腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

383. カニコロバーグ@グリルビクトリヤ(鶯谷):冷えても美味しい老舗洋食店の定番メニュー!

前回に引き続き、

鶯谷の老舗洋食屋の記事。

 

私は小さい頃からいつも父と一緒にふたりで外食に行くことが多いのだが、

父は、ひとつのメニューを気に入ると、次以降は絶対そのメニューを注文し続ける人である。

正直、私としては色んなメニューを食べてみたいので、

父にも別のメニューを頼んでもらって後でシェアするということをしたいのであるが、

残念ながら、その願いは往々にして届かない。

よって、色んなメニューを味わうには、私が毎回違うメニューを頼まなければならないのだが、

結局「それ食べたことないから一口ちょうだい」と言われて、私が新規開拓メニューを一口分贈呈するのに対し、私がもらえるのは既に知っているメニューの一口分である。

まあ、お金を出してもらっているわけだから文句は言えないのだが、その不公平感で毎回なんとなくモヤモヤするのである。

 

と、文句ばかり言ってきたが、

このお店で父が毎回注文するメニューに関してはすこぶる美味しいため、その不公平感がそこまで湧き上がってこない。

それが、今回紹介する「カニコロバーグ」である。

 

カニクリームコロッケ&ハンバーグセット 1100円

f:id:kenshinkk:20181023080026j:image

↑このボリューム感で、ライスとコーヒーまでついて、1100円である。

 

味の方はというと、

まず、ハンバーグとコロッケ両方にかかっているデミグラスソースが抜群に美味しい。

このお店のデミグラスソースは、ほのかな苦みが特徴的で、それが肉と玉ねぎの甘さを一層引き立たせており、

肉やタマネギの本来の美味しさをしっかり味わうことのできるハンバーグとなっている。

今流行りの「肉汁たっぷり」タイプではないので、それが好きな人には物足りないと感じるかもしれないが、このタイプも是非一度味わっていただきたい。

なお、一度だけお弁当でもたべたことがあるのだが、ここのハンバーグは冷えていても美味しい。

 

続いて、カニクリームコロッケも絶品である。

とはいえ、クリームも揚げ物もダメなので、最近はほとんど食べていないのだが、記憶の限りで書くと、

なによりもまず、やや甘めのホワイトソースと苦みのあるデミグラスソースの調和、そして揚げたてサクサクの衣の食感がたまらない。

カニ風味はそこまで強くなく、ほんのりあるという程度。

父はいつも、「ソースの量が少ない」と文句を言っているが、これ以上多いと揚げたてサクサクの部分が無くなってしまうので、個人的には今の分量がちょうどよいと思う。

なお、普通の中濃ソースとも相性が良いので、父はいつもデミグラスソースに浸っている半分を食べた後、残り半分は中濃ソースをかけて食べている。

 

ということで、非常にお得で、なおかつ味も素晴らしい、父が毎回注文するのも納得のセットメニューである。

 

 

かくいう私も、理由こそ違えど、特定のメニューしか頼まない(頼めない)という場面が多くなりがちなので、

もし今後、自分に息子や娘ができて、外食に連れて行った際には、色んなメニューを注文してあげようと肝に銘じた今日この頃である。