腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

597. 創作塩つけ麺「鹿児島県産 白星笛鯛、岩手県大船渡産 大羽イワシ、千葉県富津産 閂」@巌哲(早稲田):新年早々豪華すぎる高級魚3種の共演!〆は豪華な鯛茶漬け!

2年前より通っている巌哲さんの新年限定

 

タイトルにあるように、

新年1発目ということで、

超豪華3本立てである。

 

ラインナップは

白星笛鯛(しろぼしふえだい)

大羽イワシ(おおばねいわし)

閂(かんぬき)

 

これまで、多くの限定つけ麺を食べさせていただいたが、

3本立ては今回が初。

しかも、調べてみると、

白星笛鯛は、フエダイの中でも最高級品で、

世界一美味しい熱帯魚ともいわれているとのこと。

 

大羽イワシイワシの中で最も大ぶりで最高級品。

 

は、サヨリと呼ばれている魚の特大サイズのもので、

キロ単価が白星笛鯛の倍という超高級品とのこと。

 

そんな3本立て、食べに行かなきゃ絶対に後悔する!

ということで、

これまでで最高額の3000円という驚愕の価格であったが、

迷わず、早稲田へと向かったのであった。

 

今回は、新年初回ということもあり、

久々に日本酒も注文。

残念ながら、どて焼きは売り切れだったのだが、

初めてのアテである白菜の漬物をかじりながら、

つけ麺を待つことに。

 

日本酒(佐久の花 樽酒)
f:id:kenshinkk:20210109182708j:image
f:id:kenshinkk:20210109182721j:image
f:id:kenshinkk:20210109182705j:image

今回の日本酒は、

佐久の花 樽酒

無濾過生原酒ということで、

口当たりはスッキリ滑らかで飲みやすいものの、

日本酒感はかなりがっつり目であり、

すきっ腹に強烈に効く一杯であった。

ただ、後に出てくる刺身や天ぷらとの相性は、

とにかく抜群すぎたわけで、

このお酒を出して頂いた店長さんには感謝である。

 

そんなわけで、登場したつけ麺がこちら。

 

創作塩つけ麺「鹿児島県産 白星笛鯛」「岩手県大船渡産 大羽イワシ」「千葉県富津産 閂」

f:id:kenshinkk:20210109182742j:image

年始ならではの豪華すぎるラインナップ

・刺身

・麺+天ぷら

・スープ

まず刺身が2種というだけでも超豪華なのに、

さらにそこに天ぷらもついてくるという大サービスぶり。

いやーすげえ。

巌哲さんの天ぷらは初めてなので期待大である。

 

 

刺身 
f:id:kenshinkk:20210109182715j:image

ラインナップは

・閂(特大サヨリ)刺身

・白星笛鯛刺身

・春香うど皮きんぴら

刺身はなんと3枚ずつ!

そしてきんぴらもついてくる豪華っぷり。

 

今回は、お皿の上におろし生姜とおろし山葵。

白星笛鯛には山葵、

閂には生姜をつけて食べる。

 

まず白星笛鯛は、口に入れたスッと静かに溶けていった。

正直、僕の知っている白身魚の溶け方ではなかった。

それだけ脂が良く乗っていたし、柔らかくて絶品すぎた。

日本酒と合わせると最高である。

これは高いのも納得の味であった。

 

続いて

正直食べるのは初めてであったが、

生姜とすごく良く合う。

こちらは脂が少なくて、

蕩けるというよりはしっかり歯ごたえあるタイプだが、

コクがあって旨味が強くて美味しかった。

 

 

麺+天ぷら

f:id:kenshinkk:20210109182711j:image

今回の魚の中で、値段的にはイワシが一番安いはずだが、

一番インパクトが大きかったのは、このイワシ天かもしれない。

大羽というだけであって、サイズが大きいのも驚いたが、

何より脂の乗り方がこれまで知っているイワシではなかった。

揚げたての衣をサクッとひとかみすると、

イワシの旨味だけを残して、あっという間に蕩ける。

こんなに旨味が強くて美味しい脂は生まれて初めて。

店長さんもおっしゃっていたが、

こんなイワシ天があったら、何本でもいけそうである。

 

何もつけなくても美味すぎるわけであるが、

付け合わせのをつけて食べると、もう最高。

何塩だったか、説明があったような気がするが、

忘れてしまったのが痛恨の極みであった。

 

スープ

f:id:kenshinkk:20210109182752j:image

スープの中の具は、

名古屋コーチン出汁巻

・こごみお浸し

・しろ菜お浸し

なめこ

・春香うど

珍しく魚が入っていなかったのだが、

白星笛鯛アラ・天日干しアゴカマス煮干し・真昆布

という様々な出汁が組み合わされているとのこと。

インパクトこそ控えめであったが、

あご出汁や煮干しで底上げされているからか、

重層的に折り重なった旨味が一口飲むたびに押し寄せてきて、

麺をすする手が止まらなかった。

 

こごみしろ菜などの珍しい野菜たちは、

一見クセがありそうな外見をしていたが、

しっかりスープに馴染んでおり、こちらも最高。

 

あえて言うならば、

3種の魚のうちのいずれかの身が入っていたら、

非常に嬉しかったのだが・・・、

さすがに予算オーバーだったのだろう。

高級魚、おそるべしである。

 

スープ割+〆の茶漬け
f:id:kenshinkk:20210109182738j:image
f:id:kenshinkk:20210109182749j:image
f:id:kenshinkk:20210109182724j:image

もちろん今回も茶漬けで締めるのだが、

なんと、新年のおまけということで、カラスミ付き!

年末に食べた自家製カラスミも絶品であったが、

すぐまた食べることができてラッキーであった。 

 

なお、今回はスープの中に魚の具が無かったので、

白星笛鯛の刺身を一枚乗せて、

超高級な鯛茶漬けとしていただくことにした。

 

もちろん、味は最高。 

もう1枚とっておけば良かったかな?

と後悔するくらいであった。

 

 

ということで、

新年早々、限定つけ麺は最高の幕開けであった。

まあ、3000円ということで、お財布には厳しかったが、

最近は飲み会での散財が無いので、

このくらいの贅沢はさせてほしいところである。

 

とはいえ、

緊急事態宣言が発令されてしまったこともあるので、

ラーメン屋巡りは、状況を見つつではあるが、

しばらく控えないといけないかなと思っている。

 

まあ、巌哲さんをはじめ、

しっかりと感染対策されているお店もあるので、

そういうお店には行っても良いかなと思ってはいるが、

少なくとも頻度は今より減らさざるを得ない。

 

そこで次回からは、

昨年食べて記事化できていないストックの中から、

厳選して紹介していきたいと思う。