腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

636. 金華豚濃厚つけ麺+ジャンボハンバーグ丼@Nii(大塚):上品で食べやすい豚骨魚介つけ麺に絶品キーマカレーの極上コンビネーション!コスパ抜群の絶品ハンバーグ丼もおすすめ!

※注:現在は終了している限定メニューです。

 

以前食べた、Niiさんの金華豚チャーシュー麺

kenshinkk.hatenablog.com

金華豚チャーシューのあまりのウマさに驚愕したのが記憶に新しいが、

そんな金華豚を使ったつけ麺が限定メニューで登場していたので、

そりゃもちろん食べに行くでしょ、ということで大塚へ。

 

今年4回目となる訪問であるが、

毎回店員さんのメニュー説明が丁寧すぎて素晴らしい。

 

こちらとしては、すでにtwitterでメニューを調べてきているので、

説明を受けている時にはもうすでに決まっているので、

逆に申し訳なく思えてくる。

 

それでも、限定がたくさんありすぎるので、

どの限定がどのボタンなのかについては、

しっかり説明を聞かなければならない。

 

ただ、しっかり聞いていると、

オススメされたメニューを食べたくなってしまうもので。

サブメニューで、ほうれん草のポークカレーをおすすめされ、

誘惑を断ち切れずに、注文してしまった。

 

ということで、

まずは、こちらから。

 

金華豚濃厚つけ麺

f:id:kenshinkk:20210331195822j:imageもうビジュアルからして、絶対うまいやつである。

濃厚そうなスープに、滑らかそうな中太麺。

 

このNiiさん、以前の記事でも書いたが2号店であり、

1号店は「つけ麺たけもと」さん。

もともとメインであったつけ麺をついに食べられるということで、

非常に楽しみであった。

 

麺+トッピング

f:id:kenshinkk:20210331195840j:image

なによりこの麺が非常に美味しい。

つけ麺TETSUさんで修行されていた店長さんということもあり、

しっかり食べ応えもありつつ滑らかな極太ストレート麺であり、

モチっとした食感がたまらない。

それでいて、ゴツすぎない、というか、程度がちょうどよく、

食べやすい範疇に収まっている極太麺、という印象なのである。

そして、上に乗る芽ネギもサッパリして秀逸。

 

メンマは柔らかいタイプでつけ麺に好相性。

紫大根も、つけ麺にしては珍しい具材だが、

しっかりスープをつけて食べると非常に美味しい。

 

ただ、チャーシューに関しては、

前回ほどのインパクトのある金華豚チャーシューではなく、

期待値が高すぎたせいか、少し肩透かし感。

 

ただ、もちろん美味しいのでつけ麺のトッピングとしては十分なのだが、

いかんせん前回があまりに美味しすぎた。

たぶん今回は金華豚を使ったスープがウリなのだろう。

 

スープ

f:id:kenshinkk:20210331195806j:image

上述の予想が当たり、今回の目玉はこのスープであった。

この濃厚な旨味とまろやかさ、そして舌触りの滑らかさ

これが金華豚の力なのだろうか。

魚介も少し入っているが、メインはやはり豚の旨味であり、

味わい深いコクのあるスープであった。

 

王道の豚骨魚介系というと、豚骨と魚介の両者の主張がめちゃくちゃ強く、

美味しいけど食べるのが大変、という印象が強い。

 

だが、このつけ麺のスープは旨味自体は強いのに、非常に上品にまとまっていて

麺がするすると入っていってしまう、食べやすいつけ麺であった。

 

スープ割

f:id:kenshinkk:20210331195810j:image

そして、念願の初焼き石投入である。

以前もチャンスはあったのだが、あまりスープが冷めなかったので、

焼き石は回避したのであったが、

今回は濃厚つけ麺だったので、焼き石をやってみることに。

 

今回のスープ割であるほうじ茶との相性の良さもあるが、

飲んでいてなんだかホッとする味なのである。

明日も食べたくなる味ってまさにこのことかなと思った。

 

続いて、サブメニュー

 

ほうれん草のポークカレー

f:id:kenshinkk:20210331195834j:image

ポークカレーといっても、キーマカレータイプのポークカレー

様々なスパイスの旨味が溶け込んでいながらも、

そこまで辛くないので、普通に食べやすい

メインであるほうれん草豚肉と非常に相性が良く

そのうえ鉄分もしっかりとれるのだから、一石二鳥である。

 

なお、つけ麺の残りスープを少しかけると・・・

f:id:kenshinkk:20210331195816j:image

見事に、カレー風味の雑炊に大変身・・・

というには少しスープが少なすぎたわけだが、

カレー味に豚骨魚介は相性が良いので、勿論美味しかった。

 

そして、今回、

これだけでは終わらない。

 

たまたま自分の席の横に置いてあった、

ジャンボハンバーグ丼

 

テイクアウト専用メニューなのだが、

こちらがあまりに美味しそうで美味しそうで。

たまらず、夜ご飯用に買ってしまったのだった。

 

 

ジャンボハンバーグ丼

f:id:kenshinkk:20210331195827j:image

上下、セパレートされている丼であり、

白いご飯と、ハンバーグを分けて楽しむことも可能である。

ただ、後述の理由から、ご飯にかけてしまった方が美味しい。

 

特筆すべきはそのボリュームであり、サイズ分厚さともに尋常ではない。

これだけの豪華なハンバーグが、なんと500円で味わえるという、

衝撃のコストパフォーマンスに、大感動したのであった。

 

そして、中を割ってみると・・・

f:id:kenshinkk:20210331195802j:image

ミンチの色から、察せるかもしれないが、

ほんのりカレー味が付いているのである。

これはやられた。

自分は後乗せでチーズをのせて蕩けさせたかったこともあって、

レンジで温めなおしてから食べたが、

お弁当という特性上、多少冷めても美味しくなるように

との配慮なのだろう。

たった500円のお弁当なのに、そこまで配慮されているなんて、

感動ものである。

これが、さきほど、ご飯の上に乗っけた方がいいという理由のひとつであり、

カレーハンバーグ丼としてご飯もモリモリ食べられてしまうのである。

 

 

ということで、

この日は、遅めの昼でつけ麺カレーを食し、

夜にハンバーグ丼を食すという、一日Niiさん漬けだったのだが、

どれも美味しくて幸せ過ぎる一日であった。

 

つけ麺の限定期間は終わってしまったものの、

再び緊急事態宣言になったこともあり、

持ち帰りのジャンボハンバーグ丼は今も健在と思われるので、

気になった方はぜひ大塚へ足を伸ばしてみてはいかがだろうか。