腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

466. 濃厚煮干(肉増し)@さんじ(上野):濃厚な煮干×豚骨スープがたまらない!中毒者が続出するのも頷ける一杯!

前回、圧倒的な蟹の濃度と油の量に度肝を抜かれた「さんじ」さん。

kenshinkk.hatenablog.com

 

毎回通りかかるとすごい行列になっているのでスルーしてしまうのだが、

今回はたまたま列が10人くらいだったので、チャンスと思い並んでみた。

 

今回は、もうひとつの看板メニューである濃厚煮干に挑戦。

蟹のときは油がすごいことになっていたので、

今回はしっかりと体調を整えて臨んだ。

 

店長さんのtwitterを確認すると、

限定ラーメンが毎週のように出ていて、そちらも食べてみたかったのだが、

まずはレギュラーメニューを制覇しなければということで、

誘惑を捨てきって濃厚煮干を選択した。

食べログにて肉増しがお勧めされていたので、そちらも追加した。

 

濃厚煮干し(肉増し)850円(+300円)

f:id:kenshinkk:20191005145127j:image

まず盛り付けが素晴らしい。

圧倒的なチャーシューの数。

いくら肉増しとはいえ9枚はサービス良すぎである。

なお、肉増しにしない場合は2枚らしい。

 

意外だったのは、スープの色。

やや赤みがかった茶色をしている。

濃厚煮干系と言えばセメントのような灰色をしているお店が多く、

今回もそれを予想していたので、少しびっくりした。

 

一口飲んでみると、

煮干のワイルドな旨味がドワーッと広がるのであるが、

後味がなんともいえないまろやかさ。これはうまい。

どうやら煮干しだけの濃厚さではなく、濃厚な豚骨白湯も合わせているらしい。

煮干しの臭みというかエグ味的なものをうまく中和させているなーという印象。

ただ、蟹と同様、塩気がやや強めでめちゃくちゃジャンキー(褒め言葉)。

蟹のときのような油っぽさはないが、中毒性はすさまじい。

常連さんがここまで多いのも頷ける味であった。

 

麺はパツンパツンと歯ごたえがよいタイプの細麺

浅草開化楼の角断面細ストレートというものらしく、スープとの相性は抜群。

麺の量はやや少なめだったので、後述のさんじ玉を頼めばよかったと後悔。

 

チャーシューは低温調理の豚ロースの極薄カットが9枚。

最初は鮮やかなピンク色で、スープの熱により後半は色が変わってくる。

薄切りなので、ボリュームはそれほどないが、麺や他の具と一緒に食べやすいタイプ。

ネギは、煮干しラーメンには定番となったタマネギ青ネギの2種。

やはりタマネギが美味しく、爽やかさとほのかな辛みが濃厚煮干しスープとよく合う。

 

さんじ玉

→日替わりで味が変わる「味付き替え玉(和え玉)」というやつで、

煮干し系ラーメン店ではよくあるタイプなのだが、日替わりなのは珍しい。

いつも替え玉をすると満腹になりすぎてしまうので、今回は頼まなかったが、

この日のさんじ玉は「すき焼き風」ということで卵入りのレアなタイプだったらしく、

隣で注文していた常連さんが美味しそうに食べていたので、

スープを飲み干した後に「頼めば良かった」と激しく後悔した。

 

ということで、

蟹に続き、煮干しも中毒性のある強烈なラーメンであった。

ハマる人はドハマりするであろう。

 

次回はtwtterで限定情報をチェックしたうえで、

さんじ玉を食べられるくらいお腹を空かせてから訪れたいと思う。