腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

574. 濃厚豚骨魚介ラーメン+つけ麺@麺処はら田(南浦和):TRY新人賞MIX部門第1位の実力は伊達じゃない!吊るし焼きチャーシューも絶品!

前回、麺処ほん田さんの豚骨魚介つけ麺を紹介した。 

kenshinkk.hatenablog.com

 

その際に、

「この豚骨魚介スープに吊るし焼きチャーシューを合わせて食べたい」 

という感想を書いたのだが、

それが実現したのが今回の麺処はら田さんである。

 

どうも名前が似ていると思ったら、

なんと、麺処ほん田さんで修業された方が、オープンしたお店とのこと。

 

場所は南浦和

上野から京浜東北線で約30分ということで、

やや距離があるのだが、

TRY新人賞MIX部門第1位に輝いた一杯ということで

行ってみたわけである。

 

休日の昼に行ったのだが、

ランチタイムだったので、かなりの列。

20人弱いただろうか。

先に食券を買ってから並び、

約30分くらいでようやく店内へ。

 

そしてこちらが、

そのTRY新人賞第1位を受賞したラーメン。

 

濃厚豚骨魚介ラーメン 

f:id:kenshinkk:20201101170905j:image

この豚骨魚介スープが凄い

前回紹介した麺処ほん田さんの限定豚骨魚介に似ており、

脂に頼らないけど、濃厚なタイプのスープ。

やはりラーメンである分だけ飲みやすくなっていて、塩気も抑え気味。

ほん田さんのものより若干煮干しが強めかなーという印象だが、

えぐみがあるわけではなく非常に飲みやすい、

万人に受けそうな豚骨魚介スープである。

 

そしてそこに組み合わさるのが、

スモーキーな吊るし焼きチャーシューである。

しかも、かなりの分厚さ。

さらには、吊るし焼きタイプでないレアチャーシューもついていて、

この豪華なチャーシュー豚骨魚介スープの組み合わせはたまらない。

思い描いていた理想がまさに実現した瞬間であった。

 

他のトッピングとして、メンマ味玉海苔も良いのだが、

なにより長ネギ&玉ネギのそれぞれの切り方といい、

入っている分量のバランスが非常にいい具合なのである。

 

そこに、追い魚粉と、辛味噌による味変要素も加わり、

何と豪華な一杯なのだろうか。

これはTRYで優勝するのもわかるクオリティ。

 

後述するつけ麺も勿論美味しかったのだが、

これからの季節はラーメンの方が良いのかなー。

 

濃厚豚骨魚介つけ麺

f:id:kenshinkk:20200921162222j:image
f:id:kenshinkk:20200921162228j:image
f:id:kenshinkk:20200921162232j:image

こちらはTRY新人賞濃厚系つけ麺部門第4位にランクイン。

 

前回紹介した、ほん田さんの限定に似ているといえば似ているのだが、

より濃厚感が増して、インパクがドシっと来る感じ。

濃厚系食べたいなーと思ったときに行くと良いと思う。

麺も、昆布水こそないものの、

太くてなめらかで、スープとの相性食べ応えは抜群。

ただ、煮干しが濃いこともあり、若干塩気が強いのが玉に傷か。

なお、卓上の果実酢が非常にいいアクセントとなるので、

気になる人はぜひ麺にふりかけて味変してみて頂きたい。

 

スープ割後

f:id:kenshinkk:20200921162218j:image

スープ割後、いわずもがなだが、めちゃくちゃおいしかった。

前述の通り、若干塩分濃度が高めなので、

早めにスープ割したり、割りスープを多めに入れてもらったり

するのも良いのかなと思った。 

卓上の果実酢はスープ割後にも合うので、ぜひお勧めしたい。

 

ということで、

令和元年にオープンした新店、

ほん田さんの良いところを継承した名店として、

今後も通いたくなるお店であった。

 

若干遠いのが難点であるが、

埼玉方面に行ったときには、顔を出したいなと思った次第である。