腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

669. KICK START MY SALT~毛蟹と親鳥~@八咫烏(九段下):祝!5周年!使用具材のすべてがスーパーすぎる究極の塩ラーメン!

えー、まずは、

八咫烏さん、5周年おめでとうございます!

 

ということで、

先日久しぶりに八咫烏さんの記事をアップしたわけだが、

kenshinkk.hatenablog.com

これを食べているまさにそのときに、

店長さんから言われて知ったのが、

今回紹介する5周年記念イベントの存在。

 

毎年、周年イベントということで、

限定ラーメンを出しているそうなのだが、

八咫烏さんのことを知った去年は、

仕事の都合もあって参加することができず、

今年こそは絶対参加したいと思っていた。

 

今年は、

DAY1:8/3 SHOYU AT THE DEVIL

DAY2:8/4 KICK START MY SALT

ということで、

それぞれ1日限定の特別限定ラーメンが登場する。

 

DAY1には仕事の都合もあって参加できなかったが、

DAY2に運よく参加することができたので、

今回はそのラーメンを紹介する。

 

タイトルからわかるとおり、

塩ラーメンなわけであるが、

使用されている素材がとんでもないラインナップ。

 

その紹介は感想と共にするとして、

まずは食べられなければ仕方がないので、

開店時間を目指して、並ぶところからスタートした。

 

在宅勤務を終え、

すぐに家を出て開店時間ちょい前に着いたのだが、

さすがの人気で30人近い行列。

 

限定ご飯はいつも数量限定なので、

残っていることを祈りながら並んでいたが、

ラッキーなことに食べられることが確定。

早く仕事を終わらせた甲斐があった。

 

そして、列も進んで、ようやく着席。

居山店長に挨拶して早々、登場したのが、こちらである。

 

KICK START MY SALT ~毛蟹と親鳥~ (一式)

f:id:kenshinkk:20210804185826j:image

いやー、この見た目だけでも美しい。

まず、紹介はいつもの食前茶から。

 

バラとマンゴーの緑茶「朝露」

f:id:kenshinkk:20210804185814j:image

またまた風変わりなお茶が登場。

バラマンゴーということで、かなり甘さを感じたのだが、

ノンシュガーのため飲み口は非常にスッキリ爽やか

解説によると、薔薇とマンゴーは香りの相性が良いらしい。

さすが5周年だけあって、お茶から気合の入り方が違います。

 

プルドポーク丼

f:id:kenshinkk:20210804185810j:image

続いて登場はこちらの限定ごはん。

プルドポークとは、いわゆる豚肉のコンビーフのようなもので、

豚の塊肉を引き裂いてほぐすところから名前がついたもの。

そのプルドポーク低温調理チャーシューに、

特製のソースがたっぷりかかっている限定ご飯である。

 

まず、初体験のプルドポークからいただく。

コンビーフ同様のホロホロの柔らかい食感に、

丁度良すぎる塩気が相まって、

プルドポークとご飯だけでもめちゃくちゃ美味い。

 

そこに、特製ソースの甘辛さが相性抜群で美味しすぎる。

生海苔とうもろこしわさびを混ぜ合わせたのソース

とのことで、

生海苔のコク、トウモロコシの甘味、わさびの辛味、

全てのバランスがちょうどよく、

油断したら一気に書き込んでしまいたくなるくらい、

美味しすぎる丼であった。

 

続いてレアチャーシューは、薄切りの豚バラタイプ

このタイプでレアというのも珍しいが、

豚の旨味が凄くて、脂身も程よくて最高。

勿論ソースとの相性も抜群。

これは美味しい。

単体でお替りしたいくらいであった。

 

なお、このレアチャーシュー、

後述するラーメン用のチャーシューと同じものと推測される。

いつものチャーシューよりも数段美味しかった気がするので・・・。

 

まあ、そんなこんなで、丼を楽しんでいるなか、

待望の主役が登場である。

 

KICK START MY SALT~毛蟹と親鳥~

f:id:kenshinkk:20210804185818j:image

何より注目すべきは、綺麗過ぎるスープである。

あれだけたくさんの素材のエキスを投入しながら、

このクリアさをどうやって維持しているのだろうか。

不思議に思うくらいの綺麗さである。

遠目から見ると、黄金に輝く財宝のようにも見え、

着丼時の良い香りとともに、テンションが爆上がりした。

 

一口飲んだ瞬間、

鶏を中心にした様々な旨味が多方面からじわじわと押し寄せてきて、

最終的にはとんでもない旨味量が口の中で積み重なっていった

しばらくはずっとスープを飲んでいたい、

という感情に支配されそうになるほどの美味しさ。

これほんとうにすごい。

あまりの感動に語彙力がなくなってしまった。

 

そして麺は、

その淡麗な塩スープに合うストレート系の細麺で、

凄くしなやかで食べやすくて歯切れが非常に良いタイプ。

ノンストレスでするする入ってくる麺であった。

 

全体的な塩気も丁度良く、

もうスープと麺だけでも満足できるくらい、

とんでもないクオリティであった。

 

なお、店長さんの解説を引用すると、

~~~~~

スープ 軍鶏のガラ 羅臼昆布 鯖節 サフランなどをいれたクリアなやつ

カエシ 白醤油 白ワイン 岩塩 八海山などをいれた塩ダレ

オイル おやどりの鶏油をベースにエキストラバージンオイルにいちぢくの葉を効かせたスーパーオイル

~~~~~

とのことである。

 

一体、どれだけの研究を重ねたら、

この組み合わせに辿り着くのだろうか。

その研究成果を分けてもらっているというだけで、

値段以上の価値は確実にあるわけで、

毎度書いているが、感謝しかないのである。

 

そして、

今回いつも以上に凄かったのがトッピングである。

 

なお、上の写真では全てを写しきれなかったので、

各要素がわかるように、再度ズームした写真がこちら。

f:id:kenshinkk:20210804185822j:image

正直写真だけではそのすごさが伝わらないかもしれないので、

その内訳は、店長さんの解説を引用すると

~~~~~

大山どりの低温調理したもの

これに天日干ししたえのきの炒めと

毛蟹で作った特製辛くないxo醬を和えます!

 

さらに北海道のどろ豚

これを甜麺醤紹興酒で低温調理してさらに炭火で焼き上げます!

浅漬けにした搾菜 芽ネギ 紅芯大根 辛味大根を添えます!

~~~~~

とのことである。

 

まず、であるが、

低温調理の大山鶏というだけで美味いこと間違いないのに、

そこに絡めるタレが異次元の美味さなのである。

ここにタイトルのひとつである「毛蟹」が使われており、

こだわりの深さがわかる。

この辛くないXO醤

これがつまりは旨味しかなくて最高であり、

麺とスープに絡めて食べると、

毛蟹の美味さが加わって一気に味変されるのである。

さらには、天日干しのえのきも非凡な旨味を出していて、

こんなに脇役まで凄いラーメン見たことが無い。

 

と、ここまでで一応メインの親鳥毛蟹は登場してしまったが、

サブウェポンであるはずのチャーシューがまたすごかった。

どろ豚バラチャーシューとのことだが、

しっかり味が付いていながら、肉質が凄く良くて、

赤身の旨味と言い、脂身の甘さと言い、

久々に感動するほど上質な豚バラであった。

 

帰宅後に調べてみると、

それもそのはず、どろ豚が凄かった。

メーカーのホームページによると、

~~~~~

自然の中を自由に動き回り、

オレイン酸を豊富に含むドングリや草の根を食べる事で、

半年間で体重を90kgも増やします。

こうやって育まれた豚が他の豚と明らかに違う特徴としては、

「筋肉組織内に脂肪を浸透させる力」があるそうです。

体内の肉や脂肪に、

高い濃度で良質なオレイン酸、ビタミンB群、ビタミンE、

抗酸化物質を蓄積できる事から、

脚のついたオリーブオイルとも言われます。

~~~~~

これはすごい!

どおりで美味しいわけだ。

しかも、抗酸化物質多く含む、自分にはピッタリの豚肉であり、

正直、普段の料理で使ってみたいとさえ思わされた。

 

そして、浅漬け野菜(搾菜 芽ネギ 紅芯大根 辛味大根)四人衆も、

非常にいいアクセントになっている。

いずれも千切りのような細い形状だったので、

麺や大山どりに良く絡んで、一緒に食べることができて、

それぞれ微妙に異なるシャキシャキ感と味が楽しめるので、

ほんとひとくちひとくち違う味になって、

食べるのが楽しくてしょうがなかった。

 

そんな、楽しい食事もあっという間に終盤、

序盤に沈んでいった毛蟹ソースが再び顔を出し、

徐々に蟹の旨味が強くなっていくスープを楽しみながら、

最後の一滴まで、味わいつくしたのであった。

 

 

ということで、

5周年をお祝いすべく訪問したわけだが、

間違いなく今年No.1の塩ラーメンを楽しませていただき、

逆にお祝いされているかのような幸福感に包まれたのであった。

 

なお、店長さんのお話によると、

DAY1は松坂牛ということもあってか、

とんでもない並びであり、営業時間の兼ね合いから、

並んでも食べられなかった人も居たらしい。

それを考慮しても、DAY2であまり長時間並ぶこともなく、

限定ご飯まで含めて全部味わえたのは良かったのかもしれない。

 

ただ・・・、松坂牛の限定醤油も食べてみたかったなぁ~

ということで、なんとしても再登場させるべく、

YOYに投票するラーメンが早くも決まってしまった。

 

そんな八咫烏さんであるが、

どうやら3日目にあたる8/5にも、

ゲリラ限定ラーメンを出す模様。

サバカレーまぜそばとのこと)

 

いや~、念願だった一年に一度の周年イベント

噂に違わぬ素晴らしさであった。

来年も都合が合えばぜひ参加したい。