腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

298. 厚切りローストポークつけ麺@麺屋武蔵武骨相傳

何度か登場しているつけ麺屋。

前回の記事を書いた段階では、濃厚黒が一番おいしいという結論であった。 

kenshinkk.hatenablog.com

 

今回は、値段が高くて&脂が多そうでこれまで食べられなかった 、

「厚切りローストポークつけ麺」に挑戦してみた。

(もちろん、お腹を壊す可能性があったので、翌日休みの日に、である。)

f:id:kenshinkk:20171203150716j:image

厚切りローストポークつけ麺(濃厚黒・中盛) 1500円

 

見て頂きたいのは、「肉のサイズ」である。

最も大きいカットで、10cm×4cm×2cmくらいはある。

この日はとくにお腹を空かせて行ったので、

目の前に運ばれてきただけでも、もう非常に眼福であった。

 

普通であれば、つけ麺から食べるのであるが、

今回の場合はメインが「肉」であるため、

迷わず肉からかぶりついていく。

 

もう一口目から肉汁がすさまじい。

かかっているタレとの相性もすばらしく、肉だけ食べていても全然飽きない。

また、素晴らしいのは、赤身が多い点。

二郎系や二郎インスパイヤ系にのっている「ブタ(チャーシュー)」は、

やたら背脂が多かったり、柔らかさにこだわったりしているようで、

ここのはとにかく赤身部分が多く、肉の旨味も強いのが素晴らしい。

もちろん、端の方には、たくさん脂身もついているので、

脂身好きの方も満足できることは間違いないと思う。

 

ただ、気を付けなければならないのは、やはりその肉の量。

肉の味やタレの味にも好みがあるとは思うので、

いきなり頼むのはおススメしない。

まずは普通のつけ麺を頼んでみて、チャーシューを食べてみて、

それで「分厚いのが食べたい」となったら、次回、ローストポークに挑戦するのが良いと思われる。

 

ということで、この店のレビューも3回目となったが、

ある意味、最も感動したのが今回かもしれない。

ここまで分厚いローストポークかぶりつけるラーメン屋が他にあるだろうか。

というか、数々の洋食屋を含めても、ローストポークとしてここまでの物を出している店は少ないと思われる。

よって、「とにかく美味しくて分厚い豚肉にかじりつきたい」という願望がある人は、ぜひここの店の厚切りローストポークつけ麺をおススメしたいと思う。