のチャーシュー。

まず一つ目は、タン

ネギ油オイルコンフィされているということで、

完全に火が入っていて一見すると硬そうに見えるのに、

めちゃくちゃ柔らかくて旨味もしっかり。

ネギの旨味もしっかり肉に移っていて、

ほんと何枚でもいけちゃう美味しい牛タンであった。

 

ふたつめは、ホホ肉

一朝一夕ではたどり着けない圧倒的な柔らかさと旨味

もうね、これは単体で発売されてたら買いたいレベル。

店長さんの解説によると、

一度沸騰させたお湯で10分炊いたのち、

醤油みりん煮切りにつけて真空パック70℃で、

なんと8時間寝かせているとのこと。

仕込みが超絶大変で毎日やるのはきついと仰っていた。

いやーそれだけ手のかかる仕込みのおかげで、

こんな感動的な味が体験できていると思うと、

本当に頭が下がる。

新年から感謝しかない。

 

他のトッピングとしては、

オニオングラタンの乗った海苔ラスクも激ウマ。

スープを吸う前のカリカリ感が残っているうちに半分、

残り半分はスープを吸ってひたひたになった頃に食べた。

いわずもがな、最高であった。

 

 

 

本当は、丼のご飯を残しておいて、

ここで投入したいところであったが、

ツナマヨがあまりに美味しすぎて、

既にご飯を食べ切ってしまっていたのが、

今回の唯一の反省点である。

 

ということで、

新年から、あまりに美味すぎる独創的な限定であった。

今年も八咫烏さんの限定から目が離せないなーと、

改めて思った次第である。

 

緊急事態宣言が出てしまったので、

行く回数は減らさざるを得ないかなとも思うが、

これからも応援していきたいお店なので、

自粛要請が明けたらたくさん行きたいと思う。